« 定期診察の日(78)・ジャカビ始めた人 | トップページ | ピロリ菌除菌成功 »

2014年10月12日 (日)

二十四節気「寒露」2014

 10月8日は、二十四節気の一つ「寒露」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也」です。朝冷え込んで、露が冷たく感じられる頃です。
 この節気の七十二候は次の通りです。
 ★初候:10/08 ~: 鴻雁来る    雁が北からやってくる頃
 ★次候:10/13 ~: 菊花開く    菊の花が咲く頃
 ★末候:10/18 ~: 蟋蟀戸にあり  きりぎりすが家の近くで鳴く頃
         10月23日が次の節気「霜降」です。

 では、今の時期の木津川土手周辺を写真で紹介しましょう。
 今の時期、木津川土手の主役はススキ、オギです。夕日に照らされると金色に輝き、吹き渡る風が金色の波を起こしています。漂泊感、無常観のようなものを感じます。
Kanro2014101Kanro2014103Kanro2014102  

 

 

 

   
   枕草子の清少納言は、「草の花は撫子。・・」で始まる「草の花は」の段で、ススキについても書いています。
  ★「秋の野のおしなべたるをかしさは、薄こそあれ。・・・朝露にぬれてうちなびきたるは、さばかりの物やはある。・・・冬の末まで、頭のいとしろくおほどれたるも知らず、むかし思ひで顔に、風になびきてかひろぎ立てる、人にこそいみじう似たれ。よそふる心ありて、それをしもこそ、あはれと思ふべけれ。」★
 秋のススキを褒めながらも、冬のススキを自覚のない老人の白髪に見立てて、あわれを感じるとは! ススキを褒めているのかけなしているのか微妙ですね。ススキのような頭の老人は、確実にけなされています・・・。なかなか、人間観察の鋭い、しっかり者の女性という感じです。私は、冬のススキも好きですけどね。
Kanro2014202_01Kanro2014201Kanro2014203  

 

 

 

   今の時期、土手のもう一人の主役は、セイタカアワダチソウです。北アメリカ原産の帰化植物で、繁殖力が強いそうです。あまり好かれていないようですが、土手の風景にすっかり溶け込んで定着しています。
Kanro2014301Kanro2014302Kanro2014303   

 

 

 

   佐藤春夫の随筆「秋花七種」に、自身でかってに選んだ七草が出ていました。
  ★からすうり ひよどり上戸 あかまんま かがり つりがね のぎく みずひき
なかなか渋い選択ですね。かがりは彼岸花のことで、関西ではそう呼ぶ地方もあるそうです。当時の新聞に、女学生が好む花の投票結果が掲載され、一位菊花、二位コスモス、赤まんまが最下位だったそうです。田舎で投票すればもっと違っていたと、ちょっと異議が述べてありました。赤まんまは、田舎人向けの花なのですかね。
  写真は、佐藤春夫推薦のカラスウリ、アカマンマ、ノギクです。ノギクは、ノコンギクやヨメナなどを総称した言い方だそうです。
Kanro2014401Kanro2014401_02Kanro2014401_01  

 

 

 

   それから、今の時期、絶対に入れておかねばいけない花にコスモスがあります。休耕田や畑の脇になどに植えられています。コスモスの原産地はメキシコの高地だそうです。それがイタリアに渡り、明治にイタリアの芸術家ラグーザが持ち込んだものだそうです。今では最も日本的な花になりました。桜前線は南から北へ進みますが、コスモスは高地の花なので、コスモス前線は北から南へと下がっていきます。(中野進 花と日本人より)
Kanro2014501Kanro2014502Kanro2014503  

 

 

 

   寒露の日にふさわしい露の写真を撮ろうと早起きして、近所の田んぼに撮影に行ってきました。朝露が朝日に輝き、虫たちを優しく包んでいました。
Kanro2014601Kanro2014602_2Kanro2014603  

 

 

 

   朝露の輝きの中にいると、一日一日は新しく生まれてくるものなのだ、という感慨にとらわれます。そして、いかに自分が惰性の日々を送っているのか、あらためて考えさせられます。虫たちは短い命を必死に生きています。まもなく冬です。
Kanro2014701Kanro2014702Kanro2014703  

 

 

 

   田んぼでは、稲刈りが最盛期となっています。台風が接近していますので、一気に進んでいるという感じです。
Kanro2014801Kanro2014801_01Kanro2014801_02  

 

 

 

   木々の葉が少しずつ色を変えて、秋の深まりを知らせています。その向こうで、家族が何か作業をしています。一輪車の上に子供が座っています。なつかしいような特別の時間が過ぎてゆく気がします。
Kanro2014902Kanro2014903Kanro2014901  

 

 

 

   では、お別れは、月の写真です。秋といえば名月ですね。
 土手から昇る名月。帰宅する高校生が通りました。寒露の日の月食です。
   次は「霜降」です。   では。また。
Kanro20149101Kanro20149101_02Kanro20149101_01

|

« 定期診察の日(78)・ジャカビ始めた人 | トップページ | ピロリ菌除菌成功 »

コメント

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

志賀高原からどうにか生きて帰れました。
怪我や病気を心配しつつですから。

余りの美しさに、眼に病があるの忘れ、
良く見えましたよ(笑)でも~近場の様に
は良い作品が無いなぁ、と思いますよ。

もうススキの季節で旨くキャッチされてますね。
秋らしく情感あふれています。ススキは詩的ですね。
農作業の人達、虫の世界、いいですね!
お月様は澄んで美しいです。

さぁ、柿にススキ、楽しみな季節ですね。

投稿: 輝子 | 2014年10月13日 (月) 08時17分

輝子さん、おはようございます。

志賀高原ですか。いいですね~。
雲海も見えたんですか。なかなかの絶景ですね。
池めぐりもいいですね。高原は紅葉進んでますね。

このあたりでは見られない美しい風景、
またお邪魔します。

投稿: 墓石 | 2014年10月13日 (月) 09時05分

お早う御座います。ススキ、セイタカアワダチソウ、秋桜、実りの秋、桜の紅葉・・・詩情溢れる光景を楽しみました。くにきょう(木津川市)字が解りません(^^;の秋桜を写しに行きましたが、花が倒れてて写すのに苦労しました。お知らせ迄。では又(*^.^*)V

投稿: 夢花 | 2014年10月14日 (火) 07時04分

夢花さん、こんにちは。
写真を見ていただきありがとうございます。

恭仁京のコスモス倒れていましたか。行こうと思っていたのですが・・・。
夢花さんの宇治田原のコスモスを拝見しました。
うまいものですね。あれ以上はなかなか撮れないです。

投稿: 墓石 | 2014年10月14日 (火) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/60467416

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「寒露」2014:

« 定期診察の日(78)・ジャカビ始めた人 | トップページ | ピロリ菌除菌成功 »