« これでいいのか!日本のメディア | トップページ | 定期診察の日(69) »

2014年1月20日 (月)

二十四節気「大寒」2014

 1月20日は、二十四節気の一つ「大寒」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」とあります。二十四節気の最後、二十四番目の節気で、一年で一番寒さの厳しい頃です。これから立春へと向かいます。
 この節気の七十二候は、次の通りです。
 ★初候: 1/20 ~ ; 蕗の華さく      ふきの はなさく
 ★次候: 1/25~ ; 水沢氷つめる     さわみず こおりつめる
 ★末候: 71/30~; 鶏始めてとやにつく  にわとり はじめてとやにつく
      2月4日が次の節気「立春」です。
 この節気では、蕗の花が咲き始め、沢の水は厚く凍りつき、鶏が卵を産み始める頃、ということのようです。

 今年度の二十四節気も、いよいよ最後の節気、「大寒」になりました。嘘やごまかしが横行するこの世で、季節は、固い約束でもしたかのように、間違わず巡ってきます。間違わずに果たされる約束は、私にとって一種の希望です。果たされた約束を見つけるために、散歩に出かけましょう。たくさんの「大寒」が見つかるはずです。

 では、最初に紹介するのは枯れた蓮田です。夏、あんなにも美しく大きな花を付けていた蓮は、地上部分は枯れて、地中で静かに春を待っています。夕日に照らされると、一層静かな雰囲気が出ます。本当は、霜や氷の張るところが撮りたいのですが、朝早く起きられないので、申し訳ないです。
Daikan101Daikan101_01Daikan102  

 

 

   次は、夕刻です。太陽が西に傾き始めると、光は赤味を増してきます。雲間から漏れてくる光が斜光となって、枯れたエノコログサやオギを照らします。茶畑さえもが光を放ち始めます。
Daikan201_01Daikan201Daikan201_02  

 

 

   夕暮れの似合う詩人といえば立原道造ですね。私は、青春時代に愛読していました。透きとおるような感性、少女趣味的で甘美なナルシシズム。
   美しいものになら ほほえむがよい
   涙よ いつまでも かわかずにあれ
   陽は 大きな景色のあちらに沈みゆき
   あのものがなしい 月が燃え立った・・・・・
 懐かしいですね。しかし、北風の強い日の夕日は厳しいです。感傷によってではなく、冷たい風で涙が出ます。色彩も紫がかってコントラストが強いです。雲の移動も激しく、立原流の優しい夕焼けではないですね。枯れた蓮田に寒月が昇りました。
Daikan301_01Daikan301Daikan301_02  

 

 

   冬の田んぼは、何となく、視覚的には静かです。サギも首をすくめて、藁束の上で休憩です。立ち上る野焼きの煙も、もの悲しいです。やってる人は大変でしょうけどね。
Daikan401_01Daikan401Daikan401_02  

 

 

   冬の土手は、草が枯れ、広場が生まれて、凧揚げや犬の散歩場所となります。富野荘の土手付近で、犬を遊ばせている女性に写真を撮らせていただきました。
 耐寒走をする生徒の一団が通りました。耐寒の大寒! (面白くもないか)
Daikan501Daikan501_01Daikan502  

 

 

   長谷川河口付近に、柿の木があって、残り柿が良い雰囲気を出しています。
Daikan6a01_01Daikan6a01Daikan6a02  

 

 

   冬の寒さの中でも、確実に春の約束が始まっています。ネコヤナギの芽が、白い猫になり始めました。ロウバイも咲き始めました。
Daikan601Daikan601_01Daikan601_02  

 

 

   鴻ノ巣山方面も紹介しましょう。冬の散歩道を彩るのは、何と言っても赤い実ですね。一枚目、ソヨゴ(?)の実だと思います。クロガネモチ。クヌギの散り残った葉も陽に透かすとけっこう赤いです。
Daikan701Daikan701_01Daikan701_02  

 

 

 

   では、お別れは、その他の写真です。
 古川のサギ。電線のムクドリ。ある日の夕日。 では、次は「立春」で。
Daikan801Daikan801_02Daikan801_01   

|

« これでいいのか!日本のメディア | トップページ | 定期診察の日(69) »

コメント

寒い。ですが、美しくもあります。 北海道より。

投稿: 中谷宇吉郎 | 2014年1月21日 (火) 18時47分

北海道の雪、見てみたいですね。うらやましい。

投稿: 墓石 | 2014年1月21日 (火) 22時38分

こちらの雪は、命をとりあげることもあります。毎年、人がなくなります。皆、文句の言いどころもないので、ひたすら雪を除けています。

投稿: 中谷宇吉郎 | 2014年1月22日 (水) 16時53分

大変失礼しました。生活するとなると大変なんですね。

投稿: 墓石 | 2014年1月22日 (水) 17時53分

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

木津川土手周辺の夕日はいつ見せて頂いても
素晴らしいですね!ポイントを深い目線で
キャッチされてる気がします。
やはり地元の方しか解らないものがありますから、
素晴らしいです。

木津川の土手は雄大な風景でしょ。夕暮れ時に
1度行ってみたくなりました。
夕暮れ時に光あり、という言葉がありますが、
まさにそうで、憧れます。

投稿: 輝子 | 2014年1月22日 (水) 20時12分

輝子さん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。

木津川土手も被写体が無くて困っています。冬はなおさらです。

輝子さんは、先日の雪の時、お祈りの後、撮影に行かれたようですね。
私は、前日から準備を整えていましたが、朝起きると8時半でした。
それから宇治田原に出かけたので、雪は融けて少なかったです。
もう一度くらいは、積もりそうな気がします。
朽木の方へ行きたいですが、実は一度も行ったことがないんです。

投稿: 墓石 | 2014年1月22日 (水) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/58981330

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「大寒」2014:

« これでいいのか!日本のメディア | トップページ | 定期診察の日(69) »