« 鈴木真奈美著「日本はなぜ原発を輸出するのか」 | トップページ | 宇治田原・加茂町の彼岸花 »

2014年9月24日 (水)

二十四節気写真「秋分」2014

 9月23日は、二十四節気の一つ「秋分」でした。暦便覧によれば、「陰陽の中分となれば也」です。秋彼岸の中日。昼と夜の長さがほぼ同じです。
 この節気の七十二候は次の通りです。
★初候: 9/23~ :雷乃ち声を収む         夕立などの雷の発生が止む頃
★次候: 9/28~ :虫かくれて戸をふさぐ   虫が鳴くのを止め冬ごもりに入る頃
★末候:10/03~ :水始めて涸る           田んぼの水を抜き稲刈りをする頃
    10月8日が、次の節気「寒露」です。
 この数日、京都府南部では良い天気が続きました。彼岸花も満開となりました。早速、秋の日の木津川土手をご案内しましょう。ところで、あなたの場合、目を閉じるとどんな秋の風景が見えてきますか? 今回も写真詩風にいきます。

    「秋分の日に」

   遙かな宇宙を運行する地球
   今年も約束通り秋が運ばれてきた
   この日 太陽は真東から昇り
   青く澄んだ天空を進んでいく
   降り注ぐ光に稲穂は金色に輝き
   案山子さえも胸を張っている
Shuubun2014101Shuubun2014101_02Shuubun2014101_01


  

 

 

   土手の上に空は大きく広がり
   白い雲が流れてゆく
   コスモスは風に揺れ
   ニラの花は青空に直立している
Shuubun2014201Shuubun2014201_01Shuubun2014201_02


   

 

 

   太陽は真西をめざし落ちていく      
   夕雲は赤く染まり
   彼岸花も燃え上がっている
       しだいに濃くなる夕闇の中で
   すべての生き物たちは夢を追い始める
Shuubun2014301Shuubun2014301_01Shuubun2014301_02


   

 

    
   
   夕闇の中で目を閉じれば
   初めて見えてくる秋の風景がある
   秋祭りの太鼓の響き バラ寿司
   運動会の遠い歓声  栗ご飯
   毎日が輝いていた頃の秋
       白い雲に憧れたいつかの秋
Shuubun2014401_01Shuubun2014401_02Shuubun2014401


   

 

   
   

   エノコログサが夕日に染まり
   吹き渡る風に金色の波をつくっている
   少年の日に見た遠い秋の風景だ    
   秋は幾度となく運ばれてきた
   私はどこまで運ばれていくのだろう
   約束も無く
Shuubun2014501Shuubun2014501_01Shuubun2014501_02


   

 

 

 

  今、土手の主役は彼岸花です。木津川土手の彼岸花は、田んぼの畦道に咲いている彼岸花と違い、草に埋もれていて、しかも本数が少ないです。周囲の草刈りは一苦労です。
Shuubun2014601Shuubun2014601_01Shuubun2014601_02


   

 

   
  

 エノコログサも夕日の時は金色に輝き、あなどれない美しさです。金色の穂を見ると、私は「こがねの花」(?)という作品(?)を思い出します。
 母を喜ばせようと都へ出かけた男が、盗賊となり大金を手に入れ、故郷へ帰りますが、母が望んでいたのは黄金などではなかったのです。人間として大切なものが何であるかを知った男は、失意の中、金を投げ捨て再び都に旅立つのです。夕日が稲穂を金色に輝かす中を・・・。
 というような話です。金色に輝く穂が頭に残っています。見たわけでもないのに。小学か中学の国語で勉強したように思うのですが、誰に聞いても知らないと言われます。ネットで必死の検索を続けていますが、謎のままです。
Shuubun2014701Shuubun2014701_02Shuubun2014701_01


   

 

   
   
 

 秋の花と言えば萩ですね。木津川土手では、数は少ないですが萩の咲いている場所があります。
 嫌われもののヌスビトハギなら一面どこでも咲いています。人のものを盗むわけでもないのに、ひどい名前を付けられたものですね。
Shuubun2014801Shuubun2014801_01Shuubun2014801_02


   

 

   
   

 寺田桜堤や文化パルク城陽の樹木も少しずつ色を変えてきました。これから稲刈りも本番を迎えます。トンボまで忙しそうです。これから、ますます深まりゆく秋です。
Shuubun2014901_05Shuubun2014901_01Shuubun2014901_03


   

 

   
  

 コスモス。 少し前ですが、スーパームーンの中秋名月。
 ツユクサと蓼の花のツーショットでお別れです。 次は「寒露」です。
Shuubun2014901_06Shuubun2014902Shuubun2014903_04

|

« 鈴木真奈美著「日本はなぜ原発を輸出するのか」 | トップページ | 宇治田原・加茂町の彼岸花 »

コメント

橋本さん!
今日は(*^.^*)V朝夕涼しくなりました。秋桜を青空に写しましたが、旨く写せませんよ。二回通って気に入った写真が無いんです。困ったもんです。

先日のロータス展では、大変お世話に成りました。
有難う御座いました。

エノコロ草の輝いた写真って素敵です。何気ない野草の花風景ですね。私も心がけなくちゃ。

ご自愛下さいませ。

投稿: 夢花 | 2014年9月25日 (木) 12時27分

夢花さん、こんにちは。

秋桜ですか。夢花さんは、レベルが高いのでいろいろ
求めるものがあるんですね。私なんぞは、秋桜を見た
だけで喜んでしまいます。今年はまだ、一面のコスモスを
見てないんです。加茂あたりに探しに行ってきます。
今年は、彼岸花を撮りにどこへも行けませんでした。
出不精になって困ったことです。

投稿: 墓石 | 2014年9月25日 (木) 16時40分

墓石さん こんばんは

すてきなお写真いつもありがとうございます。
秋の気配ですね。私も先週 志賀高原から白根山・八千穂高原からビーナスラインとドライブしてきましたよ。山の上はきれいな紅葉がみられました。
気分転換です。


ご報告です。ジャカビ飲み始めました、ここに訪れている皆さんのぶろぐも読まさせていただいていますが、体調が不安定なのでコメントしていませんので ここで様子、経過報告させてもらいます。
貧血が進んでいますので5mgを一日2回です。飲みはじめてちょうど1週間です。脾臓小さくなってきました。飲み始めて翌日にはなんとなく脾臓が縮小した感じがしました。こんな小さな薬なのに不思議です。先週金曜日の血液検査では異常まだなしです。また報告します。
墓石さんかってに長々すみません。

投稿: J | 2014年9月29日 (月) 18時37分

Jさん、ご訪問ありがとうございます。
山上のドライブですか。いいですね~。うらやましいです。
高い山では、もう紅葉ですか。良い気分転換になったことでしょうね。

ジャカビの報告ありがとうございます。
血液検査で変化がなく、脾臓が縮小ですか。
良かったですね~。
是非また報告をお願いします。二十四節気の記事のコメントなので、
闘病記の訪問の方からは、見逃される可能性が高いと思います。
闘病記の方に転載することも考えてみます。

投稿: 墓石 | 2014年9月29日 (月) 21時23分

おはようございます

そこまで考えませんでした。(私は、他の記事も楽しみにしていたので!)
今度コメントするときは気をつけますね。よかったら転載お願いします。

投稿: J | 2014年9月30日 (火) 09時09分

墓石さん

こんなに沢山のエノコログサが咲いているのを生まれて初めて見ました。夕日にあたって金色に輝いているのが綺麗です。

最後の雲一杯の空を背景に取ったコスモスの写真が好きです。オレンジ色のコスモスは初めて見ました。それとも、これは太陽の光を浴びているからですか?

投稿: kazumi | 2014年10月 3日 (金) 14時04分

kazumiさん、写真を見ていただきありがとうございます。

エノコログサは、ありふれたただの雑草ですが、夕日の時は金色に輝きます。
群生すると美しいです。好きな花の一つです。花と呼べるかどうか微妙ですけどね。

オレンジ色のコスモスは、たぶんキバナコスモスだと思います。
メキシコ原産で、園芸用として日本に持ち込まれてきたもののようです。

投稿: 墓石 | 2014年10月 3日 (金) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/60369229

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気写真「秋分」2014:

« 鈴木真奈美著「日本はなぜ原発を輸出するのか」 | トップページ | 宇治田原・加茂町の彼岸花 »