« 定期診察の日(65) | トップページ | C・モルガン著「人間のしるし」感想 »

2013年10月 8日 (火)

二十四節気「寒露」2013

 10月8日は、二十四節気の一つ「寒露」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也」です。冷たい露が結ばれ、山々の木々は紅葉の準備に入る頃です。秋本番です。しかし、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉を裏切って、異常に暑い日が続いています。異常気象ですね。
 この節気の七十二候は次の通りです。
 ★初候:10/08 ~: 鴻雁来る    こうがん きたる
 ★次候:10/13 ~: 菊花開く    きくのはな ひらく
 ★末候:10/18 ~: 蟋蟀戸にあり  きりぎりす とにあり
         10月23日が次の節気「霜降」です。
 この節気では、雁が北から渡ってきて、菊の花が咲き、寒くなって野原のキリギリスがしだいに声を潜め戸口で鳴くようになると思われています。人恋しい時期です。

 では、前節の「秋分」以降の写真で、季節の移ろいをみていきましょう。
 秋は風に運ばれやって来ます。万葉集では、風を詠った歌は多いそうです。特に秋の風を歌ったものが多いそうです。安貴王(あきのおほきみ)の歌です。
   ~♪ 秋立ちて 幾日もあらねば この寝ぬる 朝明の風は 本寒しも ♪~
意味::秋になり幾日もたっていないのに、この寝ての朝風は手元に寒く感じられる。

 風は雲を運んできます。万葉集の歌に詠まれる「雲」は、およそ200首あるそうです。
作者: 不明の歌です。
  ~♪ 秋風の 吹きただよはす 白雲は 織女の 天つ領巾かも ♪~
意味::秋風が吹きただよはす白雲は、織女(たなばたつめ)の空飛ぶ領巾(ひれ)でしょうか。 ♪~
  秋らしい雲の写真です。秋の晴れた日は、絹層雲や高層雲が広がり、夕焼けは美しいです。
Kanro101Kanro101_01Kanro102  

 

 

   枕草子によれば、「秋は夕暮れ」ですね。次は、秋の木津川土手の夕日です。
 二枚目の写真のおばあさんは、手押し車でよく散歩をしています。以前、私は、地面に腹ばいになって写真を写していたところ、このおばあさんに、人が倒れていると叫ばれてしまいました。
Kanro201_01Kanro202Kanro201  

 

 

   秋の植物と言えば、ススキ、オギですね。万葉集には、ススキ・をばな・草(かや)・み草の名前で、たくさん詠まれています。作者: 不明の歌です。
  ~♪  人皆は 萩を秋と言ふよし 我れは 尾花が末を 秋とは言はむ  ♪~
意味::人は皆、萩が秋の花だというけれど、私は尾花こそが秋の花だと言いましょう。
Kanro301Kanro301_01Kanro301_02  

 

 

   現代では、秋の花と言えばコスモスですね。コスモスは、メキシコ原産で明治時代に日本へ伝わって来たようです。萩やススキなどに比べると遙かに派手な花です。万葉の頃の花に対する美意識と現代の美意識には、かなりの違いがあるように思います。
Kanro401_01Kanro401Kanro402  

 

 

   秋と言えば、秋祭りです。先日、6日は、水主神社の祭りでした。今年は時間を間違えて、終わる頃になって駆けつけました。後の祭りです。
Kanro501Kanro502Kanro501_01  

 

 

   秋と言えば旅に出たい気分ですが、近鉄富野荘鉄橋の写真で我慢します。
Kanro603Kanro602Kanro601 

 

 

   次は、文化パルク城陽の秋です。夕日に影が長く伸びています。子供たちがなにやら内緒の相談をしているようです。
Kanro702Kanro701Kanro703  

 

 

   田んぼでは、稲が実りの時期を迎えました。
Kanro801Kanro801_01Kanro801_02  

 

 

   稲刈りはかなり進みました。次の節気までには、完全に終了していると思います。
Kanro901Kanro901_01Kanro902  

 

 

   では、実りの秋に感謝しながら、お別れです。次は、「霜降」です。 では。また。
Kanro9901Kanro9902Kanro9901_01   

|

« 定期診察の日(65) | トップページ | C・モルガン著「人間のしるし」感想 »

コメント

秋とはいえあまりに暑いのでまだ短パン、半袖で生活しています。100年前にもこのような気候があったそうな…。秋が満喫できる写真ですね。雲、ススキ、夕日、コスモス、祭、みのり、…身近な所でこんな美しい風景が見られるのは写真の醍醐味、有り難いです。

投稿: 光石 | 2013年10月 9日 (水) 18時28分

光石さん、コメントありがとうございます。
毎日暑いです。しんみりとした秋を楽しむためには、一定の涼しさも
必要ですね。こう暑いとは困ったものです。

前ボケを大きく入れた花の写真を撮ろうと工夫してみましたが、
果たして、成功しているのかどうか、疑問の残るところです。
邪魔なような気がしています。

投稿: 墓石 | 2013年10月 9日 (水) 20時06分

暑いですね!もう10月11日ですのに。
秋、、、明日あたりその言葉がピッタリ来る
でしょうか。

綺麗な夕日ですね。木津川は実に広々して
夕日が素晴らしいです。
またそこにいる人々も、墓石さんの手に
より、相応しい絵に溶け込んでいます。

このところ集会があって、疲れましたぁ。

投稿: 輝子 | 2013年10月11日 (金) 12時44分

輝子さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
いつも同じような写真で、申し訳ないです。

毎日暑いです。明日の夜から急に涼しくなると、天気予報が言っています。
期待しています。秋の夜は、ちょっと薄ら寒く、しんみりといきたいです。
集会ですか。疲れて、夜眠る前には、やはりお祈りされるの
でしょうね。充実した生活ですね。

高原の白樺、紅葉、霧、澄んだ湖面、秋らしい写真を拝見しました。
良い写真が撮れましたね。いいですね。

投稿: 墓石 | 2013年10月11日 (金) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/58345118

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「寒露」2013:

« 定期診察の日(65) | トップページ | C・モルガン著「人間のしるし」感想 »