« 定期診察の日(70)・骨髄増殖性腫瘍患者会 | トップページ | 有朋自遠方来 不亦楽 »

2014年2月23日 (日)

二十四節気「雨水」2014

 2月19日は、二十四節気の一つ「雨水」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「 陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也 」とあります。積もった雪も融け始め、雪も雨に変わる頃です。低気圧と高気圧がし交互に通過し、「三寒四温」と呼ばれる気象現象の始まりの頃です。春一番が吹くのもまもなくです。
 この節気の七十二候は、次の通りです。
★初候 :2/19~ : 土の脉潤い起こる  つちのしょう うるおいおこる
★次候 :2/24~ : 霞始めてたなびく  かすみはじめてたなびく
★末候 :3/1~  : 草木萌え動る    そうもく めばえいずる
   3月6日が、次の節気「啓蟄」です。
 この節気は、大地が潤い始め、春霞が立つようになり、草木も芽を出し始める頃です。大地から温さが湧いてくるという感覚は、土と共に暮らしている人ならではの感覚です。太陽の熱で温められるという理解は、科学的であっても生活感に欠けますね。都会の人は、地面のコンクリートから温かくなっていくという感覚を持てるでしょうか?
 「雨水」という節気は、気象協会のアンケートでも、最も認知度が低いそうです。大地の下で静かに起こっている変化を感じとる感性を、現代人も取り戻したいものですね。

 「雨水」の記事を書くのが、随分遅くなりました。その理由は、最近の異常な寒さです。すっかり寒さに負けて、引きこもり生活になり、散歩写真に出かけていませんでした。それでも、寒風の中を短時間ですが撮影してきましたので、最近の季節の状況を報告させていただきます。
 まず、至る処で梅の開花が始まっています。まず、水度神社境内、鴻ノ巣山の散策道に咲いている梅です。
 梅は、近づくとほんとに良い臭いがします。香りを楽しみながら、梅の世界に入っていく、これが梅の花鑑賞の楽しみですね。写真には、臭いは写りませんが・・。
Usui2014101Usui2014101_01Usui2014102  

 

 

   梅は、枝がうるさくなるので、標準ズームでは撮りにくい被写体です。大きなボケが期待できる大口径レンズやマクロレンズを使いたいところですが、散歩写真の趣旨にはずれますね。
Usui2014201Usui2014201_01Usui2014202  

 

 

 

   梅以外の花ですが、椿か山茶花かよく区別のつかない珍しい花が、参道に咲いていました。花が丸ごと地面に落ちていたので、椿かも?
 ロウバイは、黒ずんで終わりが近づいています。
 鈴掛(?)の実が、風に揺れていました。
Usui2014301_01Usui2014301Usui2014301_02  

 

 

   観音堂方面では、タンポポやホトケノザに出会えました。蓮が溶けるように最後を迎えていました。
Usui2014401Usui2014402Usui2014401_01  

 

 

   木津川土手周辺では、ネコヤナギがますます白く膨らみ始めました。夕日に照らされると、温かさがますます大きく膨らみます。
Usui2014501Usui2014501_01Usui2014501_02  

 

 

   古川には、いつもサギが餌を探しています。一枚目の写真、サギが真っ直ぐに首を伸ばしています。これは、警戒のポーズです。これ以上近づくと飛び立ちます。標準ズームではこれが限界です。
 カキツバタの芽生えも順調のようです。
 寺田堤の土手には、水仙が花をつけています。
Usui2014601Usui2014602Usui2014603  

 

 

   お別れは、夕刻の土手です。寺田堤の2枚。最後は、大榎に沈む夕日です。
    では。 また。
Usui2014701Usui2014702Usui2014701_01   

|

« 定期診察の日(70)・骨髄増殖性腫瘍患者会 | トップページ | 有朋自遠方来 不亦楽 »

コメント

こんにちは~。
今日は珍しく孫の長いお昼寝にPCの前にゆっくり座ることが出来、墓石さんのHP,「丹後半島の四季」をゆっくり拝見しています。私の出身は峰山ですが、母(98歳)の顔を見てゆっくりする間もなくトンボ返りで帰って来ますので、丹後の四季を肌で感じる事がなかったのですが、墓石さんのHPで懐かしく丹後の風景を思い巡らしています。
小学生だった時に担任の先生が間人の増田節夫先生で5年前にクラス会をした時に50年振りにお会いしたのですが、今は少し体調を崩されているようですが、峠下にお住まいですがご存じですか?お歳が大分違うと思うのでご存じかどうか???
つい間人と聞くと先生を思い出してしまって・・・・
ごめんなさいね。
今日は暖かな日和で梅の開花も進むと思います。
お散歩写真も楽しみにしていますのでよろしく・・・です。

投稿: ふっくら | 2014年2月24日 (月) 15時20分

ふっくらさん、こんばんは。
ふっくらさんは、峰山の出身でしたか。
増田先生は、私の最初の勤務校の職場の同僚です。
同僚というより、大先輩です。お世話になりました。
穏やかな人柄でした。いろいろ迷惑を掛けてしまいました。
今となっては、懐かしいです。
世間は、結構狭い手ものですね。

今日は、自転車で木津川土手に行っていました。
梅がどんどん開花しています。

投稿: 墓石 | 2014年2月24日 (月) 19時56分

増田先生をやはりご存じでしたか?
何だかとっても嬉しいです。

背の高いそして彫の深いお顔で、今でいうイケメン先生でした。出来の悪い生徒でしたが50年ぶりにお会いした時
当時の事をとっても良く覚えていて下さり、話に花が咲きました。
丹後も高速道路が橋立の先まで伸びて行きやすくなっています。
春に帰省したら一度丹後半島一周して来たいと思っています。
では又、お休みなさい。

投稿: ふっくら | 2014年2月24日 (月) 21時20分

ふっくらさん、そうでしか。
私も懐かしいです。 では。

投稿: 墓石 | 2014年2月24日 (月) 22時06分

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

まぁ、ふっくらさん 不思議な出会いですね!
そうでもないか。私の方が墓石さんにお目に
かかったのは1度で、1度チラっと田原でお会い
しただけですから。ふっくらさんも京都北部の
出身でしたね。ご縁があるのだ。(*^^)v

墓石さん、もう梅が綻んで来ましたね。庭の
鉢植えも綻んで来たので、春がやって来た!と
喜んでいます。

それにしても16キロ体重減らされた秘訣を
教えて頂きたいです。私は3~5キロ減らせば
いいかな?なんて思ってます。

投稿: 輝子 | 2014年2月25日 (火) 10時35分

輝子さん、おはようございます。

ほんとに世間は広いようで狭いですね。
先日、雪の日の禅定寺で、私は輝子家の車の前に駐車していたと思います。
あとで、状況を振り返ってみると、どうも間違いなさそうな気がします。
軽の四駆、夫婦で写真を楽しむ。一瞬、輝子さんかと思い、声を掛けようかと
思いましたが、湯屋谷の印象と違っていましたので、思いとどまりました。

 私のダイエット法は、極めて正当派です。秘訣はありません。
まず、食べるものすべての重さを量ります。
見ただけで、だいたいのgが解るようになります。
糖尿病食物交換表(医院か書店にあります)で、カロリーを計算します。
慣れると、一目見ただけでカロリーが分かるようになります。
あとは、医者に言われたカロリーを守るのみです。
最初の3ヶ月が辛いです。鉄の意志が要求されます。
慣れると楽になります。計算は、大雑把でいいです。
栄養士さんの言うことは、細かすぎてやる気をなくします。

投稿: 墓石 | 2014年2月25日 (火) 11時09分

まぁ、禅定寺で!?そういえば車が1台ありました。
誰かを見た様な。その前に琵琶湖と朽木で大雪の
中6時間もいて、疲れましてね。疲れた顔をして
ました。お恥ずかしい。

私も3年前から食べ物のカロリーを大まかですが、
解るのです。そうしてやっていても甘い物に目が
なく。1400カロリーでいいらしいけど、これ
から1250カロリーにします。決意しなきゃ!

投稿: 輝子 | 2014年2月25日 (火) 18時41分

輝子さん、こんばんは。

そうでしたか。朽木と琵琶湖へ。

食べ物の誘惑は、なかなか強いですね。
お互い負けないようにしなくては。

投稿: 墓石 | 2014年2月25日 (火) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/59184012

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「雨水」2014:

« 定期診察の日(70)・骨髄増殖性腫瘍患者会 | トップページ | 有朋自遠方来 不亦楽 »