« 二十四節気「啓蟄」2014 | トップページ | 青谷梅林撮影 »

2014年3月14日 (金)

定期診察の日(71)

今日は、KS病院の定期診察に行ってきました。次週の金曜日が祝日のため、一週間早い定期診察でした。「寒のもどり」という感じの寒い一日でした。待ち時間は長く、家に帰り着いた時は、午後になっていました。

 さて、結果ですが、血小板数は、ほぼ横ばいの71万/μlでした。前回増加したヘモグロビンは、再び減少し、過去最低を更新しました。赤血球数も減りました。ちょっと嫌ですね~。
 ヘモグロビンの値は、極めてゆっくりと変化するものだそうですが、病気の進行により急激に減少することもあるそうです。その場合は、脾臓がますます肥大化するなど、他の症状もともなっているそうです。
 中性脂肪、カリウム、LDH、γGTP、尿酸値などは異常値のままです。
 足の痺れや脇腹の違和感、微熱、立ちくらみなどの症状も相変わらずです。最近、よく頭痛がします。病気と関係があるかどうかは不明です。医師は無関係の可能性が大きいと言っていました。
 朝起きると少し滲む程度の鼻血が出ていましたが、バイアスピリンを中止したためか、無くなりました。バイアスピリンが影響していたかどうかは、はっきりしませんが、とりあえず、もうしばらくバイアスピリンは中止して、様子をみるということです。
 糖尿病のHbA1cの検査は次回です。強い意志で食事のコントロールをしているので、こっちの方は、良い結果が出るのは間違いないです。 
             では。 また。

|

« 二十四節気「啓蟄」2014 | トップページ | 青谷梅林撮影 »

コメント

墓石さん こんにちは。(*^_^*)

昨日は春の嵐というものの凄まじいでしたね。
寒さもこれから暖かくなり、本格的な春を迎える
のでしょうか。

検診でしたか。まずまずってとこですか?
本当に月1度ですが、心身共にご苦労さまです。

もう青谷の梅も見頃になるでしょうか。今年は
遅れてますね。青谷、、、私なんて余り知らない
ので、何処がポイントか解らないです。でも
綺麗でしょうね。

投稿: 輝子 | 2014年3月15日 (土) 13時55分

輝子さん、こんにちは。

病気の進行は、間違いなく着実に進行しています。
ヘモグロビンの値をグラフにすると、次第に下がっていく様子が見て取れます。
グラフを延長していくと、来年中には、危機に突入すると思われます。
そうはならないことを期待していますが・・・。

おととい、雨の中を宇治田原の高尾に行ってみましたが、
梅はまだでした。今年は遅いです。
青谷は、咲いています。終わった木も見られます。
青谷梅林は、俯瞰できる場所が少ないので、風景写真としては、
難しいような気がします。奈良の方へ行きたいですが、馬力がありません。

輝子さんは、二条城と城南宮に行かれたようですね。
城南宮の落ち椿、いいですね。私は、行ったことがないです。
一度行かねば・・・。

投稿: 墓石 | 2014年3月15日 (土) 14時51分

墓石さん こんにちは。
私はHbも赤血球も正常値以下です。
坂道などは息がきれますが大体普通に暮せています。
医師はこの位なら大丈夫です、みたいな感じです。

マルクは1年以上検査していません。
高価な検査なのでそうは出来ませんが
今の状態を知りたいような気もします。
墓石さんはマルク(骨髄生検)何度位しましたか?
ドライタップだともうしないものなのでしょうか。

投稿: alice | 2014年3月17日 (月) 17時43分

alice さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

骨髄生検は、2回しました。しかし、もう6年くらい前のことです。
最近は、していませんね。医師が言い出さない限り、こちらからは、
希望はしていないです。治療法も無いことなので、悪くなっていても
どうしようもないと思っています。
なるようになっていくという感じで暮らしています。

投稿: 墓石 | 2014年3月17日 (月) 20時16分

私も3年前にドライタップで、それからマルクはしていません。看護師さんに聞いたら、異常が出てくると血液に異常がいろいろ出て来るから、その時にマルクすると思います。って言われました。確かにHb14→9と下がって、貧血は徐々にひどくなって来てます。(私のは、薬の副作用もありますが…)それと骨髄芽球なんかはいつも出てますが、まだ数%だし、様子見るしかないとの事でした。

結局は、わからない病気で、決定的な薬がないから、『様子観察』しかないんでしょうね。

投稿: 寺っち | 2014年3月24日 (月) 20時39分

寺っちさん、こんばんわ。詳しい話をありがとうございます。

『様子観察』しかない・・・。というのは実感ですね。
私の主治医の最後の言葉は、いつも決まっていて、
「このままで様子を見させてください。」です。
この言葉が聞けている間は、危機が訪れていないということだと思っています。

投稿: 墓石 | 2014年3月24日 (月) 22時24分

墓石さん、ちょっと相談させて下さい。
仲の良い姉が心配してくれています。
自分でも予後がどれ位かさっぱり分かりませんが姉にはどのように伝えれば良いのかと思います。
なんかはっきりしない面もある病気であと少しという事もありえるし、まだまだ大丈夫かもしれません。墓石さんはどうされていますか。

投稿: alice | 2014年3月30日 (日) 21時05分

aliceさん、こんばんは。

予後ですか? 微妙な問題ですね。
私の場合、骨髄の繊維化を告げられて、12年が経ちました。
結構生きられるものですね。
あと5年くらいと言われて、1年半が経ちました。
この数字も、医師が、私からせがまれて、あり得る予想として語ったものです。
どうなるか、本当のところはよく分かりませんが、覚悟だけはできています。
妻にも、友人にも、親戚にも、医師の言った通りをすべて語っています。
自分の性格上、隠し事はできないです。
喋ったことにより、困ったことが一つありました。
知人から、ガンに効くという怪しげなサプリを薦められたことです。
断りましたけど・・・。

投稿: 墓石 | 2014年3月30日 (日) 21時47分

墓石さん。どうもありがとうございました(*゚▽゚)ノ
医師の言った通りですね。
・・私の主治医は歯切れが悪いですが・・・

それにしても墓石さんは優しいお友達をお持ちですね!
怪しげなサプリ、笑ってしまいました(*^ω^*)ノ彡

投稿: alice | 2014年3月30日 (日) 22時44分

コメントありがとうございます。
医師は、患者に配慮して、軽率に予想を言ったりはしないものなので、
関係が難しいです。私の主治医も歯切れが悪いです。

投稿: 墓石 | 2014年3月31日 (月) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/59292123

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察の日(71):

« 二十四節気「啓蟄」2014 | トップページ | 青谷梅林撮影 »