« 定期診察の日(80)・アグリリン薬価 | トップページ | お薦めの絵本(2) »

2014年12月 8日 (月)

二十四節気「大雪」2014

 12月7日は、二十四節気の一つ「大雪」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」とあります。
 北日本や日本海側では雪となっています。四国の山間部で、雪による死者も出ているようです。いよいよ本格的に真冬へと入りました。
 この節気の七十二候は、次の通りです。
 ★初候 :12/07~ ;閉塞冬となる   寒さに閉ざされ真冬になる頃
 ★次候 :12/12~ ;熊穴にこもる   熊が穴の中で冬眠を始める頃
 ★末候 :12/17~ ;さけの魚群がる  鮭の遡上が本格化する頃
      次の節気は、12月22日「冬至」です。

 7日、「大雪」の日、日本列島は冬型気圧配置となり、寒い一日となりました。全国で、雪の被害が出ているようです。
 北風の吹く中、木津川土手へ散歩に出かけてきました。では、今の時期の風景を紹介しましょう。
 土手に向かう途中の田んぼでは、藁の束が積み上げられ、その向こうに野焼きの煙が上がっています。
 「寒いですね。」 野焼きの人と散歩の老夫婦が声を交わしています。冬の薄日がほんのりと温かいです。
 城陽市の名産イチジクの木は、今は実ることを止め、実ることの出来なかった実が、握り拳を突き上げるように、枝先に取り残されています。
Taisetu101Taisetu102Taisetu103  

 

 

 

   空には、雀たちが群翔し、地には、ホオズキが最後の時を迎えています。
Taisetu201_01Taisetu201Taisetu202  

 

 

 

   新年を目指して、クワイの収穫も例年のように始まりました。京都中央卸売市場に出荷している農家は、ついに、この農家だけになったそうです。
 枯れたハスも燃やされるのを待つだけです。 野焼きと残り柿。
Taisetu301Taisetu301_02Taisetu302  

 

 

 

   土手の上では、葉を落とした欅の枝が、大きく空に広がっています。空を支えようとしているのでしょうか。それとも空を掴もうとしているのでしょうか。ある詩人の表現を思い出します。
 灰色の空を掴むように/ 灰色の大きな欅の木が/ 葉のない枝々を、投網のように/ いっぱいに投げていた冬・・・
Taisetu401Taisetu403Taisetu402  

 

 

 

   木津川土手の大榎はどうなっているでしょうか。
 やはり、ほとんど葉を落としています。一枚目の写真、木の枝の中に、丸いものが写っています。正体は、二枚目です。寄生木ですね。葉が落ちると、必ず姿を見せてきます。
 三枚目、親子が手をつないで散歩です。
Taisetu503Taisetu502Taisetu501  

 

 

 

   寒波がやってきて、急に厳しい冬になりました。一週間前の写真を3枚載せます。欅の木も大榎も、まだ紅葉の真っ最中でした。寒波であっという間に葉を落としてしまいました。小学生が、駅伝大会目指して猛特訓していました。
Taisetu601Taisetu601_01Taisetu602  

 

 

 

   今回は、城陽市の東側にある鴻ノ巣山の写真も載せておきます。
 参道の途中にある木にからみついた蔦の紅葉。ナザレン教会。水度神社の入り口。
Taisetu701_03Taisetu701Taisetu702_04Taisetu702  

 

 

 

 

 

   鴻ノ巣山の紅葉三枚。
Taisetu801_01Taisetu801Taisetu802  

 

 

 

   散歩の人。お喋りなおばさんたち。三枚目の写真の人と話をしました。86歳で、月に一度の割合で散歩にこられるそうです。心臓病を患い無理は出来ないと言いながらも、頂上まで行かれるそうです。
Taisetu901Taisetu902Taisetu803  

 

 

 

   お別れは、鴻ノ巣山のヒヨドリジョウゴの赤い実。冬らしい赤い実です。
      では、次は「冬至」です。 また。
Taisetu9103Taisetu9101Taisetu9102

|

« 定期診察の日(80)・アグリリン薬価 | トップページ | お薦めの絵本(2) »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

城陽の冬の風物詩ですね。田園風景は懐かしい
風景です。イチジクが面白いですね。
ホオズキがあるって羨ましいです。

ナザレン教会は近くなんですね。よく聞くけど
何処かな、と思ってました。
まだ紅葉もありますね。宇治川も美しいのでは?
と思いますが、眼科に2度も行きますから
撮れるかどうか。

ヒヨドリジョウゴ、なんて可愛い実でしょう。
楽しませて頂きました。

投稿: 輝子 | 2014年12月 9日 (火) 19時28分

輝子さん、こんばんは。
写真を見ていただきありがとうございます。

寒くなってきて、外に出かけるのが辛くなってきました。
紅葉も終わり、花咲いていないし、出かけても、撮すものも
限られてきました。引きこもって本などを読んでいます。
結局今年は、宇治川の紅葉は見ずに終わりました。

投稿: 墓石 | 2014年12月 9日 (火) 20時22分

墓石さん、おはようございます。

木津川土手の冬支度の風景ですね。
ほおずきの枯れゆく時が、こんなに美しいのを
初めて知りました。

冬至の写真も楽しみです。
でもご無理なさらずに・・

投稿: yasubee | 2014年12月14日 (日) 09時46分

yasubeeさん、写真を見ていただきありがとうございます。

ホオズキは、お盆に供え用として、片手間に栽培されているようです。
この後、燃やされてしまいます。ちょっと残念です。

毎日寒くて、家に引きこもりがちです。撮影にもあまり行けてないんです。
今日あたり、少しロケハンしてきます。寒いですが。

投稿: 墓石 | 2014年12月14日 (日) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/60781106

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「大雪」2014:

« 定期診察の日(80)・アグリリン薬価 | トップページ | お薦めの絵本(2) »