« 柚木麻子著「本屋さんのダイアナ」感想 | トップページ | 宇治市生涯学習センター 写真展示 »

2014年8月23日 (土)

二十四節気「処暑」2014

 8月23日は、二十四節気の「処暑」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「 陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也」です。暑さは次第に収まり、秋の気配が次第に感じられるようになる頃です。朝夕は涼しさを感じるようになり、夜は虫の声も聞こえてくるようになります。
 この節気の七十二候は次の通りです。
   ★初候 :8/23~ ; 綿のはなしべ開く  綿の実を包む萼が開く頃
  ★次候 :8/28~ ; 天地始めてさむし  暑さが収まり涼しさを感じる頃
  ★末候 :9/02~ ; 禾乃ちみのる    稲が実る頃
    9月8日が、次の節気「白露」です。

 今年は異常気象のために、すでに秋雨前線が活発に活動し、一部の地方に大雨被害をもたらしています。去年の今頃は、猛暑に襲われていた記憶があります。
 では、今の時期の木津川土手にご案内しましょう。今回も、写真詩風にやってみます。写真を見ながら言葉をつけていますので、説明的になったり、全体のつながりが崩れたり、うまくいかないですね。今回が最後になりそうです。

            「処暑の日に」

    激しかった日々はゆるやかにに静まり
    澄み渡る空に実りの予感が運ばれてきた
    蓮はまだ夏の夢を追いかけ
    夏の忘れ物を捜す少年は畦道を駆けていく
Shosho101Shosho101_02Shosho101_01   

 

 

   
    

 

    田んぼに迷い込んだ蓮に許されるのは
    夏の夢を見ることだけだ
    睡蓮が湧き上がる雲を欲しがっても
    雲はもう流れてゆくばかりだ
Shosho201_01Shosho201Shosho201_02


  

 

      

    田んぼでは稲の穂が花をつけ
    水田の雑草さえも忙しい
    土手ではつるぼの花が目を覚まし    
    豊かな実りの時が刻まれていく
Shosho301Shosho301_01Shosho301_02


   

 

    
    エノコロ草は無数の種子をつけ
    山法師は土手の上で実を結び
    赤い実は地面に伏して希望の春を待つ
    明日のためにこそ豊かな実りはある
Shosho401Shosho401_01Shosho401_02


   

 

    

    私は明日のために
    豊かな何かを準備できただろうか
        繰り返す自問を残し
    夕日は赤く明日の喜びを歌っている
Shosho501_02Shosho501_01Shosho501   

 

 

 

   次は、上以外の写真で、今の時期の土手周辺を紹介しましょう。
 激しい雷雨の日、蓮田に行ってみました。葉の上に水が溜まっています。あちこちで、葉っぱから水が落ちる音が聞こえます。蓮の花の時期も終わりですね。
Shosho601Shosho602Shosho603


  

 

 

 

   ここのとこずっと天気が不順で、天気がめまぐるしく変わりますが、実は、撮影にはいろいろな雲があった方が面白いですね。毎日、多様な夕雲を見ることも出来ます。
Shosho701Shosho701_01Shosho702  

 

 

 

   次も夕雲です。日中は曇っていても、夕焼けだけは美しい日があります。行ってみないと分からないです。
Shosho801_5Shosho801_02_3Shosho802_01_3


  

 
 

    お別れの3枚です。木津川土手の大榎。蝶。蔓簿の花。  では。また。
Shosho901_2Shosho901_01_2Shosho901_02_2





|

« 柚木麻子著「本屋さんのダイアナ」感想 | トップページ | 宇治市生涯学習センター 写真展示 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

どうもどうもです。

素晴らしい木津川風景を満喫させて頂きました。
一番下の右と左の人が入った画像が好きです。
夕日はいいですね。

私も腰を上げないといけないのですが、
なかなかです。宇治田原も彼岸花が咲けば
飛んで行きますが。
流れ橋、残念ですね。

投稿: 輝子 | 2014年8月25日 (月) 21時23分

輝子さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私も、宇治田原にはなかなか撮影に行けていません。
がんばってロケハンに行かなくてはです。
もう、キツネノカミソリは咲いているかもです。
近々見に行ってきます。

投稿: 墓石 | 2014年8月25日 (月) 21時32分

墓石さん

たしかに風景が秋の気配を感じさせます。
わたしも夕焼けの写真が好きです。
特に、下から2段目の左端と真ん中の写真が素敵です。
まるで、誰かが絵に描いたみたいです。
自然は凄いなあと思います。

投稿: kazumi | 2014年8月26日 (火) 14時52分

kazumiさん、コメントありがとうございます。

日本は、今完全に秋に突入です。異常気象ですね。
秋雨前線で各地に大きな被害が出ています。
私の住んでいるところも、朝から雨です。
美しい夕焼けを望んでいますが、秋晴れは来週に
なるらしいです。

投稿: 墓石 | 2014年8月26日 (火) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/60195496

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「処暑」2014:

« 柚木麻子著「本屋さんのダイアナ」感想 | トップページ | 宇治市生涯学習センター 写真展示 »