« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月27日 (月)

二十四節気「霜降」2014

 10月24日は、二十四節気の一つ「霜降」でした。江戸時代の暦便覧によれば「 つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也」とあります。先日、北海道や東北では霜が降りたと報道されていました。高い山では降雪も始まったようです。里では、しだいに虫の姿や野の花の数も減り、紅葉が少しずつ進み始めます。
 この節気の七十二候は、次の通りです。
 ★初候: 10/23~: 霜始めて降る      初めての霜が降りる頃
 ★次候: 10/28~: 小雨ときどきふる    時雨が降るようになる頃
 ★末候: 11/02~: 楓蔦黄ばむ       かえでや蔦が色づく頃
       11月7日が、次の節気「立冬」です。

 では、今の時期の木津川土手周辺を散歩しましょう。
 黄色く実った田んぼ。赤い柿の実。今の時期にピッタリの彩りです。ここで古泉千樫の郷愁を誘われる一首を紹介します。
 ~♪ ふるさとの 秋ふかみかも柿赤き 山べ川のべ わが眼には見ゆ ♪~
 田んぼでは稲刈りも順調に進み、ほぼ終わりが近づいています。
Soukou201401Soukou201403Soukou201402  

 

 

 

   傍に柿の木がある田んぼでも稲刈りが始まりました。老夫婦二人で作業のようです。散歩の帰りに再び通るとほぼ終わりかけでした。少し赤味を帯びた斜光が、二人を優しく包んでいます。一日、ご苦労様でした。
 数日後、この田んぼを通りかかると藁の束が二つ。老夫婦は、いつのまにか藁の束に変身してしまったのでしょうか? 秋の陽ざしが優しい日でした。
Soukou201404Soukou201406Soukou201405  

 

 

 

  稲刈りが終わると、田んぼには藁の束が干されています。私には、藁の束が何かを語り合っているようにみえるのですが、人によって感じ方は違うようです。「藁地蔵」という言い方もあります。ある詩人は、「小人さんのお家」と言いました。私の妻は、「ウサギのダンス」と言っていました。これはまったく理解不能ですね。しかし、ただの藁束なのに、人は皆、いのちの気配を感じているのは確かです。藁の束が何かを語っているような、藁の影に誰かが居るような、そんな気配です。小さな秋の気配です。
Soukou201407Soukou201408Soukou201409  

 

 

 

   田んぼに立つ藁の束は、晩秋を感じさせる風景の一つです。籾殻を燃やす煙が、一層晩秋の雰囲気をもり立てています。
Soukou201412Soukou201411Soukou201410  

 

 

 

   桜や欅の葉が、少しずつ紅葉しています。文化パルク城陽の木々も色づいてきました。この場所、夕日の頃が一番です。輝く石畳。木や人の影。今、一日が終わっていくのだ、という思いを強くします。
Soukou201415Soukou201413Soukou201414Soukou201416  

 

 

 

 

   

   土手の木々の葉も色を変え、風に散っています。美しい紅葉とはいきませんが・・。それでも、夕日の頃になるとそれなりの雰囲気が出てきます。清少納言も「秋は夕暮れ・・」と書いていましたね。ねぐらに帰る鳥。渡っていく雁。日が落ちると鳴き出す虫たち。秋の夕暮れは、特別の時間が流れているのは確かです。
Soukou201417Soukou201418Soukou201419  

 

 

 

   今の時期、やはり土手の主役はススキですね。特に夕方ですね。
 ススキは、揺れながらさよならをしているのでしょうか、手招きをしているのでしょうか。私には、さよならをしているように見えます。与謝野鉄幹の一首です。
 ~♪ 夕かぜに 尾花の袖は まねけども 暮れゆく秋は とまらざるらむ♪~
Soukou201420Soukou201421Soukou201422  

 

 

 

   次も夕日の時間帯のススキです。宇都野研の一首を一枚目の写真に添えます。
   ~♪ 秋の日の 夕日大きくまともなり 野辺の穂すすき 炎とぞなる ♪~
Soukou201425Soukou201424Soukou201423  

 

 

 

   では、その他の写真です。
 田んぼの畦を自転車で上手に走る女性(やや高齢?)。危なくないのか~~?!
 軍隊調に整列する藁の束。
 夕日を浴びる第ニ名神城陽JC工事現場。
Soukou201427Soukou201428Soukou201429  

 

 

 

   お別れの3枚です。
 散歩する二人。女性が少し後ろから歩いていきますね。散歩時の老夫婦の法則です。
 セイタカアワダチソウの2枚です。  
   次は「立冬」です。   では。また。
Soukou201431Soukou201426Soukou201430


 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

ガルシン著「信号」感想

 Shingousmal01
  ガルシンの短編集「赤い花」(岩波文庫)に収録されている「信号」という作品を、何十年かぶりに読み返してみました。この作品を最初に読んだのは中学3年の時で、当時使用されていた三省堂国語教科書に載っていました。私はこの作品から非常に大きな影響を受け、その後、人生の岐路に立たされたとき、いつもこの作品が頭をよぎります。今回はこの作品について感想を書いてみます。

 教科書に載っていたのでストーリーはご存じと思いますが、一応簡単にあらすじを書きます。
 時は、帝政ロシアで暗黒の支配が続いていた時代です。主人公のセミョーンは、戦争帰りで、病身な、生活に疲れ切った男でした。ようやく鉄道線路番の仕事にありつき、女房と二人、線路の番小屋で畑を耕しながら慎ましやかな生活を始めます。長い放浪生活の後に、やっと小さな幸せを見つけたのです。
 もう一人の主人公ヴァシーリイは、隣の番小屋の陰気な男。二人は知り合い、土手の上で生き方を語り合うようになります。ヴァシーリイは現在の生活には満足せず、社会に対する不平や不満を述べ立てます。そして、彼は上司の不当性を訴えるためモスクワへ直訴に及びます。しかし、直訴は失敗に終わり、捨て鉢となったヴァシーリイは、線路のレールをはずし列車の転覆を企るのです。
 これを発見したセミョーンは、やめさせようとしますがすでに遅く、遠くから列車の近づく気配を聞きます。セミョーンは自らの体を突き刺し、流れる血でハンカチを染め赤旗を作り、列車を止めようと必死に振るのです。・・・・・・。

Shingou   というような物語です。セミョーンの生き方に一面的にとらわれ過ぎると、道徳臭い作品のように思われるかもしれません。事実、この作品は、正義や自己犠牲を教える道徳の副教材としても利用されているようです。しかし、それは少し違うと思います。
 著者のガルシンは、セミョーンをささやかな幸せを求めつつも、崇高な正義感と美しい自己犠牲に生きた信仰深い人物として描きました。一方、ヴァシーリイは、帝政ロシアの支配に不平不満を述べ立て反抗する陰鬱な人物として描かれました。ガルシンが生きた時代は、ナロードニキ運動がしだいに広がりをみせていった時代でした。帝政ロシアという抑圧の時代を必死に生きた民衆。ガルシンは、その民衆の中の典型的な二人の人物を描き出したのです。ヴァシーリイの描かれ方は、個人的なレベルの抵抗としてしか描かれていないという限界はありますが・・。

 中学生だった私は、この作品は「あなたは、セミョーンの如く生きるのか? それともヴァシーリイの如く生きるのか?」を問うている作品だと思いました。その時以来ずっと、私の心の中にはセミョーンとヴァシーリイの二人が、苦悩の表情を浮かべ、議論を繰り返しながら住み続けています。いかに生きるべきか岐路に立ったとき、必ず二人が現れて議論を始めるのです。
  私は、今までどのように生てきたのでしょうか。セミョーンのような崇高な自己犠牲の人生は送ることは出来ませんでした。ヴァシーリイのような抵抗の人生に徹することも出来ませんでした。しかし、私は今も二人のことを忘れたことはありません。
  原発事故。集団的自衛権行使。高まるナショナリズム。非正規労働は全労働者の4割に迫り、ワーキンングプアという言葉で語られ、秘密保護法が施行されようとしている、閉塞感に満ちた現在の社会。私には、「ヴァシーリイを忘れるな!」という叫び声が聞こえるような気がします。

  33歳の若さで自殺したガルシンがどのような意図を持ってこの作品を書いたのか、文学的な素養のない私には分かりません。しかし、大きな影響を受けたことは確かです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

ピロリ菌除菌成功

 昨日、KS病院でピロリ菌除菌の結果を調べる検査を受けてきました。検査といっても、呼気を採取するだけの簡単な検査です。しかし、朝起きてから、水一滴も飲んではいけないと言われていたので辛かったです。少しぐらい飲んでも大丈夫なのでは?、という誘惑にかられました。
 結果は成功でした。ピロリ菌は完全に無くなったようです。下痢になる薬を一週間も飲み続ける苦痛を味わわなくてもよいと思うとホッとします。
 医師の説明によると、「これで胃ガンにならないという保障はないです。ただ胃ガンの確率が下がっただけなので、年一回くらいは人間ドックでの検査を受けた方がいいですよ。」でした。
 医師はディスプレイでカルテを見ながら、「血液の病気がありますね。」と言ったので、私は、「そっちの病気で最後が迫っていますので、胃ガンのことはあまり気にしてないです。」と答えたところ、「それもそうですね。」と医師はニコリとされました。
 ウー、何かこの病院の医師は、正直な人が多くないか?! まあ、私にとっては正直なことが一番ですけどね。
 「悪いものは、無い方が良いに決まってますよ。」と慰められて診察室を出ました。
 帰宅後は、自動車保険の更新や白蟻駆除料金の振り込みとか、家事などいろいろと忙しい一日でした。  では。また。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

二十四節気「寒露」2014

 10月8日は、二十四節気の一つ「寒露」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也」です。朝冷え込んで、露が冷たく感じられる頃です。
 この節気の七十二候は次の通りです。
 ★初候:10/08 ~: 鴻雁来る    雁が北からやってくる頃
 ★次候:10/13 ~: 菊花開く    菊の花が咲く頃
 ★末候:10/18 ~: 蟋蟀戸にあり  きりぎりすが家の近くで鳴く頃
         10月23日が次の節気「霜降」です。

 では、今の時期の木津川土手周辺を写真で紹介しましょう。
 今の時期、木津川土手の主役はススキ、オギです。夕日に照らされると金色に輝き、吹き渡る風が金色の波を起こしています。漂泊感、無常観のようなものを感じます。
Kanro2014101Kanro2014103Kanro2014102  

 

 

 

   
   枕草子の清少納言は、「草の花は撫子。・・」で始まる「草の花は」の段で、ススキについても書いています。
  ★「秋の野のおしなべたるをかしさは、薄こそあれ。・・・朝露にぬれてうちなびきたるは、さばかりの物やはある。・・・冬の末まで、頭のいとしろくおほどれたるも知らず、むかし思ひで顔に、風になびきてかひろぎ立てる、人にこそいみじう似たれ。よそふる心ありて、それをしもこそ、あはれと思ふべけれ。」★
 秋のススキを褒めながらも、冬のススキを自覚のない老人の白髪に見立てて、あわれを感じるとは! ススキを褒めているのかけなしているのか微妙ですね。ススキのような頭の老人は、確実にけなされています・・・。なかなか、人間観察の鋭い、しっかり者の女性という感じです。私は、冬のススキも好きですけどね。
Kanro2014202_01Kanro2014201Kanro2014203  

 

 

 

   今の時期、土手のもう一人の主役は、セイタカアワダチソウです。北アメリカ原産の帰化植物で、繁殖力が強いそうです。あまり好かれていないようですが、土手の風景にすっかり溶け込んで定着しています。
Kanro2014301Kanro2014302Kanro2014303   

 

 

 

   佐藤春夫の随筆「秋花七種」に、自身でかってに選んだ七草が出ていました。
  ★からすうり ひよどり上戸 あかまんま かがり つりがね のぎく みずひき
なかなか渋い選択ですね。かがりは彼岸花のことで、関西ではそう呼ぶ地方もあるそうです。当時の新聞に、女学生が好む花の投票結果が掲載され、一位菊花、二位コスモス、赤まんまが最下位だったそうです。田舎で投票すればもっと違っていたと、ちょっと異議が述べてありました。赤まんまは、田舎人向けの花なのですかね。
  写真は、佐藤春夫推薦のカラスウリ、アカマンマ、ノギクです。ノギクは、ノコンギクやヨメナなどを総称した言い方だそうです。
Kanro2014401Kanro2014401_02Kanro2014401_01  

 

 

 

   それから、今の時期、絶対に入れておかねばいけない花にコスモスがあります。休耕田や畑の脇になどに植えられています。コスモスの原産地はメキシコの高地だそうです。それがイタリアに渡り、明治にイタリアの芸術家ラグーザが持ち込んだものだそうです。今では最も日本的な花になりました。桜前線は南から北へ進みますが、コスモスは高地の花なので、コスモス前線は北から南へと下がっていきます。(中野進 花と日本人より)
Kanro2014501Kanro2014502Kanro2014503  

 

 

 

   寒露の日にふさわしい露の写真を撮ろうと早起きして、近所の田んぼに撮影に行ってきました。朝露が朝日に輝き、虫たちを優しく包んでいました。
Kanro2014601Kanro2014602_2Kanro2014603  

 

 

 

   朝露の輝きの中にいると、一日一日は新しく生まれてくるものなのだ、という感慨にとらわれます。そして、いかに自分が惰性の日々を送っているのか、あらためて考えさせられます。虫たちは短い命を必死に生きています。まもなく冬です。
Kanro2014701Kanro2014702Kanro2014703  

 

 

 

   田んぼでは、稲刈りが最盛期となっています。台風が接近していますので、一気に進んでいるという感じです。
Kanro2014801Kanro2014801_01Kanro2014801_02  

 

 

 

   木々の葉が少しずつ色を変えて、秋の深まりを知らせています。その向こうで、家族が何か作業をしています。一輪車の上に子供が座っています。なつかしいような特別の時間が過ぎてゆく気がします。
Kanro2014902Kanro2014903Kanro2014901  

 

 

 

   では、お別れは、月の写真です。秋といえば名月ですね。
 土手から昇る名月。帰宅する高校生が通りました。寒露の日の月食です。
   次は「霜降」です。   では。また。
Kanro20149101Kanro20149101_02Kanro20149101_01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

定期診察の日(78)・ジャカビ始めた人

 今日は、KS病院へ定期診察に行ってきました。予約時間が30分早くなっただけですが、電車の本数が少ないので、6時半に起床して、8時前に家を出ました。いつもは、9時過ぎに家を出るのですが・・・。通勤時間なので、立ったまま。 うー、疲れます。
 さて、診察の結果ですが、血小板数は、大幅増加して80万/μlでした。ヘモグロビンとヘマトクリットは少し低下です。なぜ血小板が13万も急に上昇したのか、その原因を質問しましたが、「すみませんが、正直なところ理由は分かりません。」という回答でした。正直な医師ですね。
 今日は、心電図と胸のレントゲン撮影とB型肝炎の抗体検査が入りました。どれも異常なしでした。異常なしだから良いというものではなく、体のだるさや体重減少については何の答えが見つからなかったということです。
 中性脂肪、カリウム、尿酸値、LDH、γGTPなどは、変らず異常値のままです。
  ということで結論は、薬の増量は次回に持ち越しで、今のままで様子をみるということです。すっきりしない状態が続きますが、病気とはこんなものなのでしょうね。

  【ジャカビ始めた人】
 ジャカビという新薬が保険適用になったことは、ご存じの方も多いと思います。新薬での治療を開始されたJさんという方から、次のようなコメントを頂きましたので、紹介させていただきます。効果があると良いですね。
    *********
   ご報告です。ジャカビ飲み始めました、ここに訪れている皆さんのぶろぐも読まさせていただいていますが、体調が不安定なのでコメントしていませんので ここで様子、経過報告させてもらいます。
貧血が進んでいますので5mgを一日2回です。飲みはじめてちょうど1週間です。脾臓小さくなってきました。飲み始めて翌日にはなんとなく脾臓が縮小した感じがしました。こんな小さな薬なのに不思議です。先週金曜日の血液検査では異常まだなしです。また報告します。  (9月29日のコメント)
    *********

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

白蟻駆除薬剤散布

 私の住んでいる住宅を建てた建築業者が行っている定期的検査で、床下の地面から白蟻の巣が見つかったと聞かされました。床下の地面はコンクリートが打ってあるので、まさかとは思いましたが、写真を見せられるとどうも疑いないようです。それで、言われるがままに白蟻駆除の契約をしました。
 その後、数日前に業者の方が来られて薬剤の散布が行われました。手際のよい2時間ほどの作業で終了しました。業者の方に使用した農薬についてお聞きしたところ、ネオニコチノイド系のクロチアニジンということでした。昆虫などには大変効果があるが、ほ乳類にはほとんど害がないので安心してくださいと、自信たっぷりに説明され引き上げていかれました。

 ネオニコチノイド系農薬? クロチアニジン? 何処かで聞いたような名前の農薬です。 はたと記憶が甦りました。そうです。蜜蜂の大量死で問題になった農薬です。
 ネオニコチノイド系農薬は、昆虫などには効果がある一方、哺乳類や鳥類、水生動物には毒性が低いといわれ、21世紀夢の農薬として登場しましたが、蜜蜂の大量死で問題となり、ヨーロッパでは厳しい使用制限がされています。日本でも蜜蜂の大量行方不明が報道されていますが、農水省は特に対策なしのようです。日本では、ネオニコチノイド系農薬の残留基準が欧米にくらべて桁違いに緩やかに設定されていると指摘されています。
 人体への影響についても最近、相次いで研究報告があるそうです。神経毒性を持った農薬は、自閉症や注意欠陥・多動性障害(ADHD)など、子供の発達に障害を引き起こす疑いが指摘されているそうです。

 薬剤散布の次の日、朝起きると、かすかに油臭い薬品の臭いがして、ヨロヨロと歩くゴキブリを捕まえました。それで、家中の換気扇をまわして、窓も開け放して一日中過ごしました。次の日も、まだ少し臭いがします。
 私は、もう十分歳をとっていますので、今更心配することは何もないですが、妊婦の方がおられる家庭や小さい子供さんがおられる家庭などでは、子供が成長するまでの間は念のため、白蟻駆除など保留しておいた方が良いと思いますよ。
 この農薬は、家庭園芸用やペットのノミ取りなどとして、身近なところでも幅広く使われています。人体に直ちに変化が現れないところが怖いです。「ただちに危険とは言えない。」どこかで聞いたようなセリフですね。化学物質については、「疑わしきは使用せず」という基本原理でやっていってほしいものです。
 というわけで、毎日、窓を開け放して生活をしています。
 台風の日は無理ですけどね。  では。 また。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

布袋葵見物

 奈良県橿原市の本薬師寺跡の水田で栽培されているホテイアオイを見に行ってきました。この場所は、かっての藤原京に当たる付近です。退職教員仲間のTg氏に連れて行っていただきました。昨年はまだ暑い9月に行きましたが、今年は遅くて10月になりました。葉が少し黄色に変色し、田んぼの水も抜かれていました。少し、撮影には条件が悪かったのですが、それでも、昨年は見なかった彼岸花が咲き残っていました。もう二週間早ければ、もっと良かったかも知れません。
   昨年の9月の様子が知りたい人は→こちらから

 まずは、無料の駐車場に車を置き、駐車場脇より東を見た一枚です。見えている山は明日香方面。
 二枚目、駐車場より栽培田への通路。この時期、観光客も少なめです。
 前を歩く家族連れ。
Hoteiaoi101Hoteiaoi101_01Hoteiaoi101_02  

 

 

 

   昨年とは違い、今年は彼岸花が咲いていました。彼岸花を入れた3枚です。ホテイアオイではなく、彼岸花を見に来たのか、と叱られそうですね。
Hoteiaoi202Hoteiaoi203Hoteiaoi201_03   

 

 

 

   秋の雰囲気漂う田んぼを入れて一枚。
 ホテイアオイをアップにして二枚。バックの山は、大和三山の畝傍山だと思います。昨年の記事には、耳成山と書いたかも知れませんが、畝傍山が正しいです。
Hoteiaoi302Hoteiaoi303Hoteiaoi301   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »