« 二十四節気「芒種」2014 | トップページ | 瀬木比呂志著「絶望の裁判所」感想 »

2014年6月13日 (金)

定期診察の日(74)・関連サイトへのリンク

  今日は、KS病院の定期診察に行ってきました。時々、梅雨とは思えない激しい雨の降る一日でした。
 さて、結果ですが、血小板数は、ほぼ横ばいの67万/μlでした。ヘモグロビンは、再び劇的に減少しました。過去の最低にもどりました。前回、劇的に増加したのに、再び減少に転じたわけです。前回がちょっとぬか喜びだったようですね。道理で、最近よく立ちくらみがあると思っていました。
 中性脂肪、カリウム、LDH、γGTPなどは異常値のままです。尿酸値は、なぜか正常値の範囲に入りました。??。
 足の痺れや脇腹の違和感、微熱などの症状も相変わらずです。
 それから、糖尿病のHbA1cの検査は6.4で、前回より増加しました。努力して低炭水化物食をやってみて、体重が1kgほど減少しましたが、数値には反映しなかったようです。食事療法もこれが限界かも・・・。
 前回、血圧が150~90と高めでした。朝と夜の2回のチェックを続けましたが、高い状態は一時的なものだったようです。
 診察のたびごとに、質問を一つに絞って聞くことにしていますが、今回は時間が大幅に遅れていたので、配慮して質問は無しです。
 以上、病状に急激な変化は無しです。抗ガン剤の量は、今まで通りです。
                
 【病気に対するリンクのまとめ】
    血液ガン・慢性骨髄増殖性疾患に関連するサイトへのリンクをまとめてみました。

  ★最新医学社  慢性骨髄増殖性疾患 →こちら

 ★特定非営利法人 血液情報広場「つばさ」 →こちら

  ★もっと知ってほしい「血液ガン」のこと       →こちら
        ◎お薦め動画=慢性骨髄増殖性疾患       →こちら
  ★FaceBookもっと知ってほしい「血液ガン」のこと  →こちら

  ★骨髄増殖性腫瘍患者・家族会(MPN-JAPAN) →こちら

  ★MPNアドボカシー・教育国際  →こちら

 ★PAL Project  →こちら

  ★ 日本血液学会  →こちら

|

« 二十四節気「芒種」2014 | トップページ | 瀬木比呂志著「絶望の裁判所」感想 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

今日は梅雨の晴れ間でしょうか。

検診結果はまずまずで、平穏で良かった
ですね!多くは望まず平穏が1番。

それにしても元気で、撮影に読書に頑張って
られ敬服します。凄い事ですよ。
抗癌剤といっても軽いものを投与ですか?

年と共に体調の変化もあって、ちょっとした
皮膚科と闘ってます。何でもアリの人生ですね。

投稿: 輝子 | 2014年6月14日 (土) 18時02分

輝子さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

65歳過ぎると、人間何があっても不思議ではないですね。
輝子さんを見習って、毎日を感謝しながら生きようと思っていますが、
何しろ俗な人間ですので、邪念が多いです。
抗ガン剤は、骨髄を抑制するアルキル化剤系の薬です。
微量ですので、急激な作用は少ないですが、長期使用で癌が発生するとか?

今日は、蓮田の様子を見てきました。ボチボチ葉が出てきましたね。

投稿: 墓石 | 2014年6月14日 (土) 19時57分

病状に急激な変化がなくてまずは一安心。
でも、ヘモグロビンが下がったのと
食事療法が数値に反映しなかったのは
残念でしたね。
わたしも食事制限があるのですが、
厳守するのは難しいです。

ところで、リンクのまとめありがとうございます。
最新医学社と日本血液学会のことは
はじめて知りました。

投稿: kazumi | 2014年6月15日 (日) 05時05分

kazumiさん、コメントありがとうございます。

食事療法は、緊迫感が無いだけに、かなりいい加減になりがちですね。
あまり、必死にならずてきとうにやっています。


これからもよろしくお願いします。

投稿: 墓石 | 2014年6月15日 (日) 09時51分

いつも、情報ありがとうございます。

一気にヘモグロビンが下がったら、さすがに不安になられたでしょ…普段の生活が息切れ、眩暈と…やや大変ですね。転けないよう気を付けて下さいね。

投稿: 寺っち | 2014年6月17日 (火) 23時02分

寺っちさん、コメントありがとうございます。

立ちくらみ、イヤですね~。
崖の上などに立たないように注意しています。
ありがとうございます。

投稿: 墓石 | 2014年6月18日 (水) 08時57分

おはようございます。

崖の上 やめてください!! いいアングルがあってもですよ〜!!
数値の上下には心動きますよね。あまり大げさに考えないようにしていますが、やっぱり気になりますよね〜。

私の地元の先生は脅かす訳ではありませんがと脅かします。
大学病院の先生は、大丈夫、大丈夫まだまだ心配するようなことはありませんよ。っていって今できる指示をくれる。
先生の大丈夫ですよ〜、いいですね〜、って結構大事じゃないかと思います


投稿: J | 2014年6月18日 (水) 12時08分

Jさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

崖の上は、以前から十分注意しています。過去に一度滑り落ちて、
指を骨折したことがあります。指が変な方へ曲がっていました。
コンビニ袋が、撮影の邪魔になったので、取ろうとした時のことです。

医者の言葉は、いつも微妙ですね。大丈夫と言われると、軽く扱われている
ように思えるし、重く言われると悲観的になりますし。
私の主治医は、「ものの本によると~~」という言い方をすることがあります。
臨床経験ではなく、本にたよっいるかと思うと、不安になりますね。

投稿: 墓石 | 2014年6月18日 (水) 14時24分

こんにちは。
私も急に赤血球やHbが下がった時がありました。
出血もしていないのに、どうして急に落ちたのか原因不明で医師もわかりませんでした。
赤血球は寿命が長いので出血など以外は、徐々に下がるのらしいです。
いろんなことがありますね。
でもお変わりなくて良かったです。

投稿: alice | 2014年6月18日 (水) 18時50分

aliceさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

aliceさんも、大きく変化することがありましたか。
理由も分からず、あれこれ数値が変化するので、気にはなりますね。
私は、原因を最後まで突き止めたい性格なので、損な性格です。
イライラしてきます。人間が小さいのですね。
あまり気にせずに過ごすのが大事なんでしょうね。
なるようになっていくんですから。

投稿: 墓石 | 2014年6月18日 (水) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/59810138

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察の日(74)・関連サイトへのリンク:

« 二十四節気「芒種」2014 | トップページ | 瀬木比呂志著「絶望の裁判所」感想 »