« 日本の国家財政と税制② | トップページ | 卒業生の結婚式Ⅱ »

2013年4月19日 (金)

定期診察の日(59)

今日は定期診察日でした。晴れていましたが、恐ろしく風の強い一日でした。
 診察の結果です。血小板数は、ほぼ77万/μlでした。微妙に下がりました。管理目標の上限80万周辺をウロウロといった感じです。投薬量の増量は次回に持ち越しで、このまま様子をみるそうです。しかし、主治医によれば、薬は使用しているうちにだんだんと効きが悪くなるのは、薬の宿命として仕方がないということで、遅かれ早かれそのうち増量は避けられないということでした。
 主治医によれば、危機の兆候は血小板の急減少や白血球の急上昇として現れるそうです。今はそのような兆候は無いので、
 しばらくは今の状態が続きそうです。←この部分は私の感想的意見です。

 ヘモグロビン値は低めながらも横ばい、中性脂肪、尿酸値、。カリウム、LDH、γGTPなどは異常値のままです。尿酸値は高い状態が続いています。この病気に付随するもののようですが、痛風とか大丈夫なんでしょうかね。次回に質問してみます。中性脂肪も恐ろしく高いです。食事のカロリーは低く押さえており、しかも私は痩せています。これも病気に付随しているような気がします。これも次回に質問してみます。
             では。 また。

|

« 日本の国家財政と税制② | トップページ | 卒業生の結婚式Ⅱ »

コメント

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

検診、落ち着いて良かったですね!
この年になりますと、色んな異常が出て来て。。。

私も打撲で、これで一生終わりか!と思ったけど、
骨折がなくもう少し生かされるみたいです。(*_*)

山々が美しくなりましたね。
何かじっとしてられないです。

投稿: 輝子 | 2013年4月20日 (土) 09時45分

輝子さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

何となく横ばい状態で、変わりなく生きられています。
昨日は、夕方、井出の玉川に山吹の花を見に行ってきました。
新緑の季節となりました。何となく心が嬉しいです。
山笑うというのでしょうか。

投稿: 墓石 | 2013年4月20日 (土) 12時15分

墓石さん 検査落着いていて安心ですね。
私はこの前の血小板89.8でした。貧血があるので薬は増やせないと思います。
大学病院の為か?検査料が高いです。他にも病気があって、交通費や薬代と合わせると毎月のお小使いが無くなってしまいますshock
それでも検査結果は最大の関心事ですchick

投稿: alice | 2013年4月21日 (日) 07時36分

alice さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

お小遣いが無くなるとは、困った問題ですね。
私の場合は、低消費生活です。本ぐらいしか買わないです。

この病気、深刻で悲惨な響きのある病名なのに、普通に生活できるので
友人などに深刻さが伝わらないですね。
冗談を言っていると思われています。たぶん。

投稿: 墓石 | 2013年4月21日 (日) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/57206087

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察の日(59):

« 日本の国家財政と税制② | トップページ | 卒業生の結婚式Ⅱ »