« 二十四節気「小暑」2013 | トップページ | 箱館山ユリ園見物 »

2013年7月12日 (金)

定期診察の日(62)・新薬情報

今日は定期診察日でした。毎日蒸し暑い日が続いていますが、今日は外では風があって、割合と過ごしやすかったです。

 さて、診察の結果です。血小板数は、84万/μlに増加しました。抗ガン剤の量が増えているにも拘わらず、8万も増加とは、たいした増加量ではないですが、気分的にはちょっと好まない結果ですね。中性脂肪、尿酸値、。カリウム、LDH、γGTPなどは異常値のままです。
 最近、新たな自覚症状が出てきました。朝、起きあがろうとすると、必ずめまいが発生します。二度ばかり転倒しました。じりじりとヘモグロビン値が減少してきています。グラフにすると、変動しながらも、長期的傾向でみるとしだいに減少していることが、よく分かります。病気も、しだいにゆっくりと進んでいるようです。
 投薬量は変わらずで、様子を見ていくということです。

 【余談です】
 血小板増多症、骨髄線維症、真性多血症など、骨髄増殖生疾患と呼ばれるグループの病気は、今のところ不治の病ですが、徐々に研究が進み、JAK1やJAK2と呼ばれる遺伝子に変異が発生していることが分かってきています。遺伝子治療が進めば、将来的には完治する病気になることは確実だと思われます。私には、まったくまにあわないですけどね。
 JAK1とJAK2の両方に作用するJAK阻害薬なども、徐々に開発されてきているようです。まだ若い人は、希望を持てますね。
 日経メディカルオンラインというサイトのロキソリチニブ(Ruxolitinib)という新薬のニュースをリンクしておきます。
   
 ①2011年8月5日=骨髄線維症対象ruxolitinibの新薬申請を米食品医薬品局(FDA)が受理 →こちらから

 ②2012年8月30日=欧州でJAK阻害剤ruxolitinibが骨髄線維症の治療薬として承認
       →こちらから

  ③2013年6月6日=骨髄線維症患者に対するruxolitinib長期投与は骨髄線維化の進行を抑制 →こちらから

  ④2013年 6月19日=Ruxolitinibは骨髄線維症患者に生存利益をもたらす
       →こちらから

|

« 二十四節気「小暑」2013 | トップページ | 箱館山ユリ園見物 »

コメント

こんばんは。(*^_^*)

血小板の増加で御心配の事と思います。
しかし何とか進まない様にして、遺伝子治療
等を受ける事が出来る様に祈っています。

医学は実に進歩してますね。
私もIPS細胞治療を待ち望んでいます。
希望を持って進みましょう。

投稿: 輝子 | 2013年7月12日 (金) 23時34分

輝子さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

IPS細胞治療も動き出してきていますね。
医学の進歩は早いです。将来的には、かなりの病気が
克服されると思います。
今、生まれてきた子供には間に合いそうですね。

暑さで、ちょっと引きこもり生活です。
元気を出して行動します。

投稿: 墓石 | 2013年7月13日 (土) 09時43分

こんにちは。
私は心臓も悪いのでどちらの原因かわかりませんが、時々眩暈がします。
先日、自分では意識があったと思っていたのですが
眩暈で座り込んだ後に、坐骨に打撲痛があり、頭には瘤が出来ていました。
医者からは電車を待つ時はプラットホームの前に行かないように、車の運転はしないように言われています。

ポピュラーな病気ではありませんが
1日も早く良い治療法が見つかればと願います。
健康な人でも辛い酷暑が当り前になってしまいました。
お身体をお大事にpenguin

投稿: alice | 2013年7月17日 (水) 06時58分

aliceさん、こんには。
コメントありがとうございます。

駅のプラットホームは、私も警戒して、前に出ないようにしています。
人から押されるような気がして、以前からですけどね。
車の運転はしています。ちょっと気になります。スピードは抑えています。

これから暑い夏です。aliceさんも、体にはお気をつけて
お過ごし下さい。

投稿: 墓石 | 2013年7月17日 (水) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/57777192

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察の日(62)・新薬情報:

« 二十四節気「小暑」2013 | トップページ | 箱館山ユリ園見物 »