« 宇治田原高尾の柿風景 | トップページ | 二十四節気「立冬」2014 »

2014年11月 7日 (金)

定期診察の日(79)・新薬の話

 今日は、KS病院へ定期診察に行ってきました。今日は、過去最長の待ち時間でした。家に帰り着いたら、午後2時をまわっていました。9時に家を出たので、5時間の長丁場でした。これは、ちょっと疲れます。
さて、診察の結果ですが、血小板数は、76万/μlでした。ちょっと減少。ヘモグロビンは貧血状態の横ばいでした。中性脂肪、カリウム、尿酸値、LDH、γGTPなどは、変らず異常値のままです。最近、体重減少が気になって、食事のコントロールを中断していました。それで、糖尿病のHbA1cは、6.4に上昇です。また、再開します。
というわけで、前回と大差ない状態です。  

           【新薬の話】
 それから、今日は新薬の話がありました。現在使用中のマブリン散は、白血病など他のガンへ移行する確率が高いので、新薬が薬価収載されしだい、その新薬を使用したいということでした。時間がなかったので詳しい話は聞けませんでしたが、次回に詳しく聞いてみます。
   たぶんこの薬の事だと思います。 →こちら

|

« 宇治田原高尾の柿風景 | トップページ | 二十四節気「立冬」2014 »

コメント

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

落ち着いていて良かったですね。
また新薬も出たとか。医学の進歩は素晴らしい。
期待したいものです。

いよいよ紅葉ですね。でも~京都へは余りにも
人出が多く、行く気も起こらないです。
本当は嵯峨の散歩道をゆっくりと行たいですが、
とても。。。宇治でいいですか。
これから宇治田原へと思ってます。撮影回数は
少なくしてゆっくりと楽しみたいものです。

投稿: 輝子 | 2014年11月 8日 (土) 08時08分

輝子さん、おはようございます。

京都市内の紅葉も、宇治の紅葉も、宇治田原の柿風景もいいですね。
私はすべていきたいですが、出不精でなかなか思い切れません。
人ごみの中を歩いて、街角をスナップしたいという気持ちもありますが
実現していません。行動力が必要ですね。


投稿: 墓石 | 2014年11月 8日 (土) 09時21分

定期診察お疲れさまです。でも5時間とは長くかかりましたね。
食事制限を再開されるということですが、自炊されているのでは、日々の献立を考えるのも大変ですね。

アグリリンは日本で9月にETの治療薬として承認されたばかりですよね。こちらの薬の方が発ガン率が低いんでしょうか?主治医の先生から副作用等、詳しいことを聞かれたら、また教えてください。


投稿: kazumi | 2014年11月10日 (月) 04時35分

kazumiさん、コメントありがとうございます。

 確かに自炊は辛いですね。短い期間なら楽しいかも知れませんが、
毎日毎日となると大変です。くたびれてきます。
 栄養素を考えて最初に食材を決めると、調理方法が分からないです。
 最初に料理を決めてしまうと栄養のバランスが崩れます。
 なかなむずかしいですね。

 薬の話が聞けたら、またお知らせします。
 マブリン散は、アルキル化剤なので、発ガン率は高いと言われています。
今は、ほとんど使われていないらしいです。

投稿: 墓石 | 2014年11月10日 (月) 08時57分

墓石さん 受診 お疲れ様でした。

私はこの病気の抗がん剤についてわからないので 教えていただきたいのです。
墓石さんはマブリン散を飲まれていますよね。
ハイドレアを飲んでいる人をネットでよくお見かけします。
私も血小板の数値が高くなったら ハイドレアを飲むようにと主治医に言われています。
白血病になる事もあると言われました。

マブリン散とハイドレアはどう違うのでしょうか?

新薬に興味があります。
白血病になる危険はないとうれしいです。
次の受診の時に聞いた説明 私達に教えて下さい!

じゅん

投稿: じゅん | 2014年11月10日 (月) 17時24分

じゅんさん、コメントありがとうございます。

 薬について、私の知っていることを書かせていただきます。
 マブリン散は、アルキル化剤という薬で、DNAの塩基にアルキル基が
からみついて細胞分裂を妨げます。当然正常な細胞にも働きます。
DNAを破壊するので、異常な細胞を生み出しやすいので癌の発生確率が大きくなります。
 ハイドレアは、代謝拮抗剤というタイプの薬で、細胞分裂の材料をストップさせて、
細胞分裂を抑える働きがあります。マブリン散よりは、癌を発生させる確率が小さいので、
今のところ、第一選択薬として、この病気の治療に使われています。
私の場合、ハイドレアで危険な副作用の兆候が出たため、やむを得ずマブリン散を使っています。
 抗ガン剤は、ガン細胞にのみに働く分子標的薬の時代に入っています。
 患者数の多い白血病や悪性リンパ腫は、ほぼ克服されつつあります。
 じゅんさんが、治療を開始される頃には新薬が登場していると思いますよ。
 私にはまにあいませんけどね。
 

投稿: 墓石 | 2014年11月10日 (月) 20時04分

墓石さん、ありがとうございました。
新薬が墓石さんの身体に合うと良いですね。

投稿: じゅん | 2014年11月10日 (月) 21時26分

墓石さん こんにちは。
 
受診お疲れさまでした。診察待ち辛いですね、予約時間・・・? ですよね。
せめて自分の前に何人いるかとか。知りたいです。
病気になっちゃいます。

ジャカビ飲み始めて一月半の報告です。
脾臓はかなり小さくなりました。
貧血  私の場合今のところ良くなってます。覚悟していたのですが先生もビックリする程です、
今まで週一で輸血していてもジリ貧でヘモグロビン7を維持できなくて月5回位お願いしていました。でも先週は 2周間開けることができました。 血小板も低いので5mg×2回の少量が良かったのかと思っています。
体重も増えました てか食欲止まりません。
新しい薬が出来るまでもう少し時間ができたと思います。

墓石さんも新薬が合っていて効くといいですね。
新薬続々研究されて出てきますよ。間に合いますよ。そう思っていましょう。

投稿: J | 2014年11月11日 (火) 15時41分

Jさん、コメントありがとうございます。

Jさん、週一回の輸血とは大変ですね。
しかし、脾臓が縮小し、貧血まで改善するとはジャカビ
の効果は大きいようですね。良好ですね。良かった良かった。
私の場合は、まだ血小板が増加傾向にありますので、
ジャカビの処方は、まだ先の話だと思っています。
毒だと分かりながら使用し続けている現在の薬から、早く脱出したいです。
Jさん、また報告をお願いします。【ジャカビ始めた人】の続編として、
転載したいと思います。ご迷惑でなければですが・・。

投稿: 墓石 | 2014年11月11日 (火) 16時58分

墓石さん ありがとうございます。 転載お願いします。

現在の状況喜んでくださって ありがとうございます。
地元で見ててくださっている主治医の先生もとても喜んでくれました。
家族や友人達みんな心配してくれて嬉しいです。
献血して下さる皆様にも感謝 感謝です。

寒くなってきました。 
お体に気をつけて充実した毎日をお過ごしくださいね。

投稿: J | 2014年11月12日 (水) 11時08分

病院で待ち時間五時間は…本当につらいですね。
循環器がいつも、それくらい待ちますから、凄くわかります…あの待ち時間、何とか出来ないのでしょうかね…。もったいないです。ご苦労さまでした。


新薬はアグリリン(アナグレリド)でしょうかね?

私も、アナグレリドの治験が終わります。来年からは、皆さんと同じく、二週間に一度の検診になります。お金も発生してきます(;^_^Aいくらになるのでしょうね…。おそろしや。

投稿: 寺っち | 2014年11月19日 (水) 00時25分

寺っちさん、コメントありがとうございます。

病院の待ち時間は、ほんとに嫌ですね。いつも、本を用意して
行くことにしています。読みにくい本の方が逃げられないのでいいですね。

たぶん薬価収載待ちの新薬と言えば、アグリリンのことですね。たぶん。
詳しく聞かなかったですが。新薬なので高額療養費を超えることは確実とも
言っていました。月に8万とはかなりなものですね。

投稿: 墓石 | 2014年11月19日 (水) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/60614049

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察の日(79)・新薬の話:

« 宇治田原高尾の柿風景 | トップページ | 二十四節気「立冬」2014 »