« 雪の宇治田原 | トップページ | KS病院臨時の診察・体調不良 »

2015年1月 7日 (水)

二十四節気「小寒」2015

 1月6日は、二十四節気の一つ「小寒」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也」とあります。この日から「寒の入り」です。一年中で一番寒い季節に入ります。
 この節気の七十二候は、次の通りです。
 ★初候: 1/06~ ; 芹乃ち栄う     春の七草の芹が匍えてくる頃
 ★次候: 1/10~ ; 泉水温をふくむ   地中の凍っていた泉の水が動き始める頃
 ★末候: 1/15~ ; 雉始めてなく    繁殖期に入り雄のキジが鳴き始める頃
     1月20日が次の節気「大寒」です。

 今年最初の二十四節気は、「小寒」からスタートです。年末から年始にかけて、体調不良が続いていましたが、3日の日より活動再開です。では早速、木津川土手へご案内しましょう。
 今の時期、土手には花はほとんど咲いていません。風景と言えば、枯れたオギやアシが、寒風に揺れているだけです。これは、絶景でもなく、美しい風景とも言えません。しかし、私は何かに惹かれて、土手にやってくるのです。
 広く大きく広がる空間。吹き抜けていく風。その中で、遠くをぼんやりと見つめている自分。自分は、今生きてこの場所に立っているという感覚が湧いてきます。言葉にはならない言葉で風景と対話し、自分の人生を感じているのです。風景とは、不思議な働きを持っているような気がします。
 ここで一句紹介します。
   ~♪ 水際の 日に日に遠し 枯尾花 ♪~       (加藤暁台)
Shousetu101Shousetu102Shousetu103  

 

 

 

   枯れ果てた草むらに入ると、夕日にオギの穂が輝いています。枯れたエノコログサも金色の光を放っています。三枚目の写真、髪の毛を揺らしながら、オギが風に立ち向かっているように見えます。「風に立つオギ」
  ここで一句。
     ~♪ 枯れ枯れて 光をはなつ 尾花かな ♪~ (高井几董)
Shousetu203Shousetu202Shousetu201  

 

 

 

 

   次は、長谷川河口方面です。葦原の向こうは対岸です。散歩の人が見えます。
 河口付近のノイバラ。カラスウリと夕日。
Shousetu303Shousetu302Shousetu301  

 

 

 

   大榎です。運動しに来たのか、お喋りに来たのか、賑やかな三人組。
 野焼きの煙が立ちこめる夕方の土手。 近鉄富野鉄橋の雲に隠れた夕日。
Shousetu501Shousetu502Shousetu503  

 

 

 

   ガマの穂と夕日。風が吹くと、種子が旅立っていきます。
Shousetu401Shousetu403Shousetu402  

 

 

 

   今年は、元日と三日の日に雪が積もりました。三日の日、雪の撮影に出かけました。城陽市内の写真を紹介します。
 最初は、城陽市特産イチジクの木です。面白い形をしていますね。
Shousetu601Shousetu603Shousetu602  

 

 

 

 

   長谷川河口周辺です。長谷川河口は、大榎のある場所です。3枚目、長谷川の土手です。長谷川は、天井川で、国道24号線の上をまたいで流れています。
Shousetu702Shousetu701_01Shousetu703  

 

 

 

   城陽市特産花蓮の田んぼです。蓮の花托は、夏の夢を見ているのでしょうか。
Shousetu801Shousetu802Shousetu803  

 

 

 

   雪が降って喜ぶのは、犬と子供ですね。それに、写真好きの人も。
 三枚目、流れ橋です。近年、余りにもあっけなく流れるので、再建するかどうか議論が続いているようです。
Shousetu902Shousetu903Shousetu901  

 

 

 

   お別れの3枚。
 土手を散歩する人。青谷梅林。  次は、「大寒」です。
Shousetu9101_01Shousetu9102Shousetu9101

|

« 雪の宇治田原 | トップページ | KS病院臨時の診察・体調不良 »

コメント

墓石さま こんにちは(*^-^)
御体調は良くなられたでしょうか。
奥様の美味しい手料理で、ご健康を回復してくださいね!

冬の素敵な景色をありがとうございます。
オギの姿に、ニンマリでした。「カッコいいぜ~ オギ!」て感じですね。

わたしの密かな楽しみをどうしてもお知らせしたくて、
写真家の方には邪道かもしれませんが、勇気をだして書きますので、変だったら消してくださいね(ノ∀`) アチャー

わたしは「風景散歩」を楽しませていただいています。琵琶湖の写真のバックの音楽に、懐かしい曲が流れていました。なんの曲だったか思い出せなかったのですが、ビゼーの「小さな木の実」であったことが分かりました。歌詞をあらためて知って、いい曲だな~って思っています。この曲を聴きながらブログの写真を拝見すると、わたしも「風景散歩」しているようで心の世界が広がって特別な時間を楽しんでいます。

それと、今年に入って「美しき天然」という曲を知りました(You Tubeですけど)。歌詞が墓石さまの写真にピッタリで、この感動をひとりで楽しむのはもったいないな~と思っているのです。
昔、チンドン屋さんが鳴らしていた曲だそうです。でも、歌詞も曲もとても素敵です。

ということで、また勝手なことを書いてすみません。

投稿: ひかる | 2015年1月 8日 (木) 17時55分

ひかるさん、写真を見ていただきありがとうございます。
私の写真は、身近な何気ない風景を写したものなので、有名な観光地の
見応えある美しい写真ではないです。それでも見ていただけるとは、
嬉しい限りです。
それに、ホームページの風景散歩を見ていただいているとは。
私のホームページなど、ほとんど見る人も無いと思っていました。
 プロの写真家の人が、説明の必要な写真は本当の写真ではない、
と言っていました。説明や音楽を付けるなどもっての他というわけです。
 言葉を付けようが、音楽を付けようが、写真は自由に楽しめばよい
というのが私の考えです。

「美しき天然」ですか。いいですね。私も捜してみます。
最近、曲を捜す努力ができてないです。
著作権に引っかからない無料音楽を捜すの結構大変ですね。

 最近、ホームページがうまく更新できなくなりました。
古いソフトを使っているせいだと思われます。
原因究明には、時間がかかりそうです。

投稿: 墓石 | 2015年1月 8日 (木) 20時35分

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

広大な木津川堤防に立てば、雄大で深呼吸して
何かを感じる。素敵な事ですね。

寺田のイチジクの木も雪を被って面白い形に
なりますね。写真は唯美しいだけでなく、
冬の枯れた風景も絵になって私は好きです。

年末からお正月は風邪だったのですか。でも
快復され良かったです。
明日は私は眼(ドライアイ)の検診です。
これは表、裏は難病で2月の検診です。
表と裏、何ともヤヤコシイ眼です。でも
見えてるだけでも感謝です。

投稿: 輝子 | 2015年1月 8日 (木) 21時22分

輝子さん、こんばんは。

何とか風邪は克服です。
体調不良の方は、ちょっと心配です。

ドライアイですか。私も、パソコンをすると
目がしょぼしょぼします。目薬を使っています。
難病の方は、無理せずに大事にしてください。
最近は、薬で進行を抑えられるようですね。

投稿: 墓石 | 2015年1月 8日 (木) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/60938313

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「小寒」2015:

« 雪の宇治田原 | トップページ | KS病院臨時の診察・体調不良 »