« 二十四節気写真「秋分」2014 | トップページ | 布袋葵見物 »

2014年9月30日 (火)

宇治田原・加茂町の彼岸花

 先日、宇治田原町と加茂町に彼岸花の撮影に行ってきました。今年は、体調が悪かったり、天気が悪かったり、用事が出来たりで、木津川土手の彼岸花しか写せていませんでした。彼岸花は、もう咲いていないだろうと諦めいましたが、意外にもまだ咲き残っていました。大部分は黒ずんでいましたが、まだ撮影に耐えられる場所もありました。

 まず目指したのは、宇治田原町田原川の土手。久々に来てみたら、あったはずの木の橋が無くなっていました。大水で流された後、いまだに修復されていないようです。残念。宇治田原町も予算不足か。 
 この後、高尾に行きましたが、咲き残っていたのは1本だけ。
Higanb2014a01_3Higanb2014a01_02Higanb2014a02_2


  

 

   

   すぐに今度は、宇治田原町禅定寺へ。ここは、かなり残っていました。道路から見下ろした一枚。下の田んぼの水路での二枚。
Higanb2014b01Higanb2014b01_02Higanb2014b02


  

 

   

   禅定寺での三枚。ススキの穂をバックに。蝶。電気柵の電線に止まったトンボ。
 この電気柵の田んぼの人と話をしました。この辺では、電気柵がなければ農業は出来ないと嘆いておられました。1反あたり、8万円ほど費用がかかるそうです。電気柵のない隣の田んぼは、イノシシに掘り返されて、悲惨な状況になっていました。
Higanb2014c01_01Higanb2014c01Higanb2014c01_04


   

 

   
   この後、鷲峰山のを越えて加茂町へ。国道163号北側の水田地帯での三枚です。
 白い彼岸花を見つけました。
Higanb2014e01Higanb2014e02Higanb2014e03


   

 

   

   今度は、国道163号南側の水田地帯での三枚です。この辺りは畦道に彼岸花が列を成しているのですが、もうほとんど終わっていました。
Higanb2014f01Higanb2014f02Higanb2014f03


   

 

   

   次は、恭仁京跡(恭仁小学校横)に車を止めて、周辺の田んぼを歩きました。この辺りは、まだかなり残っていました。天気は良いし、言うこと無しです。
Higanb2014g01Higanb2014g02Higanb2014g01_01


   

 

   

   稲刈りの終わった田んぼでは、藁地蔵が立っていました。後の二枚は、太極殿跡付近です。この辺り、コスモスが植えられていますが、まだ花の数は少ないです。
Higanb2014h01Higanb2014h01_01Higanb2014h02


   

 

   

   一枚目、バックの白いボケは蕎麦の花です。二枚目は、コスモスのボケです。
 夕日の時間が近づいてきました。今日の農作業は終わりのようですね。米を載せた車が行きます。
Higanb2014i01Higanb2014i01_01Higanb2014i01_02


   

 

   
   

   夕日の時間になりました。ススキの穂が輝いて白いボケとなっています。
 ほんとに駆け足の撮影でした。これで今年の彼岸花は終了です。
Higanb2014j01_01Higanb2014j01Higanb2014j03

|

« 二十四節気写真「秋分」2014 | トップページ | 布袋葵見物 »

コメント

墓石さま こんばんは(*^-^)
彼岸花の写真を拝見できて嬉しかったです。
秋分の彼岸花(もちろん他の写真も)も、とてもステキでしたけど、以前にアップされていた田んぼのあぜ道の彼岸花の写真にめっちゃ感動していたものですから。

電気柵で田んぼに入れなくなってしまったのかな~、作業をしていたおじいさんとおばあさんはお元気なのかな~って、気になっていました。
美しい景色がいつまでも残って欲しいと願っています。

「独身生活」何かとご不自由でしょうが、(ばら寿司で想像できます…失礼!)どうかお元気で過ごされますように。wink

投稿: ひかる | 2014年9月30日 (火) 23時49分

ひかるさん、おはようございます。
写真を見ていただきありがとうございます。

彼岸花は、日本の秋の里を飾る最も美しい花だとおもっています。
しかし、農業の衰退は厳しいものがありますね。
耕作放棄地もかなり目立ちます。
この風景は残って欲しいです。

独身生活、実は大変です。こまごまとしたことが、いろいろ有りますね。
なんとかやっていますが・・・。

投稿: 墓石 | 2014年10月 1日 (水) 08時40分

どれもこれも素敵な風景の中に溶け込んで秋の華やかな装いを見事に表現されています。
小さい頃、子供心にきれいだな~と思い、家に持って帰ったら母に叱られた思い出があります。
屍人花とか、火事になるとか忌み嫌う花ですが、写真に撮るには恰好の被写体ですね。
田原川のあの土手も良く行きましたが、橋はまだ修復されていないのですね。残念ですがもう少し待ってみることにします。

投稿: ふっくら | 2014年10月 2日 (木) 01時51分

ふっくらさん、写真を見ていただきありがとうございます。

彼岸花は綺麗な花だと思います。私の場合、彼岸花をプランタで
育てていましたが、近所に恥ずかしいと妻から非難を浴びました。
今はないです。いつの間にか無くなりました。

投稿: 墓石 | 2014年10月 2日 (木) 13時21分

墓石さん

彼岸花の写真ありがとうございます。
わざわざ、宇治田原町と加茂町に
足を運んでくださったのですね。
彼岸花はわたしの大好きな日本の花の一つです。
墓石さんが言われるように、日本の秋の里を飾る
最も美しい花だとわたしも思います。
アメリカにいながら、日本の美しい秋の景色を
見ることができて、本当に感謝しています。

投稿: kazumi | 2014年10月 3日 (金) 14時15分

kazumiさん、写真を見ていただきありがとうございます。

日本の秋は、やはり彼岸花ですね。万葉の時代からあるようです。
イチシという名前だそうですが、これには異論もあるようです。
最近では、秋の花と言えば外来種のコスモスですね。
すっかり日本に定着してしまったようです。
秋の花としての彼岸花の地位は、チョット危ういですね。

投稿: 墓石 | 2014年10月 3日 (金) 17時53分

墓石さん こんにちは。(*^_^*)

お元気そうで何よりですね。
精力的に彼岸花をキャッチされ、素晴らしいです。
加茂は毎年行かれてますよね。凄く沢山ありそう
じゃないですか!宇治田原は私もほんの少し行った
だけで、今年は残念です。

里山の田んぼに稲と共に咲く様は大好きな景色
です。
これから柿ですね。楽しみましょう。♪

投稿: 輝子 | 2014年10月 4日 (土) 12時01分

輝子さん、こんにちは。お元気でしたか。

今年の彼岸花も終わりましたね。今年の彼岸花は、木津川土手と
この宇治田原・加茂のみです。もっと行きたかったのですが、
何となく気力が無くて。天気も不順でした。
朝早くに出かけたいのですが、朝起きられなくて、無理です。

信州方面に出かけられるようですが、楽しんできてください。


投稿: 墓石 | 2014年10月 4日 (土) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/60401197

この記事へのトラックバック一覧です: 宇治田原・加茂町の彼岸花:

« 二十四節気写真「秋分」2014 | トップページ | 布袋葵見物 »