« 二十四節気「大雪」2013 | トップページ | 宇治川・興聖寺紅葉 »

2013年12月 9日 (月)

八幡背割堤の紅葉

 先日のよい天気の日に、八幡背割堤の紅葉を自転車で散歩がてら撮影してきました。毎年行っていますが、今年もまた、無事行くことが出来ました。
 背割堤は桜で有名です。桜の頃はすごい人出ですが、紅葉の頃は人出もなく、ひっそりとして、無料の駐車場に車も少ないです。

Sewarkoyo01_01  1枚目の写真、御幸橋の上から見た背割り堤。下流に向かって、この堤の左が木津川、右が宇治川です。堤の長さは、1.4Kmあるそうです。

 

   桜の木は、二百数十本あるそうですが、いずれも巨木です。堤の上の道を散歩の人が通ります。巨木の引き締まった黒、黄葉、落ち葉、温かい冬の陽ざし。なかなか良い雰囲気です。
Sewarkoyo01Sewarkoyo02Sewarkoyo02_01  

 

 

   落ち葉の落ちた宇治川側の斜面には、午後の斜光線が差し込みます。木の影が、斜面に長く伸び、日を受けた落ち葉は輝いています。「落ち葉の上で語り合う二人、落ち葉の斜面を無邪気に駆けていく子供。」←こんな光景を撮りたいですが、未だ出会ったことはないです。モデルを連れて行かないと無理ですね。風があってけっこう寒い。
Sewarkoyo04Sewarkoyo04_01Sewarkoyo05  

 

 

   次の1枚目の写真は、宇治川側の斜面です。影の出来方で分かりますね。
 2枚目の写真は、木津川側の斜面です。広い散歩道があり、日当たりも良いですね。二人の姿も、輝いて見えます。今後の幸せな展開をお祈りします。
 3枚目は、土手の下から見上げたところです。私の乗ってきてたママチャリが写っています。
Sewarkoyo03Sewarkoyo03_01Sewarkoyo07  

 

 

   背割堤の魅力は、何と言っても、夕日の頃です。光と影が美しいです。ただし、駐車場は5時に閉鎖されますので、車の人は要注意です。
 朝は行ったことがないです。もしかして朝霧の写真が撮れるかも。 
           では。また。
Sewarkoyo01_02Sewarkoyo06Sewarkoyo08   

|

« 二十四節気「大雪」2013 | トップページ | 宇治川・興聖寺紅葉 »

コメント

桜の花の名所、背割堤は確かにすばらしいところですね。三川合流地点、見渡せば天王山、自然と歴史の雄大さを感じます。桜の紅葉もきれいですね。確かに桜の紅葉を見にここを訪れる人は少ないでしょうね。夕日が堤に影をつくり晩秋(初冬?)の穏やかで少しさびしい日差しがまたいいですね。

投稿: 光石 | 2013年12月 9日 (月) 16時07分

光石さん、コメントありがとうございます。

背割堤は、自転車散歩に毎日でも行きたいところですが、
結構な距離があるので、体力が要ります。
夕日まで居ると、帰りが真っ暗になります。
真っ暗な木津川土手を自転車で走るのは、ちょっと嫌ですね。

投稿: 墓石 | 2013年12月 9日 (月) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/58726176

この記事へのトラックバック一覧です: 八幡背割堤の紅葉:

« 二十四節気「大雪」2013 | トップページ | 宇治川・興聖寺紅葉 »