« 定期診察の日(59) | トップページ | 二十四節気「穀雨」2013 »

2013年4月21日 (日)

卒業生の結婚式Ⅱ

 昨日、私の最後の勤務校K中学の卒業生、T.Hanaさんの結婚式が、京都ホテルオークラで催され、出席してきました。私は、T.Hanaさんを二年生の時に担任をしていました。楽しい夢のような時間を過ごすことができました。結婚式とは、参加者にも幸せを配ることのできる催しであることは間違いないです。

Hanakekkon01  男性よりも女性の方が、結婚式に憧れるというのも理解できます。結婚式で最も輝くのは、花嫁なのですから。この日も、新婦は輝いていました。
 ここで、T.Hanaさんの魅力を少し説明しておきます。
 本当に素直で明るく活発です。←こんな通知票の所見欄のような書き方では伝わりませんね。では、別の書き方で・・・・。
 私はその頃、女性ポートレート撮影に密かに夢中になっていました。タングステンフィルムを使用する技術もマスターしました。T.Hanaさんをモデルにして写真が撮りたいといつも思っていました。私の脳裏に浮かんでいたイメージは、「桃の花の間を吹き渡っていく青い春の風」という感じです。この不謹慎な願望はついに実現することはありませんでしたが・・・・。
 T.Hanaさんの素直さと明るさは、私のようなひねくれた性格の者からすれば、まぶしささえ感じます。このような素直で明るい子供は、どのような家庭で育てられたのか謎でしたが、その謎も、この結婚式で分かったような気がします。
 新婦は、式の最後の方で、両親への感謝の手紙を朗読しました。深い愛情をもって厳しく育ててくれた母への感謝。人の命を預かる職業ゆえ、家庭を少し犠牲にする場面もあった父の医師という職業への理解。父への尊敬と感謝。なかなかの名文です。「私はお父さんのような人を見つけました!」という部分がありました。父親としてはどう思われたか解りませんが、この言葉はT家の家庭教育の集大成のように私には聞こえました。
 
 新婦は、水産大学の航海科に進学しました。そのことを聞き、私はエッ!と驚きました。私は勝手にHanaさんのイメージを作り上げていたようです。海が好きだという娘の夢が、海のように広い家族の愛に支えられていたのだと思います。
 新郎と新婦は、水産大学時代の友人。新郎はM商船に就職され、海の男になlりました。家庭を留守にすることも多いようです。その意味でも、新婦は「私はお父さんのような人を・・・」と表現されたのですね。  幸せな結婚生活をお祈りします。

 それから、もう一言追加を。
 新婦は、中学時代バレーボール部でしたが、このクラブの友達が多数参加していました。この学年の部員は、可愛い子揃いで有名でした。顧問教師が面接して選考したのではないかと、冗談を言う人も確かにいました。成人してますます美しさを増した彼女たちと、同じテーブルだったとは、なんとも幸運なことでした。
               では。  また。
   肖像権ギリギリですが、一枚だけ写真掲載します。

|

« 定期診察の日(59) | トップページ | 二十四節気「穀雨」2013 »

コメント

Hちゃんの幼なじみの元G紫野です。
先生に名刺いただいたので、見にきました!思いがけないところで、先生にお会いできて嬉かったです。Hちゃんに感謝ですね。

闘病中には見えないくらいお元気そうにみえたので、ブログみてびっくりです。
順番に読ませていただきます。
頑張ってもっともっと元気でいてくださいね!応援しています。

投稿: しの | 2013年4月22日 (月) 01時31分

紫野さん、ご訪問ありがとうございます。

卒業生の皆さんにも会えたし、楽しい一時でした。
紫野さんお元気そうでしたね。子育て頑張ってください。
こんな場合、子供さんはご主人が面倒を看られていると想像します。
賢い紫野さんなので、子供と夫の教育は、バッチリだと思います。
 また、ご訪問下さい。

投稿: 墓石 | 2013年4月22日 (月) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/57217967

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業生の結婚式Ⅱ:

« 定期診察の日(59) | トップページ | 二十四節気「穀雨」2013 »