« 青谷梅林撮影 | トップページ | 松竹伸幸著「集団的自衛権の深層」感想 »

2014年3月21日 (金)

二十四節気「春分」2014

 3月21日は、二十四節気の一つ「春分」でした。江戸時代の暦便覧によれば、『日天の中を行て昼夜等分の時也』です。昼夜の長さがほぼ同じ頃です。この日をはさんで前後7日間を彼岸といいます。つまり、彼岸の中日です。暑さ寒さも彼岸までという言葉があり、しだいに温かくなっていきますが、花冷えや寒の戻りがあり、温かさと寒さが交互にやって来ます。いわゆる、三寒四温という天気変化ですね。
  七十二候は、次の通りです。
 初候:3月21日~  「雀始めて巣くう」  雀が巣を作り始める頃です
 次候:3月26日~  「桜始めて開く」    桜の花が咲き始めます
 末候:3月31日~  「雷乃ち声を発す」  雷が鳴り春の恵みの雨が降る頃です
              4月5日が次の節気「清明」です。
  「二十四節気写真」の記事も、ついに5年目に突入しました。暦便覧と七十二候から書き始める書き方も、これで1年が経ちました。進歩がないですね。もう少し工夫が求められます。写真も同じような写真ですし・・・。家の近所を散歩して撮っているだけなので、元々そんなに多様な被写体があるわけではないですね。まあ、いろいろ考えてはいるんですけどね・・・・。
 しかも、今年は異常気象でちょっと調子が狂いますね。今日も、春分だというのに、霰が降りました。バラバラという音に驚きました。

 では、春の今の時期に最もふさわしい写真から。1枚目、ただのペンペン草です。畦道に白い花を付けています。開発が進み、近くまで鉄筋の建物が迫ってきています。散歩の老人の影が見えています。農業の危機。高齢化社会。畦道にしゃがみ、ペンペン草と向き合っていると、私は、昔、ペンペン草だったのではないかと思えてきます。 
 ここで一首。大愚良寛です。
 ~♪ もの思ひ すべなき時はうちいでて 古野に生ふる なづなをぞ摘む ♪~
Shunbun101Shunbun102Shunbun101_01  

 

 

 

   田んぼの水路には、タンポポ、オオイヌノフグリやホトケノザが咲き乱れています。水路の水は、ゆっくりと流れていきます。空高く、雲雀の声が聞こえています。水路でメダカやドジョウを捕って遊んだのは、遙か昔のことです。
Shunbun201Shunbun202Shunbun203  

 

 

   木津川の土手では、至る処梅の花が満開です。1枚目は、長谷川河口の大榎の近くの梅です。トンネル構図で、大榎を入れました。
Shunbun301Shunbun301_01Shunbun302  

 

 

   梅の木の間から、農作業をしているのが見えます。なんの作業なのか分かりませんが、春の作業が始まっているという雰囲気です。
Shunbun401Shunbun402Shunbun401_01  

 

 

   「歩こう会」の小旗を掲げて行進(?)する人たちを見かけました。賑やかで、歩こう会というより、喋ろう会という感じでした。最近は健康志向なので、これは健康にはいいと思います。
 古川沿いのヤナギもずいぶんと緑が濃くなって来ました。
Shunbun501Shunbun502Shunbun501_01  

 

 

   私の近所にある文化パルク城陽にも梅が咲いています。晴れた日は、のんびりとして良いですね。
Shunbun602Shunbun603Shunbun601  

 

 

  梅と言えば、城陽市の東の山の手、鴻ノ巣山公園にも梅の木があります。大きくて、桜の木と見間違いそうです。
Shunbun701Shunbun702Shunbun703  

 

 

   鴻ノ巣公園は、子供を遊ばすには最高です。巨大滑り台もあるし、駐車場も2時間まで無料です。その割に、人が少ないですね。
Shunbun801Shunbun801_01Shunbun802  

 

 

   鴻ノ巣山では、サンシュユの花が咲きました。梅の木は雪でかなりダメージを受けました。モクレンも、もうしばらくで開花のようですね。
Shunbun901_01Shunbun902Shunbun901  

 

 

 

   では、お別れは、その他の気になる写真です。
 近鉄富野鉄橋の夕日です。前節の写真よりも太陽の位置が右へ寄ってきています。竹藪に隠れてしまいそうです。ここでの写真も今節が最後です。
 最後は、先日行われた城陽マラソンです。   では、また。
Shunbun9101_02Shunbun9101Shunbun9101_01   

|

« 青谷梅林撮影 | トップページ | 松竹伸幸著「集団的自衛権の深層」感想 »

コメント

墓石さん こんにちは。(*^_^*)

お寒、と思っていても自然は確実に過ぎますね。
ホトケノザやオオイヌグリは自然な感じで好き
です。ペンペン草も案外絵になって、地味だけど
好きですね!私もペンペンですよ。

今や梅、桃が綺麗でしょ。木津川土手は働く人
の姿が見え、良い被写体ですね。旨く人を入れ
られ感心です。

糖尿の要注意で、ダイエット。辛いです!

投稿: 輝子 | 2014年3月22日 (土) 12時52分

輝子さん、こんにちは。

また、寒くなりました。昨日は、アラレが降りましたね。
今日は、寒さと花粉で引きこもり生活です。
すっきりとした晴れが欲しいです。

私も、食事のコントロールをしています。
低炭水化物の食事を試しています。
成功するかどうか、来月の検診が待たれます。

投稿: 墓石 | 2014年3月22日 (土) 14時08分

墓石さん、こんばんは。

春の野の草花、いいですね。
見ていて心が和みます~(^^)
寒さがぶり返したり、花粉症に悩まされたりもしますが、
今、そしてこれからの花の季節は、やはり心が弾みます。
人々の後ろ姿にさえ、春を待ち望んでいた様子が感じられますね。
私もこんな風に旨く人々を撮ってみたいです。


投稿: yasubee | 2014年3月22日 (土) 22時34分

yasubeeさん、おはようございます。コメントありがとうございます。

いよいよ、春ですね。まもなく桜の時期ですね。
今日は、良い天気なので、宇治田原の高尾に行こうと考えています。
梅は終わっているのか、気になります。

投稿: 墓石 | 2014年3月23日 (日) 11時12分

墓石さん、こんにちは~。
のどかな春の景色が広がっていますね。
♪は~るの小川はさらさらゆくよ~♪
拝見していると自然にこの歌を口ずさんで、小さい頃遊んだ田んぼのあぜ道や小川のほとりを思い出して、気持ちがほっこりしています。
これから桜の季節。
沢山の花々の競演で心ウキウキ!
カメラを片手に楽しみましょうね。

投稿: ふっくら | 2014年3月24日 (月) 16時52分

ふっくらさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

いよいよ本格的なはるですね。
梅の花が終わり、桜が待たれます。
今日、散歩の時、近所の桜の木に、数輪の花がついていました。
開花宣言ですね。土手の桜の木もつぼみが大きくふくらんできました。
あと一週間でしょうか。

投稿: 墓石 | 2014年3月24日 (月) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/59330459

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「春分」2014:

« 青谷梅林撮影 | トップページ | 松竹伸幸著「集団的自衛権の深層」感想 »