« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月29日 (火)

私の散歩考

 私は、いつも木津川の土手を散歩しています。辞書で「散歩」を引くと、「気晴らしや健康などのために、ぶらぶら歩くこと。散策。」と出ています。散歩とはいったい何なのでしょうか。私にとっての「散歩」の意味を考えてみました。私の散歩考です。

 現役で働いていた頃は、毎日あくせくして散歩などを意識したことはあまりありません。しかし、退職した今は、たっぷりと時間があります。何処かへ行こうかとも、何をしようかとも考えることなく、急がず、心をゆったりとしてただ歩く、散歩とはなんという贅沢な時間の使い方なのでしょうか。
 今の時期であれば、田んぼには、藁の束が、祈りを込めた地蔵のように立ち並んでいます。あちこちで籾を焼く煙が立ち上ります。風景が、晩秋という季節を優雅に語ってくれています。
 土手に登る坂道を行けば、空は大きく広がり、白い雲が流れていきます。土手の上に立てば遙かに風景が広がり、山は青く、遠く風が渡っていきます。懐かしいような感覚が湧き上がり、少年時代を想い出したりします。
 土手の上に立つ巨木の前では、自分は、ほんの短い時間を生きるただの通行人に過ぎない、という思いに駆られたりします。
  私たちは、いつも風景の中に身を置いています。日常的風景の中で、風景と対話し、自分の存在を確認して生きています。身の回りの自然、身の回りの町の姿、人々の営み、それらの風景と語らい自分の生を確認する作業、これこそが散歩の本質であると思います。

 風景の中を散歩しながら、自己の内面を深く見つめた作家に梶井基次郎がいます。彼は、肺結核にかかり、大成することなく31歳の若さでこの世を去ります。代表作「檸檬」では、不吉な塊に心を押さえつけられた主人公は、京都寺町を散歩中に檸檬を見つけ、一個買います。この檸檬を丸善の美術書の上に置き去りにして店を出ます。そして、この檸檬が、時限爆弾として大爆発することを夢想します。
 梶井は、新鮮で冷ややかな檸檬により、「単純な冷覚や触覚や嗅覚や視覚」という人が本来持つべき感覚をとりもどし、また、この檸檬に「総ての善いもの総ての美しいものを重量に換算してきた重さ」を感じとったのです。つまり一個の檸檬の中に、人間が作り出した思想や美術などというものを遙かに超えるものを発見したのです。
 また、「筧の話」という作品の中では、山径を散歩しているとき、筧を流れる幽かな水音を聞きます。その魅力的な水音の中に、「理想の光」と「暗黒の絶望」という二つの相反するものを感じとります。そして、自分が背負わされた宿命について考えるのです。
 「課せられているのは永遠の退屈だ。生の幻影は絶望と重なっている。」と。
 梶井基次郎にとって、散歩とは自分の生の意味を確認するものであったと思います。

 一日の長さは24時間と決まっていますが、時間の流れは一様ではないように思います。散歩の中を流れている時間は、実にゆったりと流れているように思えます。きのうには咲いていなかった花に気づき季節の進み方を知る、過ぎ去った日々の中で遊び、過去の友人と語らい、流れていく雲に明日の世界を聞く、散歩の時間は行きつ戻りつ、ゆったりと流れていきます。
 私は、余命を知らされました。一日一日を大切に生きたいと思います。人生に目標を持ち日々努力する生き方が、日々を大切に生きることだと考える人もいるでしょう。しかし、目標を達成できなければ、その人生は挫折であり、逆に目標を達成すれば、自分自身の生きる意味を失うことになる、と考えることもできます。
 私にとって一日一日を大切に生きるとは、ゆるやかに進む時間の中で、静かに心を開き、身の回りの風景と語り合う、そんな時間をたっぷりと過ごすことのように思えます。
 人はいつの間にかこの世に生まれ、ほんの短い時間、風景の中を散歩し、ある日、何もなかったかのように去っていく、人生とはそんな散歩のようなものであると、私には思えます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

宇治田原柿撮影2013

 先日の晴れた日、短時間ですが、宇治田原にロケハンに行ってきました。今年の柿の状態を見るためです。今年は温かいためか、どこもまだ葉で覆われてています。もう少し経たないと、撮影には適さないように思います。
 宇治田原町の高尾は、少し高い位置にあるので、まだマシかもしれないと思い行ってみました。やはり少し早かったですが、何枚か写しました。その時の写真です。

 全体が分かるように引いて撮った写真です。葉を付けた木と葉を落とした木が混在状態ですね。ススキは風になびいて良い雰囲気です。高尾はススキの撮影でもいけるかもです。
Kaki102_01Kaki201_01Kaki303  

 

 

   ちょっとアップ気味で撮った3枚です。
Kaki601_03Kaki401_02Kaki502  

 

 

 

   ススキを意識して撮った3枚です。今日は短時間の予定なので、この辺で撤退です。
柿の撮影、もう少し日にちが必要のようです。11月に入ってからかな??
     では。 また。
Kaki701Kaki801_04Kaki901_05   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

二十四節気「霜降」2013

 10月24日は、二十四節気の一つ「霜降」でした。江戸時代の暦便覧によれば「 つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也」とあります。北国や山間部では、朝に白く霜が降り始める頃です。里では、虫の姿は消え、野の花の数も減り、しだいに紅葉が進み始める頃です。
 この節気の七十二候は、次の通りです。
 ★初候: 10/23~: 霜始めて降る      しもはじめてふる
 ★次候: 10/28~: 小雨ときどきふる    こさめときどきふる
 ★末候: 11/02~: 楓蔦黄ばむ       もみじつたきばむ
       11月7日が、次の節気「立冬」です。
 この節気では、霜が降り始め、冷たい雨が降り、紅葉がしだいに進んでいきます。

 季節はずれの台風がやって来て、今日も雨が降っています。霜が降りるなど、いつのことになるか分かりませんね。「霜降」にふさわしい写真は、撮れてないですが、まず、最初の3枚は落葉の写真です。後半の2枚は、今日の撮れたて写真です。
 「落葉」と言えば、ヴェルレーヌの詩ですね。上田敏の『海潮音』では、
~♪ 秋の日の ヰ゛オロンの  ためいきの ひたぶるに 身にしみて うら悲し。
   鐘のおとに 胸ふたぎ 色かへて 涙ぐむ 過ぎし日の おもひでや。     
  げにわれは うらぶれて ここかしこ さだめなく とび散らふ 落葉かな。♪~
と訳されています。私のような俗物は、美しい少女がヴァイオリンでも奏でているようなイメージを持ってしまいますが、「秋の日の ヰ゛オロンの  ためいき」とは、秋風のたとえのようです。堀口大學訳では、「 秋風の ヴィオロンの 節ながきすすり泣き」と訳されています。
 1枚目の写真、落ち葉が秋風に飛び散らっています。美しい少女は、ついに通らなかったですね。
Soukou101Soukou101_01Soukou102 

 

 

 

   次は、今の時期を代表する花、コスモスです。JR奈良線上狛駅の裏手の休耕田にコスモスが植えられています。三脚を持っていなかったので、地面の上にカメラを置いて、風を撮りましたので、ちょっと構図が・・・・。
 コスモスは秋桜とも呼ばれ、日本的な花ですが、歴史は意外と浅く、明治の始め渡来してきた花です。キバナコスモスは大正時代です。原産地はメキシコ周辺で、スペインに渡り、そこでコスモスという名が付き、世界中に広がったようです。コスモスは、ラテン語で調和、美しさを意味する言葉だそうです。英語では宇宙という意味もあるようです。休耕田に植えられ増えていく姿は、日本農業の衰退を象徴する花になるかもです。日本では、ひょっとすると、コスモスは悲しみという意味を持つようになるかもしれません。
Soukou201_02Soukou202_01Soukou203  

 

 

   今の時期、一番土手を彩っているのは、セイタカアワダチソウ(?)です。一時期、花粉症の原因と言われ一騒動ありました。荒れ地にしつこくはびこっているので、好きという人は少ないと思います。しかし、群生している姿は、あなどれない美しさです。この花は、虫媒花なので、花粉症を引き起こすリスクは少ないという指摘もあります。
Soukou301Soukou301_01Soukou301_02  

 

 

   次もセイタカアワダチソウです。この帰化植物も、ちゃっかり日本の風景にとけ込んでしまいました。
Soukou402Soukou401Soukou401_02  

 

 

   台風の来る前、良い天気が続きました。空高く雲雀が鳴いていました。雲雀と言えば、春ですが、季節を間違えたのでしょうか。
 稲刈りもかなり進みました。
Soukou502_2Soukou501Soukou501_01  

 

 

   稲刈りが終わると、田んぼには藁の束や、籾がらが残されています。籾を焼く白い煙があちこちで上がっています。
Soukou601Soukou601_01Soukou601_02  

 

 

   土手のススキも晩秋の雰囲気を盛り上げています。夕日の頃は、風に揺れる穂波が、金色に輝きます。
Soukou701_02Soukou701_01Soukou701  

 

 

   晩秋の土手は、ますます秋を深めています。秋も終盤です。
 では、この辺でお別れです。次は「立冬」、もう冬ですね。
Soukou802Soukou801Soukou801_01   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

亀岡夢コスモス園

 亀岡に関西でも有数のコスモス園があります。台風が近づいているので、これが最後のチャンスかも知れないと思い、昨日行ってきました。場所は亀岡運動公園体育館の横、約4.5haの土地に20品種約800万本(?)のコスモスが植えられています。駐車料金は無料。入園料は、平日500円、休日600円です。

 入り口には朝顔のトンネルがあります。朝顔の花の向こうにコスモスがみえています。今日の主役はコスモスです。先へ進みます。
Cosmos101Cosmos103Cosmos102 

 

 

   まず、コスモス畑の全体を入れた3枚です。
Cosmos201_01Cosmos202Cosmos201  

 

 

   今日は曇っているため、空を入れると秋の爽やかな雰囲気がでません。仕方がないので、ボケを大きく入れて、花らしい雰囲気を出そうとしましたが、なんせ開放値がF5.6の標準ズームでは、うまくボケてくれません。ちょっと苦戦です。
Cosmos301Cosmos302Cosmos303  

 

 

   いろいろやってみましたが、うまくいかないです。花の撮影は苦手です。うまく撮れないのはレンズが安物のせいにして、この辺で諦めです。
Cosmos403Cosmos401Cosmos402  

 

 

   蜜蜂飛んでいました。動きが速いので難しいです。三枚目は老夫婦。動きがゆっくりなので、考える暇があります。
Cosmos502Cosmos501Cosmos501_01  

 

 

 

   それから、案山子祭もやっていました。かなり力作の案山子もありました。
Cosmos602Cosmos601Cosmos603  

 

 

   500円払うと、自分で好きな花を摘んで花束にして、持ち帰ることが出来るサービスもあります。女性が花束を作っていました。私は、花束よりも、松茸ご飯500円を買いました。
 犬を連れている人がいました。
Cosmos702Cosmos701 
    では。また。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

C・モルガン著「人間のしるし」感想

0001ningen_01  今回は、私の学生時代の愛読書だったC・モルガン著「人間のしるし」(岩波現代叢書)を紹介と感想を書きます。著者のクロード・モルガンは、第二次大戦中、反ファシズムレジスタンス運動に参加し、占領下のパリで死の危険を冒し、非合法新聞「フランス文学」を発行し続けました。その体験を元にこの作品は書かれています。フランスレジスタンス文学の傑作の一つです。この本は、すでに絶版となっていますので、図書館で借りるか古本で購入する必要があります。

 では、超簡単にストーリーをまとめてみます。
 第1部。ドイツ軍の捕虜となり収容所生活をする主人公のジャン。ジャンには、パリで自分の帰りを待つ、愛する妻クレールがいます。この収容所に、友人の音楽家ジャックも送られてきます。ジャックは、妻のクレールとは幼なじみで、二人は互いに強い精神的絆で結ばれています。
 ジャンの知らない時代のクレールの写真を持っているジャック。クレールからの手紙を秘密にするジャック。ジャンは、しだいにジャックに対して嫉妬心をつのらせ、それをジャックにぶつけます。ジャックは、そんなジャンを厳しく批判します。
  「彼女の情熱、彼女の思想、彼女をおびやかしている危険のことなどは、すこしも気にかけていない。まるで彼女が品物か、それとも奴隷ででもあるかのように、クレールを所有することばかり考えている。」と。
 ジャックは、収容所からの脱走を図りますが、捉えられ、逃亡の無理がたたって病魔に侵されます。ジャックは、病床を見舞ったジャンに、自分の真実の気持ちを伝え続けます。ファシズムとの戦いの必要性、芸術の意味、クレールに対する尊敬と愛に満ちた精神的な繋がりなどについて。ジャンは動揺しつつも、自分の精神的、思想的弱さを自覚していきます。
 やがてジャックは病死し、第1部が終わります。
 第2部。ジャンは肺病を理由に釈放され、パリに帰り、クレールとの生活を取り戻します。ある日、ジャックは、クレールの手帳(日記)を読んでしまいます。そこに書かれていたのは、人間として、より精神的高みを目指そうと苦悩するクレールの姿でした。夫ジャンに対する愛と苦悩。結婚とは、家庭とは何か。ジャックとの思想的・精神的なつながり。芸術の果たす意味など。ジャンは、自分が余りにもクレールのことを理解していなかったこと、クレールを小さな幸せの中に閉じこめようとしていたことに衝撃を受けます。ジャンは、真に人を愛するとは何かに気づいていきます。
 その後、ジャンは地下活動へと入りますが、再び逮捕され収監されます。妻を拘束するなどの脅迫。拷問。同房者の銃殺。様々のな困難の中で、ジャンは、自らの思想的弱点を乗り越え、ジャックがそうであったと同じように、妻クレールへの真実の愛に目覚めていきます。
 証拠不十分のため、ジャンは釈放されますが、家に帰ると妻のクレールはすでに囚われの身となっていることを知ります。反ファシズムの戦いは遙かに続いていきますが、物語はここで終わっています。最後の数行を書き出してみます。
 ・・・それはケチな自己愛でもなければ、倦くこと知らぬ所有愛でもない。分かち合う努力、共通の世界観、より美しい生活に対する信念の上にきずかれる愛。自由から切り離されず、生きることの唯一の理由である、あの愛。人々が毎日、歌を口ずさみながら、死と刑罰に立ち向かい、機関銃と戦車とにぶつかって行くのは、愛のためである。・・・

 私が高校生の頃、「愛と死を見つめて」(大島みち子)がブームとなりました。吉永小百合主演で映画化もされたと記憶しています。純粋で汚れのない二人の愛は、多くの人々の涙を誘い、支持もされました。しかし、恋愛を至上のものとする恋愛至上主義は、好きだという感情に依拠している以上、人の心のうつろいやすさを知っている者にとって、美しくとも極めて危ういものにみえます。また、恋愛至上主義は、社会から孤立し、二人だけの世界に逃避していく危険も孕んでいます。
 「人間のしるし」の中で展開されたのは、真の恋愛とは、お互いが依存し合うのでもなく、お互いがお互いを所有するのでもない、自立した二人が手を取り合い未来に向かって進むものである、という恋愛観です。社会に開かれた愛。自己の確立への愛。未来に向かう愛。この恋愛観は、戦後民主主義の影響を受け、社会の変革を求めた多くの若者に大きな影響をあたえました。
  「星の王子様」で知られ、反ファシズムの戦いの中で死んだサン=テグジュペリもまた、愛について同じ意味のことを書き残しています。「愛とはお互いがみつめあうことではなく、ともに同じ方向を見つめることである。」と。
 現代の日本では、恋愛や結婚を手段と捉える風潮が広がっています。「婚活」という言葉が流行し、結婚の結果により、負け組と勝ち組に仕分けされるような風潮です。また、人格の形成から切り離された恋愛は、好きだという感情のみが絶対視され、暴走すれば、それはただのストーカーにすぎません。
 経済的効率のみが優先され、人間性が踏みにじられ、公然と軍事力の強化が叫ばれる今、「人間のしるし」は、多くの若者に読んでほしい一作です。この本、お薦めします。                      では。 また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

二十四節気「寒露」2013

 10月8日は、二十四節気の一つ「寒露」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也」です。冷たい露が結ばれ、山々の木々は紅葉の準備に入る頃です。秋本番です。しかし、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉を裏切って、異常に暑い日が続いています。異常気象ですね。
 この節気の七十二候は次の通りです。
 ★初候:10/08 ~: 鴻雁来る    こうがん きたる
 ★次候:10/13 ~: 菊花開く    きくのはな ひらく
 ★末候:10/18 ~: 蟋蟀戸にあり  きりぎりす とにあり
         10月23日が次の節気「霜降」です。
 この節気では、雁が北から渡ってきて、菊の花が咲き、寒くなって野原のキリギリスがしだいに声を潜め戸口で鳴くようになると思われています。人恋しい時期です。

 では、前節の「秋分」以降の写真で、季節の移ろいをみていきましょう。
 秋は風に運ばれやって来ます。万葉集では、風を詠った歌は多いそうです。特に秋の風を歌ったものが多いそうです。安貴王(あきのおほきみ)の歌です。
   ~♪ 秋立ちて 幾日もあらねば この寝ぬる 朝明の風は 本寒しも ♪~
意味::秋になり幾日もたっていないのに、この寝ての朝風は手元に寒く感じられる。

 風は雲を運んできます。万葉集の歌に詠まれる「雲」は、およそ200首あるそうです。
作者: 不明の歌です。
  ~♪ 秋風の 吹きただよはす 白雲は 織女の 天つ領巾かも ♪~
意味::秋風が吹きただよはす白雲は、織女(たなばたつめ)の空飛ぶ領巾(ひれ)でしょうか。 ♪~
  秋らしい雲の写真です。秋の晴れた日は、絹層雲や高層雲が広がり、夕焼けは美しいです。
Kanro101Kanro101_01Kanro102  

 

 

   枕草子によれば、「秋は夕暮れ」ですね。次は、秋の木津川土手の夕日です。
 二枚目の写真のおばあさんは、手押し車でよく散歩をしています。以前、私は、地面に腹ばいになって写真を写していたところ、このおばあさんに、人が倒れていると叫ばれてしまいました。
Kanro201_01Kanro202Kanro201  

 

 

   秋の植物と言えば、ススキ、オギですね。万葉集には、ススキ・をばな・草(かや)・み草の名前で、たくさん詠まれています。作者: 不明の歌です。
  ~♪  人皆は 萩を秋と言ふよし 我れは 尾花が末を 秋とは言はむ  ♪~
意味::人は皆、萩が秋の花だというけれど、私は尾花こそが秋の花だと言いましょう。
Kanro301Kanro301_01Kanro301_02  

 

 

   現代では、秋の花と言えばコスモスですね。コスモスは、メキシコ原産で明治時代に日本へ伝わって来たようです。萩やススキなどに比べると遙かに派手な花です。万葉の頃の花に対する美意識と現代の美意識には、かなりの違いがあるように思います。
Kanro401_01Kanro401Kanro402  

 

 

   秋と言えば、秋祭りです。先日、6日は、水主神社の祭りでした。今年は時間を間違えて、終わる頃になって駆けつけました。後の祭りです。
Kanro501Kanro502Kanro501_01  

 

 

   秋と言えば旅に出たい気分ですが、近鉄富野荘鉄橋の写真で我慢します。
Kanro603Kanro602Kanro601 

 

 

   次は、文化パルク城陽の秋です。夕日に影が長く伸びています。子供たちがなにやら内緒の相談をしているようです。
Kanro702Kanro701Kanro703  

 

 

   田んぼでは、稲が実りの時期を迎えました。
Kanro801Kanro801_01Kanro801_02  

 

 

   稲刈りはかなり進みました。次の節気までには、完全に終了していると思います。
Kanro901Kanro901_01Kanro902  

 

 

   では、実りの秋に感謝しながら、お別れです。次は、「霜降」です。 では。また。
Kanro9901Kanro9902Kanro9901_01   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

定期診察の日(65)

  今日は、KS病院へ定期診察に行ってきました。薄曇りの過ごしやすい一日でした。診察の順番も順調にまわってきました。

 さて、診察の結果です。抗ガン剤の量が増えているので当然ながら、血小板数は、74万/μlに減少しました。
 しかし、ヘモグロビンが異常減少しました。過去最低を遙かに下回る急減少です。最近、少し動くと息切れがしていました。原因は、これだったようです。病気が新しい局面に入ったかも知れないです。今までになかった血中酸素量の検査もしました。
 結論ですが、今のままで様子をみるそうです。
  今まで余命を宣告された割には、普通に生活してきましたが、「息切れ」は病人であることの意識が一層高まりますね。少々心配です。しかし、心配してもどうしようもないですけどね・・・。
  中性脂肪、尿酸値、。カリウム、LDH、γGTPなどは異常値のままです。足の痺れや脇腹の違和感、微熱などの症状も相変わらずです。

 余談ですが、今日は、隣の診療科で、私と同姓同名の人がコールされていました。一瞬自分が呼ばれたのかと思いました。偶然もあるものですね。
             では。 また。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

美山町茅葺きの里

 先日、退職教員仲間のTg氏と、京都府南丹市美山町の茅葺きの里へ行ってきました。美山町のかやぶきの里は、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。今の時期、かやぶきの里では蕎麦の花が満開となっています。
 無料の駐車場に車を止めると、目の前がもう蕎麦畑です。平日だというのに、かなりの観光客です。
 まず、蕎麦の花を写した3枚です。写真としてはちょっとありきたりですが・・・。
Miyama101Miyama103Miyama102  

 

 

   次の一枚目、定番の場所から、赤いポストのある村の入り口です。村の入り口付近には、彼岸花も咲いています。昔は、この辺りに彼岸花は無かったそうですが、最近は増えてきています。良い雰囲気です。
Miyama201Miyama202Miyama203  

 

 

   村の中にはいると、庭先のコスモスなどが歓迎してくれます。
Miyama301Miyama303Miyama302  

 

 

   シオンの花、紅葉も。
Miyama402Miyama401Miyama403  

 

 

   次は、生活感のある3枚です。
Miyama501Miyama502Miyama503  

 

 

   案山子の立っている田んぼでは、稲が実り収穫の時期を迎えていました。
 3枚目の写真は案山子を写す女性ですが、中国語を喋っていました。中国には案山子はないのでしょうか?気になります。都市部の人かも。
Miyama603Miyama602Miyama701  

 

 

   帰り道、国道9号線沿いの田んぼに彼岸花が咲いていました。八木付近だと思います。
     では。  また。
Miyama801Miyama802Miyama803   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »