« 島本理生著「七緒のために」 | トップページ | 志賀櫻著「タックスヘイブン」 »

2013年8月23日 (金)

二十四節気「処暑」2013

 8月23日は、二十四節気の「処暑」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「 陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也」です。萩の花が咲き、朝夕は心地よい涼風が吹く頃です。
 この節気の七十二候は次の通りです。
   ★初候 :8/23~ ; 綿のはなしべ開く  わたの はなしべひらく
  ★次候 :8/28~ ; 天地始めてさむし  てんち はじめてさむし
  ★末候 :9/02~ ; 禾乃ちみのる    こくもの すなわちみのる
 この節気は、綿の実を包む萼が開き、暑さもようやく収まり始め、朝夕は涼しさを感じるようになり、田に稲が実り穂を垂らす時期ということです。
 
  今年は異常気象の連続。連日の猛暑にかなりやられています。二十四節気の季節感とは、少し離れすぎています。しかし、暑さに負けず、「処暑」を探しに木津川土手へ出かけましょう。
 暑い日が続いていますが、秋は着々と歩みを進めています。まず、田んぼの稲に穂がつきました。案山子も登場しました。空をちぎれ雲が流れていきます。夕方になると、涼しい風が田んぼの上を渡っていきます。
Shosho101_01Shosho102Shosho101_02  

 

 

   土手の上に立って雲を見ていると、昔読んだ「ノンちゃん雲に乗る」を思い出しました。私が小学生だった頃、この作品は大変な話題になりました。私は見ませんでしたが、天才バイオリニストの鰐淵晴子の主演で映画化されました。その頃、小学館の「○年生」という雑誌の表紙を飾っていたのは、目のパッチリした松島トモ子でした。私の頭の中には、「松島トモ子=ノンちゃん=雲に乗る」の連想が出来上がってしまいました。今でも、空に浮かぶ雲を見ると、ノンちゃんが座ったフカフカのソファのような雲、帰りに乗った小雲は、どんな雲だったのだろうと思ったりします。今の子は、松島トモ子は知らないですね。ライオンに噛まれたタレントとしては知っているかも。
 雲の写真3枚お届けします。1枚目と2枚目は、「ノンちゃん」の雲です。
Shosho202Shosho201Shosho203  

 

 

   毎日暑いので、散歩に出かけるのはたいてい夕方です。夕日に、入道雲やかなとこ雲が紅く染まっています。3枚目は雨柱が写っています。この写真の後、猛烈な雷雨に襲われました。
Shosho301Shosho301_02Shosho3014  

 

 

   次も雲の写真です。
 今回は雲の写真が多いついでに、ボードレールの散文詩を紹介してみます。
        エトランジェ(異国人)
 ----君は何を一番愛するか? 謎の人よ、聞かせてくれ、君の父か君の母か、それとも姉妹か兄弟か?
 ----私には父も母もない、姉妹も兄弟もない。
  ・・・この後、謎の人は、質問者の質問にことごとく否定の答えを言います。質問者は、この謎の人に対して「世にも変わったエトランジェよ!」と嘆きます。そして、「君は一体何を愛するのか?」と最後の質問を投げかけます。エトランジェは答えます。
 ----私は雲を愛する。・・・あの流れゆく雲を・・・向こうの・・・向こうの・・・あの素晴らしい雲を!
 何にも束縛されず、止むことなく変化を続け、どこかに去っていく、雲を愛する人生のエトランジェ。ポードレールは若かった頃に読みました。遙か昔のことです。今はちょっと・・・。
Shosho301_04Shosho403Shosho401  

 

 

   なにげなく撮った夕方の木津川土手です。だいたいこんな雰囲気です。
Shosho501_01Shosho501Shosho502  

 

 

   次は茶畑のスプリンクラーです。夕日で水が金色に輝くところがいいですね。
Shosho602Shosho601Shosho601_01  

 

 

   毎回出てくるおなじみの流れ橋の夕焼けです。
Shosho701_01Shosho701Shosho702  

 

 

   お別れの三枚です。
 土手を行くと百日紅の花です。ここで岡麓の歌です。
    ~♪ 百日紅 花のさかりはいとながし 秋近づきて 暑さまされり ♪~
  鴻ノ巣山で見かけたキノコ。秋ですね。
 最後は、土手に沈む夕日。   では。また。
Shosho801Shosho801_02Shosho801_01   

|

« 島本理生著「七緒のために」 | トップページ | 志賀櫻著「タックスヘイブン」 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

土手の風景満喫させて頂きました。朝夕が涼しく
なる頃、、、昔でしたね。今だ暑くて!
夕方の土手がいいですね。夕方、、、女性は忙しく
してまして、アキマセン。

雲がいいですね!こんな雲が大空に広がるのは
迫力あるでしょ。それに夕日に照らされたスプリン
クラーが素敵です。うっとりですよ。

太陽に、自転車の人、旨く嵌りましたね。流石!

カメラが腐ってるのでは?と思える程撮ってないの
ですよ。

投稿: 輝子 | 2013年8月23日 (金) 19時38分

松島とも子ちゃん、好きでした。
あんなに可愛くなりたいなんて思ってました。
目がくりくり。横の髪のカーブ。可愛い!

小学5年、6年。よく母が買って来てくれ
ました。少女小説に涙ポロリで読んで感激!
次月が楽しみでした。

投稿: 輝子 | 2013年8月23日 (金) 19時43分

輝子さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

毎回同じような写真で申し訳ないです。
狭い範囲で撮っているので仕方がないですが・・・。
季節の変化を楽しんではいます。

松島トモ子好きでしたか。好きなのは男子だけだと思っていました。
ただし、その頃の男子は、好きでも口には出しませんでした。
興味がなさそうに振る舞っていました。もちろん私もです。
恥ずかしかったというか、秘密でした。
懐かしい話ですね。

投稿: 墓石 | 2013年8月23日 (金) 20時15分

毎回、すばらしい写真や読書感想文を楽しませていただいております。雲は自由な形で空を流れていく…キレイですね。最後の1枚、夕日を背に土手を自転車で走り抜けていく、これは幻想的ですが実写ですから見事としか言いようがありません。
暑さにまいっています。やっと処暑がきましたか。秋の花を撮影に行きたいです。

投稿: 光石 | 2013年8月24日 (土) 06時44分

光石さん、コメントありがとうございます。
下手くそな写真を見ていただきありがとうございます。

毎日暑さがひどすぎます。昼間はクーラーの部屋で
夕方散歩に行く生活が続いています。今日は雨で蒸し暑いです。
涼しくなったら撮影にいきたいものです。

投稿: 墓石 | 2013年8月24日 (土) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/58047840

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「処暑」2013:

« 島本理生著「七緒のために」 | トップページ | 志賀櫻著「タックスヘイブン」 »