« 定期診察の日(82) | トップページ | 独身生活奮闘中 »

2015年2月22日 (日)

二十四節気「雨水」2015

 2月19日は、二十四節気の一つ「雨水」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「 陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也 」とあります。
 この節気の七十二候は、次の通りです。
★初候 :2/19~ : 土の脉潤い起こる  大地が潤い目覚める頃
★次候 :2/24~ : 霞始めてたなびく  春霞がたなびき始める頃
★末候 :3/1~  : 草木萌え動る    草木が芽生え始める頃
   3月6日が、次の節気「啓蟄」です。

 早春譜の第一章は「立春」です。暦の春が来てもまだまだ寒いです。唱歌「早春賦」は、~♪春は名のみの風の寒さや♪~と歌います。
 早春譜の第二章は「雨水」です。積もった雪も融け、雪は雨水に変わり大地を潤します。そして、植物たちの芽生えが、大地の下で静かに準備されているのです。「春の雨」には、「万物生」という言い方があります。まさに万物を生み育てる恵みの雨です。一雨ごとに春が進んでいきます。「春の雨」には、この他にも、「甘雨」「軽雨」「木の芽雨」「春驟雨」「雪解雨」「山蒸」と言う言い方もあります。昔の人は、一雨一雨を楽しんで来たのですね。春一番が吹くのもまもなくです。
 19日、「雨水」の日は、晴れたかと思えば霙が降ったり、変わりやすい天気の一日でした。木津川土手から、激しく動く雪雲が見えました。
 雨なのに鴻ノ巣山に向かう人たちを見ました。
Usui2015101Usui2015102Usui2015101_01  

 

 

 

   「雨水」の頃は、しだいに春の農作業も始まり、田んぼの「寒起こし」作業も本格化します。田んぼが起こされると黒い土が現れ、冬の田んぼは春へと一変します。
 畑で草を取る人。イチジクの手入れをする人。のどかな春の日です。
Usui2015201Usui2015201_01Usui2015202  

 

 

 

   蓮田では、枯れた地上部分が燃やされ、次の芽生えを待ちます。
 梅の木のある畑で、畝作りをする人を見ました。
Usui2015302Usui2015301_01Usui2015301  

 

 

 

   21日、青空が広がりました。雲が流れていきます。雲雀が高い空で鳴いています。あまりに青く、あまりに広い空を見ていると、人はなぜか悲しみを感じるようです。
 万葉集から一首。作者不詳です。
 ~♪ 立ちて居て たどきも知らず 我が心 天つ空なり 地は踏めども ♪~
 意味: 立ったりすわったり、どうしていいかわからず、私の心はまるで空にあるようです。地を踏んではいるのですけど。
 中島みゆきは、「この空を飛べたら」で、恋人と別れても、なお大空に向かって飛翔しようとする悲しい心を歌っています。「人は昔昔鳥だった」。いいですね。
      ・・・・・
       ああ 人は昔昔鳥だったのかも 知れないね
   こんなにも こんなにも 空が恋しい
      ・・・・・
   飛べるはずのない 空 みんなわかっていて
   きょうも走っていく 走っていく 
Usui2015401Usui2015401_01Usui2015402  

 

 

 

   鳥といえば、今の時期、鳥の姿が目につきます。群れを成す雀。古川には、サギや鴨。田んぼにはケリが帰ってきました。甲高い声で、攻撃的に飛び回っています。空には雲雀です。空から舞い降りてきた雲雀を撮りました。二匹いました。どうやら、雲雀の恋は成就のようですね。
Usui2015501Usui2015501_02Usui2015501_01  

 

 

 

   土手の紅梅は、満開状態になりました。白梅の方も咲き始めました。おばあさんが二人で日向ぼっこです。「良い香りがしますよ~」と教えてくれました。臭いは写真には写らないですが、良い臭い、いや良い香りがしていました。
Usui2015601_01Usui2015601Usui2015601_02  

 

 

 

   川の水は、春の光を反射して燦めいています。
 いよいよ子供たちが水辺に帰ってきました。
 土手の下を家族が散歩しています。遠くに壊れた流れ橋が見えています。
Usui2015701Usui2015701_01Usui2015701_02  

 

 

 

   土手の欅の芽生えはまだまだ先のようです。
 古川土手のヤナギは、柔らかな薄緑の芽を出してきました。
 河原の葦原は、立ち枯れたままです。
Usui2015801Usui2015801_01Usui2015801_02  

 

 

 

   夕日に照らされた猫柳が、真っ直ぐに春の方を指差しているようです。
 対岸の土手を自転車が駆けて行きます。どこへ急いでいるのでしょうか。
 葦原に夕日が射してきました。
Usui2015901Usui2015901_01Usui2015901_02  

 

 

 

   お別れは、土手に沈む夕日です。
 万葉集から一首。作者不詳です。
~♪ あかねさす 日の暮れゆけば すべをなみ 千たび嘆きて 恋ひつつぞ居る♪~
意味::日が暮れて行く頃は、どうしようもなく、何度もため息をついて、あなたのことを恋しく思っているのです。
   では、次は「啓蟄」です。
Usui20159101Usui20159102Usui20159103

  

|

« 定期診察の日(82) | トップページ | 独身生活奮闘中 »

コメント

早春の木津川土手。寸景も地元ならこそ解る
風景ですね。初めてなら何が何だか解らないですよ。
大きな空。この土手ならこその雄大さでしょう。
素敵です。

イチジクの手入れや、野焼きも頻繁にされるのですね。
城陽のイチジクは美味しいです。

今日は暖かくて正に早春。これから木々の芽が出て
楽しみですね。♪

投稿: 輝子 | 2015年2月22日 (日) 18時57分

輝子さん、こんばんは。

 春がゆっくりと進んでいきますね。
しかし、天気の悪い日が多いので、散歩に出にくいです。
青谷梅林の梅も、ボチボチ咲き出していることと思います。
近々、チェックに行く予定にしています。
宇治田原はどうなんでしょうね。最近は、行けてないです。

投稿: 墓石 | 2015年2月22日 (日) 20時18分

今日は

春の空気感が伝わって来る風景をありがとうございます。 
 
ああ人は昔々♪ いい曲ですよねー。
高所恐怖症ですがww。
山も海も好きだけど 空が一番好きかもです。

投稿: J | 2015年2月25日 (水) 13時31分

Jさん、こんにちは。
写真を見ていただきありがとうございます。

Jさんは、空が好きなんですね。私もです。
空とは何かについて考えたり、空をうたった詩を
集めたりしています。
あまりまとまらないですけどね。

投稿: 墓石 | 2015年2月25日 (水) 21時27分

墓石さま こんにちは。
不思議と紅梅や野焼きのけむりの匂いが薫ってきました。夕焼け空から、枯れた葦の匂いもします(*゚▽゚)ノ
記憶がなつかしい匂いを引き出すのでしょうか

街中ではなかなか広い空を見ることができないので、季節ごとの空の写真を楽しませていただいています。
わたしも高い所は苦手なので、地べたから空を見上げています。わたしは昔昔、空を翔べない鶏だったのかも…

やっと一雨ごとに暖かくなりますね。お元気で過ごされますようにchick

投稿: ひかる | 2015年2月26日 (木) 11時16分

ひかるさん、こんにちは。
今日はよく雨が降っています。しかし、気温はけっこう高いです。
三寒四温の天気パターンになっています。春も進んできましたね。

人はかって木だったのか、それとも鳥だったのか。
私は、木に一票ですね。

晩ご飯に何を作るか思案中です。鶏肉あるし、それにします。

投稿: 墓石 | 2015年2月26日 (木) 16時35分

墓石さま
鶏肉…皮の部分カロリーが高いので気をつけてくださいね。
我が家も今夜はとり手羽先のおでんです。
この冬は「おでん」にハマって、週のうち3日くらい食べています。
他に、大根、こんにゃく、じゃがいも、焼き豆腐、厚揚げです。ヘルシーで簡単ですよ。
なんたって、出汁はインスタントの粉の昆布とカツオです。しょーもないコメントですみません。
あ、わたしも昔昔、一本の木だった気がしますbud

投稿: ひかる | 2015年2月26日 (木) 17時57分

ひかるさん、ありがとうございます。
この世には、おでんというものがありましたね。
私は、作ったことがないです。明日、早速やってみます。
久しく食べていないです。
鶏手羽とはすごいですね。よいことを聞きました。
作りすぎになりそうな予感が・・・・。

投稿: 墓石 | 2015年2月26日 (木) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/61177255

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「雨水」2015:

« 定期診察の日(82) | トップページ | 独身生活奮闘中 »