« 二十四節気「冬至」補足 | トップページ | 雪の宇治田原 »

2014年12月29日 (月)

宇治田原町の残り柿

 雨の日、宇治田原町に残り柿の撮影に行きました。湯屋谷の茶畑と高尾は、すでに紹介しましたので、それ以外の場所で撮影した写真を紹介します。
 宇治田原での残り柿写真は、湯屋谷と高尾が人気のポイントですが、それ以外にも、柿の木はたくさんあります。自分好みの場所を捜し歩くのも楽しみです。
 まず、国道307号線で田辺方面から宇治田原に入ると、入り口にあたるのが「郷の口」というところです。大きな柿の木が迎えてくれます。高尾へは、ここから入れます。
Ujitnokogaki103Ujitnokogaki102Ujitnokogaki101  

 

 

 

   307号線をさらに進み、左手(北)へ曲がると、滋賀県石山方面へ向かう道へと入ります。しばらく進んだところが、禅定寺という有名な禅寺がある、「禅定寺」というところです。ここは、平安の昔、近江方面と山城を結ぶ、軍事の要衝でした。ここにも、柿の木と茶畑があります。
Ujitnokogaki201Ujitnokogaki202Ujitnokogaki203  

 

 

 

   307号線から、禅定寺とは反対側、つまり右手(南)へ入ると、立川というところへ入ります。ここは、平治の乱で源義朝の軍に信西が殺されたところです。信西入道塚があります。次の一枚目の写真は、信西入道塚から見える柿の木です。
 二枚目の写真、小屋の傍の道は鷲峰山の登山道です。山頂の金胎寺へとつながっています。
Ujitnokogaki301Ujitnokogaki301_01Ujitnokogaki302  

 

 

 

   立川周辺の柿の木です。鷲峰山や竹藪と合わせて撮ることができます。
Ujitnokogaki401Ujitnokogaki402Ujitnokogaki403  

 

 

 

 

   

   さらに進むと、湯屋谷の集落を見下ろせる場所に出ます。柿を採っている人と話ができました。柿のほとんどは、猿とカラスとヒヨドリの餌になっているとうことでした。
Ujitnokogaki502Ujitnokogaki503Ujitnokogaki501  

 

 

 

   では、雨の宇治田原、ここまてです。
Ujitnokogaki601Ujitnokogaki301_02

|

« 二十四節気「冬至」補足 | トップページ | 雪の宇治田原 »

コメント

墓石さま こんばんは(*^.^*)
今年もあとわずかになりました。

今年は、墓石さまの写真と出会えてとても良かったです。宇治田原、鴻ノ巣山、木津川の土手…今まで見たことのない景色でした。めっちゃ素敵です!

お近くにこんな素敵なスポットがあるなんて羨ましいです。か、もしかしたら「レンズを通して見る景色」が素晴らしく見えるのかわかりませんが…。でも、わたしも自分の目でみる景色が、なんだか愛おしいように感じるようになりました。

絵本の世界にも連れて行ってくださってありがとうございました。

わたしはブログをしていないので、勝手にお邪魔していましたが、本当にいつも楽しく拝見できて感謝でした。

新しい年もお健やかで過ごされますように。難病と向き合って過ごされている皆さまも、どうかお元気で過ごされますようにお祈りしています。ariesdiamond


投稿: ひかる | 2014年12月29日 (月) 21時23分

ひかるさん、こんばんは。
写真を見ていただきありがとうございます。

今年も、もう終わりですね。
引きこもり生活をしながら、この一年を振り返っています。
散歩しながら、飽きもせず写真を写している自分が、不思議です。
風景と対話していると言うより、もう一人の自分と対話している
ような気がしています。

下手くそな写真を見ていただき感謝します。
良いお年をお迎え下さい。

投稿: 墓石 | 2014年12月29日 (月) 21時56分

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

再度、雨の日に行かれたのですね。
雨は流石に違った風景にしてくれ、いいですね。

私の知ってる風景で親近感が倍増します。
色々勉強させて頂けます。この頃では眼の為に
余り行かなくなりました。
少しづつUPして、楽しんでいます。

今年もお世話になりました。来る年はお互いに
平穏に暮らせますように、祈っています。
益々、写真を楽しんで下さいね。

投稿: 輝子 | 2014年12月30日 (火) 20時26分

輝子さん、こんばんは。

今年もあと一日になりましたね。
来年も平穏な年であって欲しいと思いますが、
なかなか厳しい年になりそうな予感がしています。

写真も多様な楽しみ方があると思います。
私の場合、身近な風景を撮るということが定着してしまいました。
まあ、以前から有名撮影地には行けていないですけどね。
来年も、身近な風景の中に何かを見つけようとしていると思います。
一年間、ありがとうございました。 では。また。

投稿: 墓石 | 2014年12月30日 (火) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/60886162

この記事へのトラックバック一覧です: 宇治田原町の残り柿:

« 二十四節気「冬至」補足 | トップページ | 雪の宇治田原 »