« 金田一秀穂監修「一日歳時記」 | トップページ | 鴻ノ巣山の三つ葉ツツジと桜 »

2014年4月 5日 (土)

二十四節気「清明」2014

 4月5日は、二十四節気の一つ「清明」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也」とあります。清浄明潔。若葉が萌え出し、花は咲き、鳥は歌う、総ての生命が輝く春本番です。
 七十二候は、次の通りです。
  初候:4月 5日~  「玄鳥至る」      南からツバメがやってくる頃です。
 次候:4月10日~  「鴻雁かえる」       雁が北へ帰っていく頃です。
 末候:4月15日~  「虹始めてあらわる」 初めて空に虹がかかる頃です
              4月20日が次の節気「穀雨」です。
 2010年の「清明」より、二十四節気に合わせて写真を掲載してきました。それもいよいよ5年目に入りました。この企画も惰性のように続いて行きます。
  4月5日は、京都府南部は少し寒く、天気も今一つです。昨日は、強風の大荒れでした。天気の調子がちょっと悪いですね。

 では、最近の木津川土手周辺の様子を紹介しましょう。
 田んぼの畦道には、タンポポの綿毛です。ホトケノザの紫がよい味を添えています。2枚目、白く見えているのは、帰化植物のオランダミミナグサです。3枚目、ホトケノザが夕日の方を指さしているように見えます。
 日本古来のミミナグサは、最近では、めったに見つからないそうです。古来のミミナグサは、「枕草子」にも登場します。古の人は、野の草でも楽しんでいたようです。
   【七日の日の若菜を】(枕草子)
 七日の日の若菜を、六日、人の持て来、さわぎとりちらしなどするに、見も知らぬ草を、子どものとり持てきたるを、「なにとか、これをばいふ」と問へば、とみにもいはず、「いま」などこれかれ見あはせて、「耳無草となむいふ」といふもののあれば、「むべなりけり。聞かぬ顔なるは」
  【訳】
   正月七日の若菜の準備で、六日、一騒ぎしていると、見たことのない草を子供が持ってきたので、「何と言う草か」と尋ねると、すぐには答えられず、お互い顔を見合わせたりしている。中の誰かが「耳無草と言います」と言ったので、道理で話が聞こえないような顔をしていること、と大笑いになった。
Seimei101Seimei101_01Seimei101_02  

 

 

   木津川の傍を並行して流れる古川の土手に、たくさんの土筆が出ています。今年は、特に多いように思います。ビニール袋一杯に、土筆を採っているおばさんに、土筆の食べ方を聞きました。「まず、袴を取る→ゆでる→醤油、砂糖、味醂で味を付けて煮る→卵でとじる」が、一番ということでした。
Seimei202Seimei201Seimei201_01  

 

 

 

   木津川土手にも大量の土筆が出ています。やはり、おばさんが土筆採りです。私などは、土筆を傷つけないように注意をして撮影しているのですが、おばさんたちは、容赦なく無慈悲ですね。いや、優雅なスローライフかも。
 草の先から、天道虫が飛び立ちました。
Seimei302_2Seimei301Seimei301_02  

 

 

 

   城陽市観音堂では、菜の花や桃の花が満開になりました。
 ここで、尾上柴舟の一首を。
    ~♪ 神の世の 夕日を浴びて菜の花の かをりの中に 立つはたゞわれ ♪~
Seimei403Seimei401Seimei401_01  

 

 

   菜の花と桜。よく手入れされた桃畑。カキツバタは、まだ葉が伸び始めたところです。水に桃の花が映っていますね。
Seimei501Seimei503Seimei502  

 

 

   城陽市東部の山手、鴻ノ巣山に桜と三つ葉ツツジが咲きました。時々、散歩の人が通ります。
Seimei602Seimei601_01Seimei601  

 

 

    花に囲まれて、時を過ごすのもなかなか贅沢な楽しみですね。
Seimei701Seimei702Seimei703  

 

 

   木津川土手の桜も満開です。近鉄富野鉄橋のたもとの桜です。様々の人々が、桜の木の傍を通り抜けていきます。ぼんやりと佇んでいると、通り過ぎる人々が、春風のように思えてきます。 ここで、三ヶ島葭子の歌を一首。
 ~♪ さくら花 今をさかりと咲きたれば うつしみのいのち 寂しくなりぬ ♪~
Seimei801_01Seimei801Seimei801_02  

 

 

   次は、富野桜堤の桜です。草の上に座り込んで、のんびりと撮影です。春休みの子供らも通ります。私には、身近にある木津川土手の桜で十分楽しめます。
Seimei901Seimei902Seimei903  

 

 

   結局、今年はどこへも桜見物に行かずに終わりです。遠くまで行く元気が無くなっています。この日も、富野桜堤で夕日を迎えました。
Seimei9101Seimei9102Seimei9103  

  

 

   最後の一枚は夕日です。では。また。 次は「穀雨」です。
Seimei9201

|

« 金田一秀穂監修「一日歳時記」 | トップページ | 鴻ノ巣山の三つ葉ツツジと桜 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

枕草子の耳無草のいわれには笑いました。(*^^)v

土筆が堤防に沢山出てるのですね。なかなか見れ
なくて、、、

桃と菜の花のコラボが美しいですね。

庭にニリンソウが咲ました。この花は宇治田原に
多いですが、これが咲くと宇治田原も桜が
満開なんですよ。また行かなきゃ!

投稿: | 2014年4月 5日 (土) 18時38分

輝子さん、こんばんは。

庭にニリンソウですか。いいですね。
宇治田原は、満開だと思います。梅以来行けていないので、
天気がよくなれば、私も出かけてみようと思います。

宇治の桜、ブログで拝見しました。
いいですね。

投稿: 墓石 | 2014年4月 5日 (土) 20時05分

墓石さん、おはようございます。

土手に咲く草花や虫たち、土手を行く人々。
皆、この春を楽しんでいる様子がよく分かります。
桜色と菜の花の黄、いいですね!

投稿: yasubee | 2014年4月 6日 (日) 08時25分

yasubee さん、おはようございます。

暖かい春の日は、ほんとに良いものです。
土手の辺りは、雲雀が鳴いているのですが、
写真に写らないのが残念です。

投稿: 墓石 | 2014年4月 6日 (日) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/59416209

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「清明」2014:

« 金田一秀穂監修「一日歳時記」 | トップページ | 鴻ノ巣山の三つ葉ツツジと桜 »