« 姪の結婚式 | トップページ | 二十四節気「小満」2014 »

2014年5月16日 (金)

定期診察の日(73)・治療の基本方針

  今日は、KS病院の定期診察に行ってきました。今日は、珍しく予定通りの時間に診察が始まりました。
 さて、結果ですが、血小板数は、ほぼ横ばいの72万/μlでした。ヘモグロビンは、劇的に増加しました。理由は分かりませんが、こんなこともあるんですね~。そう言えば、最近、立ちくらみがマシになってきていました。 これは良いことだと素人ながら思いますね。
 中性脂肪、カリウム、LDH、γGTP、尿酸値などは異常値のままです。
 足の痺れや脇腹の違和感、微熱などの症状も相変わらずです。
 それから、糖尿病のHbA1cの検査は6.3で、前回と同じでした。もう少し、努力が必要のようです。
 血圧が150~90と高めでした。最近、家でのチェックを怠っていました。毎日のチェックを再開します。
 以上のように、病状に急激な変化は無しです。抗ガン剤の量は、今まで通りです。
                
  ・・・診察のたびごとに、質問を一つに絞って聞くことにしています。・・・
 一度にたくさんすれば、忙しい医師を苛つかせることになるかもも知れないので、ちょっと配慮しています。よけいな配慮かもしれませんが・・。
   【今日の質問】
 今日は、以前から気になっていた、治療方針の基本にかかわる疑問です。
 ★「骨髄が繊維化して造血機能が少なくなってきているのに、なぜ、抗ガン剤で骨髄抑制をして、造血を押さえるのか? これは矛盾しているのでは? かえって脾臓への造血機能の移転を進めないか?」という質問です。この質問に、図を書いて説明がありました。超要約すると、次のようなことです。
 ①骨髄の繊維化が進めば、その分、造血機能は脾臓や肝臓に移転していく。
 ②しかし、抗ガン剤の骨髄抑制は、増血細胞の分裂を抑えているだけなので、脾臓や肝臓への造血機能の移転は無関係である。
 ③現在の段階では、血小板が多いことにより、骨髄の繊維化が進むと考えられる。
 ④したがって、血小板を低い状態にする必要があるので、抗ガン剤が必要である。
 ⑤血小板が多いと内臓にダメージがかかる。
 ⑥もう少し病状が進むと、逆に血小板などの血球全体が減り始める。
 ★「薬の服用の仕方として、たくさんの量を服用し数値を改善させ薬無しの期間をとるのと、少量の薬を連続して服用するのとでは、どちらが長期使用リスクを減らせるか?」 医師の回答は、「一度に服用する量が多い方が危険、毎日少なく続ける方がよい。」でした。ただし、ハイドレア、マブリン散についてのことです。
  たいして意味のない質問だったかも・・・・。       では。 また。

|

« 姪の結婚式 | トップページ | 二十四節気「小満」2014 »

コメント

墓石さん

はじめまして!骨髄繊維症の患者さんのブログを探していたら、ここに辿りつきました。私も、本態性血小板血症から骨髄繊維症に移行しました。墓石さんのヘモグロビンの値が上がっていて良かったですね!貧血はつらいですから。私も今、ブログを設定しているところなので、また後で、遊びにこさせていただきます。よろしくお願いします。

投稿: kazumi | 2014年5月18日 (日) 06時32分

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

平行線で良かったですね。
まずはそれですよね。

でも墓石さんは元気に外へ出られるから
他人から病気に見られないでしょ。
また病気は気からといいますから、精神的に
写真は効果有、でしょうね。

投稿: 輝子 | 2014年5月18日 (日) 08時38分

kazumiさん、ご訪問ありがとうございます。

おなじ病気ですか。
ブログを始められるとのこと。始まったら、またご連絡下さい。

投稿: 墓石 | 2014年5月18日 (日) 09時06分

墓石さん、おはようございます。

立ちくらみがマシになられたようで、良かったですね。
墓石さんのステキなお写真を、時々拝見させていただくのを楽しみにしております。

ご無理なさらない程度に楽しませて下さいね(笑)

投稿: yasubee | 2014年5月18日 (日) 09時14分

輝子さん、おはようございます。

今日はよい天気です。久々に木津川土手に散歩に行く予定です。
病気が横ばい状態で、なにより結構なことです。

夢花さんから写真展の計画の連絡がありました。
よろしくお願いします。

投稿: 墓石 | 2014年5月18日 (日) 09時15分

yasubeeさん、おはようございます。

なぜか、ヘモグロビンが上昇しました。
立ちくらみも少なくなり、散歩に行く気が出ました。
今日は、土手を自転車で走ってみます。

投稿: 墓石 | 2014年5月18日 (日) 10時28分

おはようございます。二月に保険のことでアドバイスを頂いたものです。お礼が大変遅れてしまって失礼しました。ありがとうございました。この病で新な保険には入れませんが、公的な保険制度もあるということでほっとしています。
私はパートをしながら三人の子育てで毎日あっという間にすぎています。こちらは雪国なので2月、3月のネコヤナギや梅の写真は春の訪れが待ち遠しくてとても癒されました。最近気づいたのですがスマホからも投稿出来るんですね。一歳児がいるとなかなかパソコンも開けないのでスマホからも投稿出来るとなると、これからもお邪魔したいと思います。よろしくお願いです。

投稿: にくや | 2014年5月20日 (火) 10時13分

にくやさん、こんにちは。

にくやさんところは、雪国ですか。いいですね~。
今は、新緑の美しい時ですか。だんだん緑が濃くなってきました。

スマホですか。私はガラケイのままです。
早くスマホにしたいですが、きっかけがないです。
当分カラケイのままです。
またお越し下さい。

投稿: 墓石 | 2014年5月20日 (火) 13時54分

こんにちわ
ヘモグロビンよかったですね  羨ましいです。
私は輸血続いてます。昨日からプリモボランも飲み始めました。
効果は徐々にとのことです。男性ホルモンなので声が太くなったりひげが濃くなることがあるそうです。旦那に髭剃り貸してねってことで。
輸血を始めてすぐ尿酸値が10.3にぽんと上がり、ザイロリック50mg処方すぐに6.1に下がりました。 さすがです。
後胃酸の薬ネキシュウムカプセルはずっと飲んでます。抗がん剤はまだです。
jak2阻害薬の保険適用は秋頃だそうですよ。骨髄の繊維化にも効果あるみたい。希望を持って日々楽しみましょう。私も楽しんでます。
ぶろぐいつもありがとうございます。

投稿: J | 2014年5月20日 (火) 18時11分

Jさん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。

輸血ですか。女性の方が、赤血球が少ない人が多いと聞きますね。
プリモボランですか。私の場合は、貧血になっても糖尿病・前立腺肥大症な
ので、この薬はたぶん使えないような気がします。
jak2阻害薬の保険適用は秋頃ですか。情報をありがとうございます。
期待して待ちます。
情報がありましたら、また、よろしくお願いします。

投稿: 墓石 | 2014年5月20日 (火) 21時57分

こんにちは。
私は血小板が長期間高かったので
骨髄が線維化したのではないかと言われました。
今の所、ハイドレア飲んでますがが90万代以下にはなりません。
ヘモグロビンは下がったまま。

私も墓石さんにあやかって次回の検査でHbが上がりますように!
ETからの移行って意外と多いのかもしれませんね。。

投稿: alice | 2014年5月23日 (金) 08時29分

aliceさん、こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
ETからの移行は、全くの素人考えですが、全国で数千人は居るものと
予想します。以前の記事で予想してみました。
これも全くの素人考えですが、この病気に対する遺伝子レベルでの
研究が進めば、いろんな種類の病態が明らかになると思います。
血小板が増加傾向にある間は、普通に生きられるような気がしています。
まったくの素人考えですがね・・・。
Hbがなぜ増減するのか、素人考えはないです。
期待するのみです。

投稿: 墓石 | 2014年5月23日 (金) 10時14分

墓石さん こんにちは。
立ちくらみがなくなり 良かったですね。

墓石さんは4週間毎に検診なんですね。
すぐ次の検診日になりますね。
私は8週間毎の検診です。
先日 検診に行って来ました。
血小板の数は前回と同じで まぁまぁです。

主治医が『何か変わった事がありますか?』と聞きます。
私は『特にありません』と答えると
主治医は『それは良かったですね。』とニッコリされます。
ニッコリされたらお顔を拝見すると、ほっとします。癒されます。
次回も何事もなくニッコリされたいものです。

投稿: じゅん | 2014年6月 2日 (月) 14時19分

じゅんさん、こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

実に暑い日が続きますね~。暑くて五月とは思えないです。
もうすぐ梅雨入りするらしいですね。近畿地方は、木曜日という話も・・・。
暑いより雨の方がまし、と今は思っていますが、雨より暑い方がまし、
と思う日がまもなく来るかもです。

診察の間の期間は、じゅんさんの場合8週間ですか。
主治医の笑顔は、まだまだ20年以上は、何事もなく続くと想像します。
そのうち、分子標的薬も開発されることと思いますよ。

さて、今から自転車で散歩してきます。

投稿: 墓石 | 2014年6月 2日 (月) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/59654328

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察の日(73)・治療の基本方針:

« 姪の結婚式 | トップページ | 二十四節気「小満」2014 »