« 大森与利子著:「心いじり」の時代 | トップページ | 定期診察の日(73)・治療の基本方針 »

2014年5月12日 (月)

姪の結婚式

 先々日、姪の結婚式があり出席してきました。
Kekkon01_2    私は六人兄弟のため姪や甥も多く、過去にもいろいろな場所での結婚式を経験しましたが、今回は徳島県鳴門市にある大塚国際美術館が式の会場でした。
 大塚国際美術館は、美術館建築の大きさでは日本一だそうです。特殊技術によって世界の名画を陶器の板に原寸で焼き付けた陶板複製画が、1000点以上も展示されています。ミケランジェロの『最後の審判』のあるシスティーナホールは、壁画ばかりでなく礼拝堂全体が再現されています。すべて原寸大というのが凄いですね。(左の写真)この日は、フラワーシャワーが、この場所で行われました。横綱白鵬の披露宴もこの会場だったそうです。

Kekkon01_01  結婚式は、スクロヴェーニ礼拝堂を再現した礼拝堂で行われました。写真は、入場する花嫁です。なかなか良い雰囲気です。参加者総てが、幸せになれそうな雰囲気に包まれています。どれくらい費用がかかるのか、ちょっと気にはなりますが・・・。

 私は六人兄弟の末っ子で、勝手気ままに人生を送ってきました。社会性に乏しく、親戚付き合いもろくにしてこなかったため、新婦家族が関東圏に住んでいるということもありますが、新婦と会ったのはごく最近のことで、遙かに遠い親戚という感覚に襲われてしまいます。
 新婦は関東圏の国立大学の英文科を卒業後、某大企業のセールスエンジニアとして活躍し、海外駐在員として海外生活の経験も豊富だそうです。趣味は広く、空手は有段者の腕前ということです。自分のやりたいことをどんどん楽しみ、グローバルな世界で活躍する新婦を見ていると、私からは、ますます遙かに遠い、という感覚が湧いてきます。
 気になる新郎ですが、T芸大を卒業して、N放送局の映像ディレクターをされている方だそうです。出身が徳島なので、この結婚式場を選んだということです。ビデオカメラ2台で式の様子が撮影されていましたが、映像の生データをすべて受け取り、自分自身の手で編集するということでした。さすが映像のプロですね。
  披露宴の中では、新婦の「手紙」の朗読が輝いていました。父への深い愛情がにじみ出ていました。
     二人の今後のご活躍と家庭生活の幸せを心からお祈りします。
 
 今回の結婚式では、六人兄弟の内の五人が集うことができました。
 長兄が、春の叙勲で「瑞宝中綬章」を受章するため、皇居に行くという話でした。こんな場合、常識的には、お祝いをするものなのでしょうね。私は今まで、入学、出産など、親戚の慶事にお祝いをした記憶が思い出せないです。この歳になって、いつまでも末っ子気分でいるのはいけないのでしょうね。手遅れですが、反省します。  では。

|

« 大森与利子著:「心いじり」の時代 | トップページ | 定期診察の日(73)・治療の基本方針 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

暑さを覚える位になりましたね。
姪子さんの結婚式で鳴門まで行かれましたか。
兄弟が多いのは私なんか羨ましいですが、
お付き合いも大変ですね。奥様がお付き合いの
物は送ってられるかも?

末っ子は気楽ですね。夫も6人の末っ子でして、
責任感に乏しいかも?
流石に皆さん、社会的に素晴らしい方々ばかり。
新郎新婦さんも前途有望ですね。
新婚、、、我が世の春で、目に浮かぶ様です。

投稿: 輝子 | 2014年5月14日 (水) 23時08分

輝子さん、おはようございます。

輝子さんのご主人も、6人の末っ子ですか。
しかし、二人ともしっかりしておられると思います。
私など、末っ子気分がついに抜けきらず、気まま状態です。
妻の方も・・・。

投稿: 墓石 | 2014年5月15日 (木) 10時12分

墓石さん、おはようございます。

姪御さんのご結婚、おめでとうございます。
ステキなところで結婚式を挙げられましたね。
ご当人さまも、そして親族の方々にとっても心に残る
結婚式になったのでは・・・(^_^)

私は実家が鳴門にありますが、大塚美術館にはまだ行った
ことがないので、時間を作って一度は行ってみたいです。
3月に帰郷した時、私は時間がなく主人がひとりで訪れたのですが、大変感動しておりました。

車椅子が借りられるようなら、高齢の両親にも見せてあげ
たいです。

投稿: yasubee | 2014年5月18日 (日) 09時00分

yasubeeさん、おはようございます。

えっ、yasubeeさんの実家は、鳴門ですか。
大塚美術館は、いいですね~。美術史の勉強には最適です。
今回は、ちょっと時間が足りなかったです。もう一度ゆっくり
行きたいと思います。渦潮も見たいです。

投稿: 墓石 | 2014年5月18日 (日) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/59632369

この記事へのトラックバック一覧です: 姪の結婚式:

« 大森与利子著:「心いじり」の時代 | トップページ | 定期診察の日(73)・治療の基本方針 »