« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

【尊厳死について】③

 「尊厳死」について書きましたが、もう少し書き足します。
 
  私は以前の記事で、自分は、「もっともっと生きたい!」と叫びながら死にたいと書きました。その第一の意味は、最期まで「生」に執着するのは醜いことだという考えに対する反発です。生きたいと思うのは当然であり、それを言って何が悪いのか、むしろ素晴らしいのではないかということです。私は、どうも「あまのじゃく」のようです。関西風に言えば、「へんこ」と言うことなのでしょう。子供の頃に、母からも「このあまのじゃくが・・・」と、よく叱られました。
  第ニは、病気が末期になり自分では何もできない、人のお世話になるのみで、社会の役にはたたず、襲ってくる痛みに耐えながら死を待つのみの状態になっても、それでもなお、自分が生きていく意味を見いだすことができるのかという問題です。そんな場面に立たされてもなお、私は「もっともっと生きたい!」と叫びたいのですが・・・。
 「最期の一瞬まで尊厳を失わずに生きる」、つまり、どんな状態になっても、生きる意味を持ち続けること、これは超難問のよう思えます。
 聖路加病院の日野原院長は、著作の中でこの超難問にキリスト教徒の立場から答えておられます。上智大学の学長をされていたヘルマン・ホイヴェルス神父の著書、『人生の秋に』(春秋社)に紹介されている詩を引用し、「祈る」ことはできると述べられています。神に許されてこの世にあるものは、愛するすべての人の上に、神の恵みを求めるため祈ることはできる、これこそが「最上のわざ」であると。
 著作権の問題があるかも知れませんがが、一応、詩の全文を書き出します。

    最上のわざ               
この世の最上のわざは何?
楽しい心で年をとり、
働きたいけれども休み、
しゃべりたいけれども黙り、失望しそうなときに希望し、
従順に、平静に、おのれの十字架をになう。

若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても、ねたまず、
人のために働くよりも、
謙虚に人の世話になり、
弱って、もはや人のために役だたずとも、
親切で柔和であること。

老いの重荷は神の賜物、
古びた心に、これで最後のみがきをかける。
まことのふるさとへ行くために。
おのれをこの世につなぐ鎖を少しずつ外ずしていくのは、
真にえらい仕事。
こうして何もできなくなれば、
それを謙虚に承諾するのだ。

神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる。
それは祈りだ。
手は何もできない。
けれども最後まで合掌できる。
愛するすべての人のうえに、神の恵みを求めるために。

すべてをなし終えたら、
臨終の床に神の声をきくだろう。
「来よ、わが友よ、われなんじを見捨てじ」と。

 日野原氏の著作を読んだばかりですので、今日は、「尊厳ある生」に対するキリスト教的な答えを紹介させていただきました。実に素晴らしい答えだと思いますが、私は神の存在を信じていないので、これは無理ですね。私などは、痛いのが苦手なので、すぐに、早く楽にしてくれと言いそうな気がします。自分を支えてくれた人、かかわってくれた人に、万感の思いを込めて、「ありがとう!」、「お幸せに!」と、私は言えるでしょうか?たぶん無理ですね。「痛いのを誰か何とかしろ!」くらいだと思います。そんな程度が、私にはふさわしいですね。
 仏教からの答えは、また次の機会にします。   では。また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

【尊厳死について】②

 前回の【尊厳死について】①の続きです。

 交通事故で即死、認知症になって自己が認識できない状態になっての死、病気で痛みに苦しみながらの死。死は、すべての人に、そして、その人その人に特有の状態でやって来ます。いくら考えても、人の死を「尊厳のある死」と「尊厳のない死」に分けることは、不可能であり、無意味です。
「尊厳ある」という形容は、「死」には掛かれないのです。むしろ、「生」に掛かるべき言葉です。「尊厳ある生」なら意味がはっきりします。死に至る最後の一瞬まで、人間らしく苦しみ、喜び、自尊心を持って生きるという意味です。「尊厳ある死」ではなく、「尊厳ある生」です。「最後まで尊厳を失わない生き方」をどう貫くかこそが、問題なのだと思います。「尊厳死」とは、「死に方」の問題ではなく、まさに「生き方」の問題だと思います。

 宗教学者の山折哲雄氏は、次のようなことを述べておられます。(超要約)
 「人生50年の時代から、人生80年の時代に入った現代は、生と死が遠く離され、生と死の間に『老』と『病』が割り込んできた。多くの人は、病に怯え、老いを嘆くばかりだ。現代人は、『老』と『病』にもっと向き合い、死生観のなかで、『老』と『病』の再定義をすることが必要だ。病を得て、老いることこそが、ほんとうに生きて、ほんとうに死ぬことにつながる。」
  山折氏のこの意見は、大いに納得します。『老』と『病』とに正面から向き合い、自分自身の「尊厳ある生」を求めてゆかなければならないのだと思います。

 聖路加国際病院院長の日野原重明氏は、次のように書いておられます。
 「近代医学をもってしても、癌の末期や老い果てた老人には、僅かの対症療法しか提供できないが、その老人に習慣化された根強い真の宗教の信仰さえあれば、それが近代医学に巧みに引き継がれ、それが心の支えともなり、生を美しく終わらせることになるものと思う。科学と宗教の二つの尾根の出会う稜線上から、人の魂が自然に無重力の宇宙に浮揚していく姿を私はイメージするのである。」(現代医学と宗教)
 クリスチャンでもある日野原氏は、「尊厳ある生」に、宗教的心情やヒューマニズムの果たす役割の大きさを強調されています。
 自分の信じる宗教を持つ人も、持たない人も、最期の一瞬まで、「尊厳ある生」を生きたいものです。

 『老』と『病』の問題を考えるとき、私には、先日の次のニュースは無視できないです。
  **産経新聞ニュースより**
 麻生太郎副総理兼財務相は21日開かれた政府の社会保障制度改革国民会議で、余命わずかな高齢者など終末期の高額医療費に関連し、「死にたいと思っても生きられる。政府の金で(高額医療を)やっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうなど、いろいろと考えないと解決しない」と持論を展開した。
 また、「月に一千数百万円かかるという現実を厚生労働省は一番よく知っている」とも述べ、財政負担が重い現実を指摘した。 ******

 失言大臣の麻生氏は、失言などではなく、本音で発言する、正直な人かも知れません。
 経済的利潤がすべてに優先する新自由主義的経済政策。新自由主義的な小泉構造改革・地方分権改革で、多くの労働者が非正規雇用へと追いやられ、地方の衰退、地域医療の衰退がもたらされました。その後も、医療分野や福祉・介護の分野でも、利潤を得るための規制緩和が進められようとしています。病院への株式会社参入、混合診療解禁、介護・福祉事業の民営化などです。『老』と『病』をめぐる社会システムの方は、「尊厳ある生」を応援しているとは言えないです。新自由主義的な経済政策により、社会の崩壊が進行しているように思います。

 以上、「尊厳死」について好き勝手を書きました。   では。また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

定期診察の日(57)・尊厳死について①

  今日は定期診察日でした。今日は待ち時間が長く、待合室で、「遅いっ!」と文句を言っているおばさんがいました。私は、本に飽きたので、廊下に張り出された患者からの投書とそれに対する病院の回答を読んでいました。職員の応対の悪さを訴えるものもかなりありました。私は、この病院職員の対応は丁寧だという感じでみていますが?・・・。
  さて、診察の結果です。血小板数は、ほぼ69万/μlに減少しました。主治医は、日々変動する数字なので、あまり気にすることはないと言われました。投薬量はこのままだそうです。薬の増量は免れました。
 ヘモグロビン値は低めながらも横ばい、中性脂肪、尿酸値、。カリウム、LDH、γGTPなどは異常値のままです。
  今日は、病気の今後について質問しました。主治医から、あり得る一つのシナリオが述べられました。「骨髄の繊維化がすすめば、脾臓が肥大化して、腹水が溜まるなどの重大な状態になる。」ということです。「血小板の数が安定して低く抑えられていれば、骨髄の繊維化も抑えられる。二次性の骨髄線維症の場合、血小板が多いことに反応して、繊維化が進むと考えられる。」とも言われました。
 二次性の骨髄線維症の場合、特発性の線維症と同じ経過をたどる人もあれば、ゆっくりした進行の人もあり、経過のバリエーションが多いようです。(これは、以前の診察で聞きました。)原因や病気の仕組みが、十分に解明されていないので、すっきりした答えは無いですね。
 とりあえず、現状維持ということです。 では。 また。
 
 ~余談です。~
【尊厳死について】①
 そんなに長く生きられないことを宣告された者にとって、「死」をどう考えるかは気になる問題です。気にしても結論はないですけど・・・・。先日、「尊厳死」という言葉に出会いました。なにやら「尊厳死協会」というのもあるようです。興味をもって、尊厳死協会ホームページを早速調べてみました。次のようなことが書いてありました。

   ****** 尊厳死協会のホームページより******
 日本尊厳死協会は、治る見込みのない病気にかかり、死期が迫ったときに「尊厳死の宣言書」(リビング・ウイル)を医師に提示して、人間らしく安らかに、自然な死をとげる権利を確立する運動を展開しております。
 リビング・ウイルとは、自然な死を求めるために自発的意思で明示した「生前発効 の遺言書」です。その主な内容は
    ○ 不治かつ末期になった場合、無意味な延命措置を拒否する
    ○ 苦痛を和らげる措置は最大限に実施してほしい
    ○ 回復不能な遷延性意識障害(持続的植物状態)に陥った場合は生命維持
      措置をとりやめてほしい
 自分の病気が今の医学では治る見込みがなく、死が迫ってきたとき(不治かつ末期)には、自から「死のあり方を選ぶ権利を持とう」、そしてその権利を社会に認めてもらおう、というのが設立目的です。ですから尊厳死運動は人権確立の運動なのです。
     **************

 この協会によれば、「不治かつ末期になった場合、無意味な延命措置を拒否する」ということが、「尊厳死」につながるということのようです。ウーン。どうもイマイチよく理解できないですね。
 回復が見込めない状態になり、胃瘻チューブや栄養点滴、排泄吸引チューブ、酸素吸入など、チューブに繋がれたような状態で生きるのは拒否したいということのようですが、無意味な延命治療とは何か、無意味を誰が決めるのか、どの程度の延命処置なら受け入れるのか、難しい問題が残ります。そもそも、医療チューブに繋がれた死は、尊厳ある死に方ではないというのもイマイチ理解できないです。逆に、医療チューブに繋がれなければ、尊厳死というわけでもないと思います。医療の進歩により、一日でも二日でも長く生きられる、これは、私には良いことのように思えます。少しでも長く生きられること目指して、治療にいろいろ努力していただいた医療スタッフの皆さんにも感謝して死ねます。ありがたいことです。医療も受けられずに死ぬよりは恵まれています。
 「在宅死」というのもあります。過剰な医療を受けず、無機質な病院ではなく、在宅で家族に見守られ死を迎えるという死に方です。しかし、これは、食事から排泄の世話から、何から何まで、介護する家族が大変です。長期に及べばなおさらです。「在宅死」は、一つの理想かも知れませんが、ちょっと美化され過ぎのような気がします。ことさら病院で死ぬことを拒否する必要はないように思えます。医療も受けられずに死ぬより、医療を受けて病院で死にたいですね。医療費が払えればの話ですが・・・。
                               この話、長くなりましたので、続きは次回に。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

二十四節気「雨水」2013

 2月18日は、二十四節気の一つ「雨水」でした。『暦便覧』によれば、「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」とあるそうです。雪や氷は融けて水となり、降る雨は植物の芽生えを準備する時期です。目にはっきりと見えないが、地面の下や木々の体内で、深く静かに変化が進んでいるのが、今の時期の自然です。「雨水」とは、自然に根ざし、農業により暮らしを営む人々の感性を感じさせる言い方だと思います。
 気象協会の二十四節気アンケートによると、「雨水」は、最も認知度の低い節気の一つようです。梅雨の頃と思っている人も多いようです。今の時期は、花粉症の始まる頃なので、「粉症」とか「粉飛」、「疼鼻」などの名前に変えれば、認知度は最高に上がります。しかし、趣は最低になりますね。

 18日も19日も、京都府南部は冷たい雨となりました。では早速、雨の写真を撮りに出かけましょうと言いたいところですが、体調が最悪でした。下痢、吐き気、微熱、腹の気分が悪く、何も食べられない状態が数日続きました。たぶん、今流行のノロウィルスによる食中毒だったと思われます。前々日に牡蠣を食べました。他の人に伝染させないよう、念入りで頻繁な手洗い励行中です。
 というわけで、「雨水」の写真といっても、14日の良い天気の日に撮った写真だけです。しかし、春らしい写真が撮れました。
 この日は、自転車で南へ向かいました。田んぼの畦道には、ナズナ、ホトケノザが咲き始めています。荒見神社参道の大榎です。城陽市の名木です。さらに南へ進み土手に上がります。城陽市名木、木津川土手の大榎です。
Usui102Usui103Usui101_01  

  

  

   今日は、再び土手を下りて東へ進みます。R24を横切り、観音堂という地区に入ります。京都府南部で最も早く土筆が出てくる地区として、私が勝手に認定しています。カキツバタやカラーなどの花を栽培するため、温かい地下水がくみ上げられ、温室もあります。この温室の傍にたくさん出ているはずです。
 やはり土筆が出ていました。かなり前から出ていたのか、しおれたものもあります。
道ばたのサザンカの垣根に、早くも蜜蜂か来ています。啓蟄は次の節気ですが、虫たちの春は始まっているようです。
Usui201Usui202Usui201_01  

  

  

  

   空中をホバリングする蜜蜂を写すのに夢中になっていると、突然、メジロが来ました。カメラから50cmもない距離です。驚きました。望遠レンズを持たない私のために、近くまで寄ってくれたようです。
Usui301Usui301_01Usui302  

  

  

   観音堂といえばハス田もあります。今年の開花を目指して整備されているところもあれば、まだ放置されているところもあります。水の中では、夏にあんなにも盛んだったハスも、今は静かに水に溶けて自然に還っていきます。私にとっては、良い被写体に思えるのですが・・・・。
Usui401Usui402Usui403  

  

  

   枯れ草に囲まれてハスの花托が一本。このハス田、今年は大丈夫なのでしょうか。
 観音堂を出て、再び土手に上がります。梅も紅梅も咲きそろいました。ウグイスの声も聞こえます。
Usui501_01Usui402_01Usui401_01  

  

  

    富野の近鉄鉄橋付近です。春の陽ざしが眩しいです。「光の春」という感じです。
 次は、土手の上から見た水田です。遠くに愛宕山(?)も見えています。冬枯れの静かな田んぼという感じですが、実は大変賑やかです。ケリが帰ってきたのです。けたたましい鳴き声で飛び回っています。ケリの恋の季節のようです。ヒバリの声もします。鳥の春も始まったようです。
Usui502Usui501Usui601  

  

  

   土手の枯れ木にモズです。万葉集でメジロの歌を捜しましたが見つからず、モズの歌は二首見つかりました。この歌によると、モズは、これからの季節、見られなくなるらしいです。
   ~春されば もずの草ぐき見えずとも 我れは見やらむ 君があたりをば~   
    意味: 春になってもずが草の中に隠れてしまって見えなくなっても、私はあなたの家の方を見てますよ。 (作者不詳)
 お別れは、土手に沈む夕日と近鉄富野鉄橋の電車です。 では。また。
Usui503Usui601_02Usui601_01   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

卒業生の結婚式

 一昨日、私の最後の勤務校K中学の卒業生、K.Minamiさんの結婚式に出席してきました。私は、K.Minamiさんを三年生の時に担任をしていました。いつも笑顔の優しい生徒でした。その時から、もう十年以上の時が流れてしまいました。夢のようです。
 さて、気になるMinamiさんの新郎ですが、D大の工学部を卒業して今の会社に就職し、その職場で二人は知り合ったそうです。席が隣同士だったとのこと。つまり二人は職場結婚ということです。新郎のお父さんは、なにやら、大学の医学部の教授らしいです。しかし、くだけた人で、最後の挨拶の時もジョーク満載で笑いをとっていました。明るい家庭の育ちのようです。
 新婦のご両親も、涙あり笑顔ありで幸せそうでした。新婦のお母さんの涙が幸せ感一杯という感じで、こっちまで幸せになってくるようです。
 式は、人前結婚式という形式でした。昔から、この形式はあるらしいですが、何か今風という感じで、よかったです。
 結婚式というのは不思議なもので、参加者に無条件で幸せ感を与えてくれるもののようです。他の卒業生にも会えました。楽しかったです。

Minami01  ところで、写真を趣味とする私は、写真の撮り方が少しずつ理解できるにつれ、結婚式場専属カメラマンのカメラ位置やシャッターチャンスのとらえ方のすばらしさが分かってきて、しだいに対抗心を燃やすようになってきました。式場専属カメラマンに負けない写真をプレゼントするというのを目指しています。
 しかし、今回は完全敗北だと思われます。たぶん? 間違いなく。 言い訳になりますが、会場が日本風の建物で窓が広くとられていて、光線状態が複雑でした。予期せぬ影が出たり、白抜けが出たりで苦戦しました。Minamiさんスミマセン。事後承認になりますが、一枚だけ掲載します。
              では。また。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

冬の琵琶湖東岸撮影

 寒い日が続いていますが、春はもうそこまでやって来ています。私にとっても冬は終わりました。冬には雪の写真を撮りたいと思っていましたが、体調が悪かったり、寒さに負けてぐずぐずしているうちに、雪の季節は終わってしまいました。雪に出会う努力を全くしなかったわけではありません。1月の終わりに、琵琶湖東岸へ行ってきました。雪は無かったですが、その時の写真です。

 近江大橋東詰付近から湖岸道路へ入り、ここから北上します。間もなく水鳥の群れるポイントがあります。カモメにパンをやっている夫婦がいました。私も真似をして、落ちているパンをやってみました。(3枚目) 気がつくと、指がカモメのよだれで濡れていました。鳥インフルエンザという言葉が頭をよぎりました。慌てて琵琶湖の水で手を洗いました。
Biwakotogan101Biwakotogan102Biwakotogan103  

  

  

   鳥ポイントは、ほどほどにして北上します。烏丸半島の蓮のポイントです。今はハスの枯れ枝と枯れた葦原です。雪の積もった比良山が美しいです。
Biwakotogan202Biwakotogan203Biwakotogan201_01  

  

  

   さらに北上。琵琶湖大橋を渡らずに北上します。琵琶湖大橋を渡って湖西に出て北上した方が雪に出会う可能性は高いですが、ちょっとした決意が要ります。
 直ぐに守山市の菜の花ポイントです。管理しているボランティアのための募金箱があります。Oneコイン投入します。
Biwakotogan302Biwakotogan303Biwakotogan304  

  

  

   菜の花畑で写真を楽しむ若い二人。撮影には邪魔物なのか、それともモデルになるのか、ちょっと微妙。ここも、ほどほどにして長命寺を目指します。
 砂浜に流木。長命寺付近の葦と波。
Biwakotogan301Biwakotogan501Biwakotogan503   

  

  

   2枚目、被写体に困り波をアップにしてみました。さらに北上すると能登川河口です。沖島が見えていて、この辺りの雰囲気は好きですね。
Biwakotogan502Biwakotogan504Biwakotogan601   

  

  

   能登川から帰路につきます。途中、安土町の西の湖へ寄ってみました。2枚目、西の湖では波はぐっと静かです。葦原も静まりかえっています。
Biwakotogan602Biwakotogan702_2Biwakotogan701   

  

   
   急に雪が舞い始めました。寒いのでこの辺で撤退です。
Biwakotogan802Biwakotogan801Biwakotogan803   

  

  

   帰り道の烏丸半島です。夕日に葦が赤く染まっていました。 では。また。
Biwakotogan901Biwakotogan903Biwakotogan902   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

二十四節気「立春」2013

 2月4日は、二十四節気の一つ「立春」です。前日は季節を分ける節分、今日から春が始まります。
 節分は、陰陽五行説に基く迎春呪術で、悪鬼邪鬼を祓って春を迎える行事です。日本では隠れて形を顕わさないものを隠(おに)と言っていたようです。鬼(隠)は陰の気、即ち冬の象徴で、それを追い出して春の陽気を迎えるというわけです。節分の「豆まき」のルーツは古く、中国にさかのぼります。中国の古典『礼記』には、土で造った牛を門外に出して邪気を送り出す行事が記されているそうです。これが日本に伝わり、宮中では十二月晦日に追儺(ついな)の行事が行われていました。この追儺(ついな)の行事と、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰から、邪気を祓うため行われていた「豆打ち」という行事が、融合して出来上がったもののようです。一般化するのは、室町時代になるそうです。
 節分の3日は、良い天気になりました。午前中、立春にふさわしい被写体を求めて、鴻ノ巣山に散歩に行きました。まだまだ冬らしい光景が多いです。
 鴻ノ巣山への入り口。椎の巨木の森。コケと山道。
Risshun1_001Risshun1_002Risshun1_003  

  

  

   ロウバイ。ロウバイの英名は、ウィンタースゥィートというそうです。冬の花です。
林の中は小鳥の天国。これはルリビタキ(?)。
Risshun2_001Risshun2_002Risshun2_003  

  

  

   先日写した鴻ノ巣山の頂上から見た夕日です。雪雲が激しく移動する寒い日でした。冬の夕日です。
Risshun3_003Risshun3_001Risshun3_002  

  

  

   3日は、午後から木津川土手に出かけました。長谷川河口の大榎は、葉を落としたまま、まだ冬の眠り中です。対岸の京田辺市側では、土手の上を歩く人がたくさん見えます。今日はたぶん木津川マラソン大会が開かれていると思います。走っているのか歩いているのか・・・。自転車が行きました。これは間違いなく走っています。
Risshun4_001_01Risshun4_001_02Risshun4_001  

  

  

   この日は、美しい夕焼けになりました。寺田堤の河原で撮りました。
Risshun5_001Risshun5_002Risshun5_003  

  

  

   さて最近、はまっているのが夕日のアップ撮影です。夕陽の中に、土手を歩く人を入れ込もうという作戦です。なかなか成功しません。失敗の原因は、土手に沈む夕日は、位置が高いため、明るすぎるということです。薄雲があることが絶対的条件です。次の問題は、めったに人が通らないということです。地面が砂地のせいかピントも出ません。成功までにはしばらく時間がかかりそうです。一応途中経過ということで3枚。
Risshun6_001Risshun6_001_01Risshun6_002  

  

  

   今まで、河原におりて撮影することは無かったです。時々カメラを持っている人を見かけましたが、あんな場所で写すものなどあるわけがないと思っていましたが、行ってみるとけっこう面白いです。土手の舞台の上で、人が演技しているように見えます。孤独な人。急ぐ人。散歩する人。想像力がかき立てられます。
Risshun7_001Risshun7_002Risshun7_001_01  

  

  

   さて、4日の「立春」の日当日は、朝から雨になりました。雨の鴻ノ巣山に出かけました。うっすらと霧が出て、クヌギの枯れ葉が落ち残っています。辺りの雰囲気はまだまだ冬のままです。
Risshun9_001Risshun9_002Risshun9_003  

  

  

   以前から咲いていたロウバイに続き、今日気づきましたが、梅の花が咲き始めました。植物たちは確実に春を告げています。立春ですね。    では。また。
Risshun8_001Risshun8_002Risshun8_003_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »