« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月29日 (金)

松田美佐著「うわさとは何か」感想

 Uwasatowa01_2
  松田美佐著「うわさとは何か」(中公新書)~ネットで変容する「最も古いメディア」~を読みましたので、紹介と感想を。著者の松田氏は、中央大学文学部教授、専攻はコミュニケーション・メディア論です。
 この本でまず驚かされたのは、「うわさ」というのは立派に学問の対象になるということです。私などは、「うわさ」とは人の陰口を言ったり、事実かどうか分からないことをコソコソと広めること、といった程度の単純で否定的なイメージしかもっていなかったです。おばさんたちの方が、うわさ好きとも思っていました。すみません。間違っていました。簡単ですが、紹介させていただきます。

 著者は、「うわさ」とは、「人から人へとパーソナルな関係性を通じて広まる情報」という簡単な定義から議論を始めます。つまり「うわさ」を、人と人との関係性と情報という二つの側面から捉えていくわけです。
 第一章では、石油危機のトイレットペーパー買い占め騒動、関東大震災での朝鮮人来襲説、東日本大震災時の買いだめ騒動などの具体例が分析されます。
 情報という側面から捉えると、うわさによって伝えられた情報が真実であれば、「口コミ」と呼ばれ、誤りであれば、「デマ」、「流言」、「ゴシップ」、「風評」、「都市伝説」などと呼ばれ、うわさの多様な形態が述べられます。
 人と人の関係性という点から、豊川信用金庫取り付け騒ぎが分析されます。この事件は、うわさの伝達経路が明らかにされた数少ない事件ですが、このうわさの経路をたどることにより、「うわさを信じ安い人がパニックになって預金を引き下ろしに走った」という捉え方を著者は否定します。うわさとは、ごく一部のだまされやすい人が広めるものではなく、うわさに係わった人は冷静にうわさに接し、念のためにとか、嘘かも知れないがとりあえず、といった形でうわさを伝えたのです。うわさを理解するためには、うわさに対する一方的、否定的見方を改めることが必要だと述べています。
 第二章では、今まで心理学や社会学など様々の領域から「うわさ」について研究が行われてきましたが、その中から3つの古典的研究が紹介されます。
 まず、アメリカの心理学者オルポートとポストマンによる『デマの心理学』。この理論は、目撃情報は人から人へと伝達する内に細部が抜け落ちる「平均化」、一部分が誇張される「強調」、伝達する人々の先入観に逢うように変化する「同化」、という3つの変容を受けることを明らかにしたものです。つまり、うわさとは、情報の崩壊過程として捉えたわけです。
 次は、アメリカの社会学者のタモツ・シブタニの『流言と社会』。シブタニは、うわさとは、「曖昧な状況に巻き込まれた人々が、自分たちの知恵を寄せ集め、その状況についての有意味な解釈を行おうとするコミュニケーション」と定義しました。つまり、うわさは、情報の生成過程として捉える理論です。
 三つ目は、日本の社会学者の清水幾太郎の『流言蜚語』。清水は、2.26事件の言論統制を分析し、言論統制により禁じられた世論が流言蜚語として流出すると述べ、当時の社会のあり方を批判しました。
 著者は、これらの古典の限界を2つ指摘しています。一つは、都市伝説などの平常時のうわさが捉えられないこと。二つめは、うわさを伝える媒体・メディア役割が考察されていないことです。
 第三章では、口裂け女や人面犬ブーム、学校の怪談など、平常時の「うわさ」である都市伝説について分析が行われます。
 第四章では、人間関係におけるうわさの意味や働きなどが述べられます。うわさとは、既存の人と人の関係を伝わってゆくものであるがゆえに、人間関係を作る上で重要な役割を果たしていること。ゴシップは楽しい話題として、また集団規範を確認したりする上で、コミュニティにとって必要なものであることなどが論じられます。
 第五章は、うわさとメディアとの関係です。
 第六章は、ネット社会のうわさ~2010年代の光景です。
 この中で、東日本大震災での「風評被害」について、次のように述べています。
・・・風評被害はうわさから生じているわけでも、「不確かで誤った情報」から生じているわけでもない。・・・必要な情報が手に入らない場合だけでなく、政府などの公的機関が情報を隠しているのではないかという不信感、不安感の中で、様々の情報に基づいて個人が採用する「合理的な行動」が引き起こす予期せぬ結果が、風評被害である・・・
  政府関係者が放射能を予測するスピーディの情報を公開しなかった理由を「パニックが起きるのを恐れたため」とすることについても、著者は、これは「パニック神話」であると批判的に紹介しています。

 数日前、福島県が18歳未満の30万人の甲状腺検査を終えた結果を公表しました。子供の甲状腺ガンが100人ほど見つかったが、放射能の影響は確認できなかった、とする内容です。子供の甲状腺ガンは、通常は100万人あたり1人です。通常の300倍を超える患者が発生しているにもかかわらず、放射能の影響は確認できないと言っています。マスコミの扱いも極めて小さいです。チェルノブイリの経験から、放射線の影響による甲状腺ガンは、初期でも転移することが知られています。福島の子供は大丈夫なのでしょうか。2.26事件の時代のような「流言蜚語」が飛び交う時代がやって来ているのでしょうか。

 ここだけの話~、この本、内容をまとめるのにかなり苦戦しました。著者の論旨がイマイチくみ取りにくいです。しかし、「風評被害」というものを考える上で参考になりました。「うわさ」学の入門書です。     お薦めします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

宇治市生涯学習センター 写真展示

  宇治市生涯学習センター の1Fホールに蓮の写真が展示されています。私の写真は4枚展示されています。この展示会を企画・準備されたのは夢花さんという方で、親切にも、声を掛けていただきました。

  【日程は次の通りです】
   8月25日~28日   9時~17時   宇治市生涯学習センター 1F
   宇治市役所など近くまでお越しの場合、足を延ばしてお立ち寄り下さい。
   岩崎さんというデジタル写真の講師をされていた方が、撮り方などの質問に答える企画もあります。

  私以外の出展者は、夢花さん、ギャラリー輝子さん、岩崎さん、中井さんです。
        夢花さんのサイトは→こちら
        輝子さんのサイトは→こちら

  私の写真は次の4枚です。(展示会のテーマが蓮ですので蓮の写真です)
    Hasuten02


朝の挨拶 

 

   
   

   Hasuten03


蓮の息

 

   

                       Hasuten01


葉陰  
  

  
  

      


   Hasuten04_2



寒月

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

二十四節気「処暑」2014

 8月23日は、二十四節気の「処暑」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「 陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也」です。暑さは次第に収まり、秋の気配が次第に感じられるようになる頃です。朝夕は涼しさを感じるようになり、夜は虫の声も聞こえてくるようになります。
 この節気の七十二候は次の通りです。
   ★初候 :8/23~ ; 綿のはなしべ開く  綿の実を包む萼が開く頃
  ★次候 :8/28~ ; 天地始めてさむし  暑さが収まり涼しさを感じる頃
  ★末候 :9/02~ ; 禾乃ちみのる    稲が実る頃
    9月8日が、次の節気「白露」です。

 今年は異常気象のために、すでに秋雨前線が活発に活動し、一部の地方に大雨被害をもたらしています。去年の今頃は、猛暑に襲われていた記憶があります。
 では、今の時期の木津川土手にご案内しましょう。今回も、写真詩風にやってみます。写真を見ながら言葉をつけていますので、説明的になったり、全体のつながりが崩れたり、うまくいかないですね。今回が最後になりそうです。

            「処暑の日に」

    激しかった日々はゆるやかにに静まり
    澄み渡る空に実りの予感が運ばれてきた
    蓮はまだ夏の夢を追いかけ
    夏の忘れ物を捜す少年は畦道を駆けていく
Shosho101Shosho101_02Shosho101_01   

 

 

   
    

 

    田んぼに迷い込んだ蓮に許されるのは
    夏の夢を見ることだけだ
    睡蓮が湧き上がる雲を欲しがっても
    雲はもう流れてゆくばかりだ
Shosho201_01Shosho201Shosho201_02


  

 

      

    田んぼでは稲の穂が花をつけ
    水田の雑草さえも忙しい
    土手ではつるぼの花が目を覚まし    
    豊かな実りの時が刻まれていく
Shosho301Shosho301_01Shosho301_02


   

 

    
    エノコロ草は無数の種子をつけ
    山法師は土手の上で実を結び
    赤い実は地面に伏して希望の春を待つ
    明日のためにこそ豊かな実りはある
Shosho401Shosho401_01Shosho401_02


   

 

    

    私は明日のために
    豊かな何かを準備できただろうか
        繰り返す自問を残し
    夕日は赤く明日の喜びを歌っている
Shosho501_02Shosho501_01Shosho501   

 

 

 

   次は、上以外の写真で、今の時期の土手周辺を紹介しましょう。
 激しい雷雨の日、蓮田に行ってみました。葉の上に水が溜まっています。あちこちで、葉っぱから水が落ちる音が聞こえます。蓮の花の時期も終わりですね。
Shosho601Shosho602Shosho603


  

 

 

 

   ここのとこずっと天気が不順で、天気がめまぐるしく変わりますが、実は、撮影にはいろいろな雲があった方が面白いですね。毎日、多様な夕雲を見ることも出来ます。
Shosho701Shosho701_01Shosho702  

 

 

 

   次も夕雲です。日中は曇っていても、夕焼けだけは美しい日があります。行ってみないと分からないです。
Shosho801_5Shosho801_02_3Shosho802_01_3


  

 
 

    お別れの3枚です。木津川土手の大榎。蝶。蔓簿の花。  では。また。
Shosho901_2Shosho901_01_2Shosho901_02_2





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

柚木麻子著「本屋さんのダイアナ」感想

 Honyasan
  柚木麻子著「本屋さんのダイアナ」(新潮社)を読みましたので感想を書かせていただきます。なんせ読解力もなく、おまけに小説嫌いときているので久々の小説の感想です。
 「少女から大人への輝ける瞬間。強さと切なさを紡ぐ長編小説」、「現代の赤毛のアン」、「直木賞候補作品」などの宣伝文句につられて買ってしまいました。

 ヒロインは二人。一人は、「大穴」と書いて「ダイアナ」と読ませる名前の、髪を金髪に染めた少女です。水商売をする母が、16歳の時産んだ子で、父は家を出たまま行方不明。ダイアナは、父にあこがれつつ、読書を心のよりどころとしています。
 もう一人のヒロインは「彩子」。母は自宅で料理教室を開き、父は大手出版社の編集者で、いわゆる良家の優等生です。
 二人は、小学3年のクラスで一緒になり親友になります。ダイアナは彩子の上品な家庭に憧れ、一方の彩子は、アパート暮らしながらも自由奔放に生きているダイアナの家庭に惹かれていきます。6年生になり思春期を迎えた二人は、同級生の男の子をめぐる些細な誤解から、絶交状態になります。再会するのは10年後とも知らずに。ここから、二人それぞれの人生、成長の物語が描かれていきます。
 ダイアナは、地元のちょっとワルの多い公立中学・高校へと進学します。自分に背負わされた環境や「大穴」という名前、行方知らずの父。これらの「呪い」にもがき、自己を否定し、他人との間に壁を作り孤立しながらも必死に生きていくダイアナ。高校卒業後、本屋を開くという夢に近づくため、書店のアルバイト店員として働くようになります。
 一方の彩子は、受験に苦しみながらも名門女子中学・高校へ。そして有名私立大学へ進学します。しかし、そこで男女間のことで失敗します。彩子は、自分の今までの努力が生きるためには何の力にもならないことに気づきます。しかし、それを認めたくない自分に負けて、偽りの恋愛へと陥っていきます。
 二人の共通の愛読書「秘密の森のダイアナ」。困難に立ち向かい生きようとするダイアナの姿。友情。それらに導かれ、彩子は、自らを縛っていた「呪い」に勇気をふるって立ち向かい、その呪いをついに解き放ち、女性として自立への道を歩み始めます。
  ダイアナもまた、再会した彩子に促され、まるで理想とはほど遠い生活力のない父との再会を果たします。あるがままの現実を受け入れ、ダイアナもまた「呪い」を解き放っていくのです。
 あらすじを書くのは難しいです。特に、著者が仕組んだ仕掛けをいちいち説明するのは、短いスペースでは無理です。読んでのお楽しみということで。楽しめるかどうかは人によりますが・・・。

 人は、その人それぞれの生い立ちを背負い生きていかねばなりません。そして、それを乗り越え成長していくには、自分自身の力によるしかないのです。自らに背負わされた自縄自縛の「呪い」を解こうと必死にもがく少女たち。いじらしくもあり、ほほえましくもあり、また痛々しくもあります。自分自身の弱さに気づき、ありのままを受け入れ成長していく二人の少女の物語、私は十分楽しめました。エールを送りたい気持ちも湧いてきます。「現代の赤毛のアン」という宣伝も許されるのではと思います。
 この本、お薦めします。
 ただし、「赤毛のアン」だからと言っても、小中学生にはちょっと薦められない場面もある「大人限定版赤毛のアン」です。           では。また。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

骨髄線維症予後予測モデルについて

  骨髄線維症予後予測モデルについて勉強しましたので、簡単にまとめてみます。
 資料の出所は、「髄線維症診療の参照ガイド第2版 平成25年度」(髄線維症の診断基準と診療の参照ガイド作成のためのワーキンググループ編)です。私は、医学のことは全く素人ですので、詳しくは直接、元の資料を見てください。→こちらから

 ①骨髄線維症の年齢階層は?
    新規原発性骨髄線維症の診断時の年齢階層は、調査対象となった623の症例について次のグラフのようになっているそうです。50歳以上が多いですね。
Yogo101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ②全体的な予後?
 全体としての予後は、次のグラフのようになっています。1999-2013年の日本での新規発症623例の解析では、3年生存率57%、生存期間中央値は3.8年です。主な死因は、感染症13%、出血6%、白血病化14%です。かなり厳しいですね。
Yogo201   

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 ③予後因子、リスク分類
   原発性骨髄線維症の臨床経過や予後は均一ではなく、症例間によるバラツキが大きいようです。それで、治療方針決定のために、個々の症例のリスク因子を評価する予後予測モデルが使われています。
  IPSSモデル、それをさらに改良したDIPSSモデルなどがあるそうです。
 ちなみに、IPPSモデルでの予後不良因子は、★65歳以上 ★持続する臨床症状(10%以上の体重減少、発熱、盗汗) ★Hb<10 g/dL ★白血球数>25,000/μL ★末梢血の芽球≧1%の5項目です。予後不良因子の数が0個、1個、2個、3個以上の場合の生存期間中央値は、それぞれ11.3年、7.9年、4.0年、2.3年とありました。
 次の表が、各モデルごとのリスク因子のスコアです。
Yogo301

 ④各モデルごとのリスク別予後
 各モデルごとに、リスク別の予後をグラフ化したものが次のグラフです。
Yogo4a_3  

⑤二次性骨髄線維症の場合
  二次性骨髄線維症の場合は、IPSSモデルではうまく評価出来ないようです。次のグラフは、二次性骨髄線維症166例についてのものですが、低リスク、中間-1リスクおよび中間-2リスクの間で生存率に違いがみられないようです。二次性骨髄線維症の予後予測に対しては、適切なモデルは今のところ分かってないそうです。
Yogo5

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

定期診察の日(76)

  今日は、KS病院での定期診察でした。遠くにある台風12号の影響か、蒸し暑く、雨のぱらつく一日でした。
 最近は、体調の悪さもとれて平常生活になりました。体重は減ったまま横ばい状態ですが・・・。
 それから、ピロリ菌除菌の抗生物質を一週間続けました。かなりの下痢状態が続きましたが、薬が終了すると下痢は一日で止まりました。除菌が成功しているといいのですが、成功したかどうかの検査は2ヶ月後です。
 さて、診察の結果ですが、血小板数は、少し減少して63万/μlでした。ヘモグロビンはさらに低下しました。貧血傾向の低空飛行状態です。ヘマトクリットも、今までで一番の低値になりました。
 中性脂肪、カリウム、尿酸値、LDH、γGTPなども変わらず異常値のままです。
  と言うわけで、特に大きな変化はなかったです。  では。  また。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

二十四節気「立秋」2014

  8月7日は、二十四節気「立秋」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「初めて秋の気立つがゆへなれば也」です。今日からいよいよ秋です。一年中で一番暑い頃ですが、これからしだいに、涼しい風か立ち始めます。
 この節気の七十二候は、次の通りです。
  ★初候: 8/07~: 涼風至る      涼しい風が立ち始める頃  
  ★次候: 8/12~: 寒蝉鳴く      ヒグラシが鳴き始める頃
  ★末候: 8/18~: 深き霧まとう  深い霧が立ち始める頃
      8/23日が次の節気「処暑」です。

  台風の連続攻撃で不順な天候が続いていますが、「立秋」の今日は、少し晴れて蝉の声が聞こえています。では、早速木津川土手へ出かけましょう。前回に引き続き、写真詩風にやっていきます。詩とは言えないような下手くそな詩で申し訳ないです。言い訳ですが、写真を見ながら無理矢理言葉をつけていますので難しいです。

       「季節の扉」
    暦が秋の扉を開いた日 
   百日紅の花が咲き
   樹上で油蝉が夏の歌を合唱している
   蓮は夏の陽ざしの中で眩しい
   季節はゆっくりと歩むものなのだ
Risshuushi101Risshuushi101_01Risshuushi101_02


   

 

 

 

   季節を語るのは雲だ
      まだ入道雲が夏を語っている
   湧き上がる雲は形を変え
   少年の日の想い出を捜している

Risshuushi201Risshuushi201_01Risshuushi201_02   

 

 

   
      

   季節を運ぶのは風だ
   ゆっくりと歩めば気づくだろう
      青田の上を吹き渡る風の涼しさに
   風に揺れる山法師の赤い実に
   散った花びらが涙に濡れていることに 

Risshuushi301Risshuushi301_01Risshuushi301_02   

 

 

 

   
      季節を造るのは出会いと別れだ
   出会いには 心ときめかせ
   別れには 涙する
   季節の歩みはいつも人と同じだ

Risshuushi401Risshuushi401_01Risshuushi401_03   

 

 

 

 

 

       すべての扉が閉じられる日が来たら
   涙をぬぐい遙か遠くを見つめるのだ
   地平の向こうに一つの扉が見えるだろう
     その扉に向かってゆっくりと歩むのだ
      季節のようにゆっくりと

Risshuushi501_01Risshuushi503Risshuushi502


  

 

 

  
   では、その他の写真を紹介しましょう。
 「立秋」の今日は、秋の雲と夏の雲が同居する一日でした。まさに季節を語るのは雲であり、季節のうつろいは出会いと別れですね。
 まず、秋めく今日の雲です。
Risshuushi602Risshuushi601Risshuushi603


   

 

 

  次は、夏を感じさせる写真です。
 広がる青田。蓮の花。百日紅の花。
Risshuushi701Risshuushi701_01Risshuushi701_02


  

 

 

   今日出会った花です。
 近所にある池の睡蓮です。絶えず発生する泡や、ミズスマシのたてる水の輪が面白いです。土手近くのヒマワリ。土手のヒルガオ。
Risshuushi801_02Risshuushi801_01Risshuushi801


  

 

 

   季節を運ぶのは風。風を感じる写真です。
Risshuushi901_01Risshuushi902Risshuushi901


  

 

 

   お別れの3枚です。
 エノコログサが咲き、杭が続く土手。遠く見えるのは比叡山。よく見かけるようになったトンボ。ハスが「さようなら」をしています。  では。 また。
Risshuushi9101Risshuushi9101_02Risshuushi9101_01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »