« 二十四節気「小雪」2013 | トップページ | 定期診察の日(67)・血液癌フォーラム »

2013年11月25日 (月)

宇治田原町高尾の柿と霧

 宇治田原町高尾の残り柿の風景です。毎年、同じような写真を掲載していますが、今年もまた掲載します。最近は、体調も良くないので、すぐ近くにもかかわらず、撮影に出かけることも少なくなりました。先日の雨の降った日に出かけてきました。
 高尾の魅力は、何と言っても雨の日です。雨が降ると田原川の谷から、湧き上がるように霧が発生します。車の傍で、手軽に残り柿と霧の風景を撮ることができます。
 この日も雨がシトシト降っていました。霧がよく発生しています。まず、村の最上部に直行です。
Kouno101Kouno101_01Kouno102  

 

 

 

   大きな老木があります。宇治田原の名産、古老柿は、この集落にあったものが元になったと聞いたことがあります。定かではないですが。
Kouno203_01Kouno202_01Kouno201  

 

 

 

   次は、少し下って、集落の見下ろせる場所に移動します。ここは見晴らしも良く、晴れた日には、大阪湾を確認することが出来ます。霧は濃くなったり薄くなったり、変化が激しいので、自分の好みの状態になるまで、車の中でのんびり過ごします。
Kouno301_02Kouno301Kouno301_01  

 

 

   霧が自分の好みの形になった時に、車から降りてシャッターを押すだけです。以前は、草の生えた斜面に突入して泥まみれになっていましたが、今はその元気はないです。
Kouno401_01Kouno403Kouno402  

 

 

   深い霧。柿のアップ。山の影を入れて。
Kouno501Kouno501_01Kouno501_02  

 

 

   次は、もう少し下って集落の中へ。道が少し広くなったところに駐車します。ここは、少し歩いて、斜面を下る必要があります。
Kouno601Kouno603Kouno602  

 

 

 

   滑りやすいので注意が必要です。ズボンが汚れる程度ですけどね。
Kouno701Kouno702  

 

 

   以上で雨の日の高尾の写真は終わりです。
 柿の葉がまだ残っている時期ですが、晴れた日にも一度だけ撮影に行きましたので、晴れた日の写真も載せておきます。雨の苦手な人は、晴れた日に行っても楽しめます。
Kouno801Kouno803Kouno802  

 

 

 

   青みを帯びた山。遠くに見える京都市内。
Kouno9102Kouno904Kouno903  

 

 

 

   朝早く行くとどんな様子か、行ったことがないので分かりません。
  では。 また。
Kouno901Kouno9103Kouno9202   

|

« 二十四節気「小雪」2013 | トップページ | 定期診察の日(67)・血液癌フォーラム »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

高尾高原の柿と霧、凄いですね!やはり知り尽くした
所の画像は違います。自分の好みの霧状態を待つとは!
待つって大事ですね。人もそうでしょ。私は待ってな
かったです。反省(>_<)

霧の高尾は余り撮ってなくて、これ何処かな?と
思う画像が半分でしょうか。汚い部分を隠して
くれて、幻想的で素晴らしいです。

晴れの高尾も綺麗ですね!これから山が染まったら
尚素晴らしいのでは?素敵な画像をありがとう
御座いました。

投稿: 輝子 | 2013年11月25日 (月) 19時23分

輝子さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

毎回同じような写真で申し訳ないです。
この霧の写真の時、Ta師匠も来ておられました。
たぶん、素晴らしい写真を撮られていることと思います。
私なんぞは、片手で傘を持って、片手でカメラですから、
完全に散歩写真状態です。取り組む姿勢からえらい違いですね。
午後から写真を教える日だと言っておられました。
朝行きたいのですが、起きられません。
輝子さんは、朝が得意なようですね。うらやましい。

投稿: 墓石 | 2013年11月25日 (月) 20時45分

あの日でしたか!京都のM氏も来てられたとか。
この日の翌日行ったのです。またM氏に会いました。
宇治田原も有名になったのでしょうか(笑)

風景は毎日変わる、とずっと前、奈良の某写真クラブ
の方がネットで語ってられました。季節の移ろい、
天候で変わるのでしょうね。だから止められないです。
風景が下手な私ですが、下手の横好きなんです。(>_<)

投稿: 輝子 | 2013年11月25日 (月) 22時18分

 宇治田原は、時々有名な写真家を見かけたりします。
良い所なんでしょうね。

 風景が下手などといわれても、私の方が、経験は
浅いですね。

投稿: 墓石 | 2013年11月25日 (月) 23時43分

少し前までまだ柿の葉っぱが多いと言っておられましたが、いよいよ残り柿の写真の撮影にこぎつけましたね。山の霧と残り柿、雨のいずく、どれもみごとな写真です。観光写真で通りすがりのショットとは違って、歩き回って現場を知り尽くした撮影ポイントでの待ち受けの写真、「たくみの技」が凝縮した感じです。

投稿: 光石 | 2013年11月27日 (水) 14時32分

光石さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
天気の悪い日の撮影は、マイペースが一番ですね。

今日は、用事で熱があったにもかかわらず無理をしました。
明日は、ゆっくりと休息日にします。

投稿: 墓石 | 2013年11月27日 (水) 21時08分

「秋の詩」拝見しました。

木津川べりの方々の生活の素晴らしい描写に
感激しました。土手を行く人、農家の作業。
また神社のお祭り。よく通り、見る風景ですが、
そこに生活感が美しいですね。
墓石さんがこの地を愛してられる気持ちが
伝わります。

素晴らしい写真集を有難うございました。

投稿: 輝子 | 2013年11月29日 (金) 08時13分

輝子さん、写真を見ていただきありがとうございます。
いつも代わり映えしない写真で申し訳ないです。
最近、Ta師匠から刺激をもらえていないので成長は止まっています。

ブログの方、拝見しております。
大阪船場の買い物、宇治の紅葉、なかなか生活を楽しんで
おられるようですね。宇治の紅葉綺麗ですね。
私も、毎年行っているのですが、今年はまだです。
ちょっと熱が続いているもので・・・。

投稿: 墓石 | 2013年11月29日 (金) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/58642170

この記事へのトラックバック一覧です: 宇治田原町高尾の柿と霧:

« 二十四節気「小雪」2013 | トップページ | 定期診察の日(67)・血液癌フォーラム »