« 定期診察の日(66) | トップページ | 鈴木宣弘著「食の戦争」 »

2013年11月 7日 (木)

二十四節気「立冬」2013

 11月7日は、二十四節気の一つ「立冬」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也」とあります。この日から立春の前日までが冬。日は短くなり時雨が降る季節です。北国や高い山からは、初雪の知らせも届く頃です。
  この節気の七十二候は、次の通りです。
★初候 :11/07 ~ : 山茶始めて開く   つばき はじめてひらく
★次候 :11/12 ~ :地始めて凍る     ち はじめてこおる
★末候 :11/17 ~ :金盞さく       きんせんか さく
   11月22日が、次の節気「小雪」です。
  この節気では、山茶花が咲き始め、霜が降り、氷が張り、水仙の香しい香りが漂う季節ということです。
 今年は、比較的暖かい日が続いていましたが、11月4日、近畿地方では木枯らし1号が吹きました。しだいに冬が近づいてきているという感じです。
 では、最近見られる晩秋から初冬の風景を紹介しましょう。まず、紅葉がしだいに進み始めました。文化パルク城陽の木も紅葉を始めました。夕日の頃は、長く伸びた影が晩秋の雰囲気を盛り上げます。
Rittou101Rittou101_01Rittou101_02  

 

 

   文化パルク前の街路樹の欅も紅葉を始めました。寺田桜堤では、紅葉のトンネルです。近鉄富野鉄橋の桜の木も紅葉が始まりました。
Rittou201_03Rittou209Rittou201  

 

 

 

   富野荘付近の紅葉です。孫と手をつないだおばあさんが行きます。女の子が得意になって何かを説明しています。聞き上手なおばあさんです。
 三枚目は、タネを播いているのか肥料を播いているのかよく分かりません。今頃タネを播く野菜があるのか、私は農業のことはよく知らないです。
Rittou302Rittou301_01Rittou301  

 

 

   刈り取りの終わった田んぼでは、稲藁の束が地蔵のように立ち並んでいます。晩秋から初冬の風景です。
Rittou401Rittou402Rittou401_01  

 

 

   土手の近くにある小学校のマラソン大会に、偶然遭遇しました。風景の味付けに使わせてもらいました。
Rittou501Rittou502Rittou503  

 

 

   田んぼの畦道を歩いていると、イヌタデの花が咲いていました。ここで、夏目漱石の一句です。
       ~♪ 暮れなんとして ほのかに蓼の 花を踏む ♪~
野菊も咲いていました。正岡子規の一句。
      ~♪  稲刈りて 野菊おとろふ 小道かな ♪~
Rittou601_2Rittou601_01Rittou601_02  

 

 

 

   土手の木の上でモズが鳴いています。縄張りを主張しているのでしょうか。
 万葉集では、モズの登場する歌は、作者不詳の2首があるそうです。そこから一首。
  ~♪ 秋の野の 尾花が末に 鳴くもずの 声聞きけむか 片聞け我妹 ♪~
  意味: 秋の野の尾花の穂先に、鳴いているもずの声を聞きましたか。よくよく聞きなさい、君。
 作者は自分をモズに例えているのでしょうか。
 草むらにも鳥がいましたが、これはホオジロ?
 三枚目は、寝ぐらを求めて群飛するムクドリ。木津川土手では、毎日のように、夕方になると見られます。最後は、土手の竹藪の中に消えていきます。
Rittou701_02Rittou601_03Rittou601_04  

 

 

   土手の草も、しだいに茶色く色を変え、初冬の雰囲気を出してきています。
Rittou702Rittou701Rittou703  

 

 

   農家の方が、藁束をかたづけていました。これから、藁束はしだいに数を減らしていき、冬の田んぼへと変わっていきます。
 最後の写真は、立冬の日、本日の夕日です。この時、夕日が出ているにもかかわらず、雷が鳴って雨が降り出しました。トイレのある小屋に逃げ込んで、やっと雨から逃れました。夕立みたいな雨でした。異常気象ですね。 では、次の節気は、「小雪」です。
Rittou801Rittou801_02Rittou801_01   

|

« 定期診察の日(66) | トップページ | 鈴木宣弘著「食の戦争」 »

コメント

寒くなってきました。お身体を大切になさって下さい。身近な所にもこんなキレイな風景があるということにあらためて気づかされました。関西の紅葉がだんだん色づいてきました。時機を見て撮影に行きたいですね…。

投稿: 光石 | 2013年11月 9日 (土) 03時48分

光石さん、コメントありがとうございます。

来週は、冬型気圧配置となり、寒くなるようです。
紅葉も徐々に進んでいくことと思います。
風邪を引いて喉が痛いです。困ったことです。

投稿: 墓石 | 2013年11月 9日 (土) 10時05分

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

文化パルクの紅葉も見事ですね。田んぼに
藁を立て、野草が咲き、夕日に鳥が飛びかい、
桜の葉が紅葉しまさに晩秋ですね。

草も染まってますね。人々を旨くキャッチされ
流石!流橋も流れてしまって残念です。

これからアチコチで紅葉です。楽しみですね。

投稿: 輝子 | 2013年11月10日 (日) 13時26分

輝子さん、コメントありがとうございます。

今日は、天気も悪く家で引きこもっています。
雨の写真を撮りに出かける戦闘力は無いです。
これから紅葉の季節です。楽しみですね。

輝子さんは、早朝の宇治田原へ行かれたようですね。
ブログ拝見しました。
朝霧。光るクモの糸。光芒。朝の光。
いいですね~。 

投稿: 墓石 | 2013年11月10日 (日) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/58533696

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「立冬」2013:

« 定期診察の日(66) | トップページ | 鈴木宣弘著「食の戦争」 »