« 鈴木宣弘著「食の戦争」 | トップページ | 二十四節気「小雪」2013 »

2013年11月16日 (土)

血液がんフォーラム参加

 今日は、「NPO法人血液情報広場・つばさ」主催の「フォーラムイン大阪 血液ガン」が、大阪のTKP本町ビジネスセンターで開かれました。それに参加してきましたので、簡単に内容を紹介します。参加者は200人弱位でしたかな? 

  Ⅰ、全体会 「血液ガンのについて基礎知識をもとう」
    ①大阪府立成人病センターの石川 淳先生の講演 「血液と血液ガンの病態」
   ・血液ガンとは?の基本的な説明 ・遺伝子異常の種類による病気の予後分類
   ・造血性骨髄腫瘍治療ガイドライン   ・臨床研究と治験  など・・・。
  ②大阪大学付属病院の水木 満佐央先生の講演  「血液ガンの治療」
   ・血液ガンのステージ ・抗ガン剤の種類と作用機序 ・分子標的薬の原理
   ・化学療法の内容例  ・骨髄移植 など・・・。
 よく整理された内容でしたが、難しかったです。私の隣の席の人はよく寝ていました。

 Ⅱ、分科会    私は、「骨髄増殖性疾患」の分科会に出ました。
  近畿大学付属病院の松村 到先生の講演 「骨髄増殖性疾患」
       ・骨髄増殖性疾患とは ・真性多血症の病態と治療 
    ・本態性血小板血症の病態と治療  ・骨髄線維症の病態と治療
    ・JAK2阻害薬の臨床効果
  この分科会は参加者が少なかったので、自由に質問が出来ました。

   Ⅲ、全体会 「より良く暮らしながら闘病するために」
      ・造血幹細胞移植時の口腔内ケア
   ・血液内科のナースから 
   ・外来化学療法の実態と看護
   ・質疑応答
    
  以上のような内容でした。今日は電車が混んでいて大変疲れました。分科会の内容については、もう少し資料を勉強してまとめてみます。はたしてまとめられるかどうか自信はないですが・・・。  では。また。

    骨髄増殖性腫瘍患者・家族会(MPN-JAPAN)のホームページは、
   こちらです。→ http://mpdnetjapan.org

|

« 鈴木宣弘著「食の戦争」 | トップページ | 二十四節気「小雪」2013 »

コメント

行かれたんですね。私もここで知って、行きたいと思いながら…日が過ぎてしまいました。…残念です。また、記事をお待ちしてます。

投稿: 寺っち | 2013年11月17日 (日) 22時55分

寺っちさん、こんにちは。

参加者が多いのでびっくりしました。
ただし、慢性、急性白血病、リンパ腫の人がほとんどです。
骨髄増殖性腫瘍分科会は、少なかったです。この分科会の内容を
まとめようとしていますが、内容が間違って伝わりそうなので
ちょっと考えています。無理かも?

フォーラムは毎年行われているそうですよ。

投稿: 墓石 | 2013年11月18日 (月) 09時50分

墓石さん こんにちは。(*^_^*)

フオーラムへ行かれたのですね。知っておく
必要が多いにありますでしょ。
難しい医学用語もあるでしょうが、墓石先生
なら大丈夫。健闘を祈ります。

T師匠に出会われたのですね。滅相もない。
私は写真下手になったと思いますよ。
写真て体力が要りますよね。それが、体力ナシと
用事が多く、以前程撮影出来なくて、自信ナシですよ。

投稿: 輝子 | 2013年11月18日 (月) 12時45分

輝子さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

病気のことは、知れば知るほど暗くなっていきます。
希望のある話ではなさそうです。

私は、Ta師匠の写真理論で写真を撮っています。
師匠は、なかなかの理論家、実力派だと思います。
そのTa氏に、「うまい!」と認められたのですから
たいしたものですよ。

投稿: 墓石 | 2013年11月18日 (月) 22時17分

墓石さん こんにちは、
フオーラム勉強になったと思います。
私は土日は休めないので参加できず残念です。
早く病気の解明や治療が進みますようにsign03

投稿: alice | 2013年11月23日 (土) 16時46分

aliceさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

ネットで知る知識と、直接話を聞く知識とでは、同じ内容でも
説得力が微妙に違いますね。
勉強になりました。

投稿: 墓石 | 2013年11月23日 (土) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/58587886

この記事へのトラックバック一覧です: 血液がんフォーラム参加:

« 鈴木宣弘著「食の戦争」 | トップページ | 二十四節気「小雪」2013 »