« 星野博美著「戸越銀座でつかまえて」 | トップページ | 北野天神初詣2013 »

2013年12月31日 (火)

散歩写真この一年

 散歩とは、一切の義務感から解放され、心をゆったりとして、ただ歩くことです。人は風景の中を通り抜け、風景と対話し、自らの生を確認しながら生きています。私は、この一年、散歩しながらどのような風景を通り抜けてきたのでしょうか? 木津川土手周辺を散歩しながら撮った写真で、この一年を振り返ってみます。

 【冬】
 今年の冬は、雪も降らず暖冬でしたが、昨年の後半、医師から「早ければ、5年以内」という具体的言葉を聞き、私にとっては、少々寒さが心に凍みる冬となりました。
 今年の冬は、初めて河原の砂地の上に出てみました。水の枯れた広い河原を歩き、対岸に近づくと、対岸の土手が横一直線に見えています。土手の上には、大きく夕焼け空が広がり、土手を行く人の影が、小さな生き物のようです。土手が、まるで遙かな地平線のように思えてきます。小さな発見です。枯れ草は、風になびき、夕日に輝いています。
 この場所がすっかり気に入り、よく散歩に来ていました。ホームページの写真詩、「旅の終わりに」は、この場所で出来ました。
 社会では、2月23日「TPP」への参加表明が行われました。世間はアベノミクスに踊っているようです。
2013matome03_22013matome02_22013matome01_2  

 

 

  
 【春】
 春は梅の花から始まります。木津川土手の梅も咲き始めました。1枚目。梅の花の向こうに、木津川土手の大榎を入れました。今までいつも通っていた場所なのに、このアングルからの撮影、初めての小さな発見です。
 梅の次は、桜が咲き始めます。2枚目。南京都病院のエドヒガン桜。この桜は、今年から城陽市の名木に指定されました。
 3枚目。近鉄富野鉄橋の桜。サイクリングの二人が走っていきます。春が駆けていくという感じで、心も弾みます。
2013matome042013matome052013matome06  

 

 

 
 【初夏】
 木津川土手は植物たちで覆われ、花が咲き乱れ始めました。草の中に入り、ローアングルで花と過ごします。「ノビルの恋」を発見しました。ダニに刺されて死ぬ事件が報道されました。ちょっと気味が悪いです。
 鴻ノ巣山へもよく散歩に行きました。水度神社のキリシマ躑躅の花が咲きました。
 連凧を揚げる人と出会いました。連凧の先が見えないくらい高く揚がっていました。子供たちの視線は見えませんが、遙か高くを見ているのは間違いないです。
2013matome082013matome072013matome09  

 

 

 

   
 【盛夏】
 7月8日に梅雨が明け、今年の夏は猛暑となりました。
 城陽市は蓮花の産地で、お盆用の切り花として出荷されています。蓮の葉の下に潜り込んで、涼しげな写真を狙ってみました。この写真、なんでもない写真のようですが、大変苦労した1枚です。どこが? 手前の大きな葉に影が無いですね。これはかなり大変なんですよ。手で葉の向きを調節するのが・・・。 インチキ写真と言われるかも?
 木津川土手、茶畑のスプリンクラー。夕日に水が金色に輝きます。
 それから、夏の流れ橋。この場所も散歩のコースには必ず入れていました。しかし、この写真の後、9月16日の台風で流失しました。嵐山渡月橋をはじめ、各地で被害が出ましたね。
2013matome122013matome112013matome10  

 

 

   
 【秋】
 秋の始まりは、彼岸花からです。彼岸花を求めて、ウロウロしていました。
 社会では、10月1日、「消費税増税」が表明されました。怒りで、イライラしました。10月16日には、台風で大島に大被害が出ました。
 秋の写真2枚目は、土手の夕暮れです。野焼きの煙があたりを覆い、夕日の光が紫色を帯び、手を引かれる子供を優しく照らしています。晩秋ですね。
 最後は、曲がった畦道です。曲がった道には、何となく心が引かれます。曲がった道を行く、この少女の幸せを祈りたくなります。曲がった道の先に、戦争が待っているなど、嫌ですね。12月6日、戦前の治安維持法にも匹敵する「秘密保護法」が強行採決されました。曲がりくねった困難な道は、まだまだ続きそうですね。
 では、皆さん。良いお年をお迎え下さい。
2013matome152013matome142013matome13   

|

« 星野博美著「戸越銀座でつかまえて」 | トップページ | 北野天神初詣2013 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

人を入れ、優しい良い写真ですね。
いつも素敵な作品の数々、有難うございました。

昨年、後5年と言われても、命は解らない。
近所の息子さんは後半年と言われても、何と
17年!

1日1日を有意義に過ごしたいですね。

今年も仲良くして頂き有難うございました。
来年もよろしくお願い致します。

投稿: 輝子 | 2013年12月31日 (火) 16時35分

輝子さん、こんばんわ。

今年も終わりですね。一年間、交流していただきありがとうございます。
心穏やかにつづられる「輝子ブログ」、来年も愛読させていただきます。
来年もよろしくお願いします。

投稿: 墓石 | 2013年12月31日 (火) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/58853115

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩写真この一年:

« 星野博美著「戸越銀座でつかまえて」 | トップページ | 北野天神初詣2013 »