« 卒業生の結婚式 | トップページ | 定期診察の日(57)・尊厳死について① »

2013年2月21日 (木)

二十四節気「雨水」2013

 2月18日は、二十四節気の一つ「雨水」でした。『暦便覧』によれば、「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」とあるそうです。雪や氷は融けて水となり、降る雨は植物の芽生えを準備する時期です。目にはっきりと見えないが、地面の下や木々の体内で、深く静かに変化が進んでいるのが、今の時期の自然です。「雨水」とは、自然に根ざし、農業により暮らしを営む人々の感性を感じさせる言い方だと思います。
 気象協会の二十四節気アンケートによると、「雨水」は、最も認知度の低い節気の一つようです。梅雨の頃と思っている人も多いようです。今の時期は、花粉症の始まる頃なので、「粉症」とか「粉飛」、「疼鼻」などの名前に変えれば、認知度は最高に上がります。しかし、趣は最低になりますね。

 18日も19日も、京都府南部は冷たい雨となりました。では早速、雨の写真を撮りに出かけましょうと言いたいところですが、体調が最悪でした。下痢、吐き気、微熱、腹の気分が悪く、何も食べられない状態が数日続きました。たぶん、今流行のノロウィルスによる食中毒だったと思われます。前々日に牡蠣を食べました。他の人に伝染させないよう、念入りで頻繁な手洗い励行中です。
 というわけで、「雨水」の写真といっても、14日の良い天気の日に撮った写真だけです。しかし、春らしい写真が撮れました。
 この日は、自転車で南へ向かいました。田んぼの畦道には、ナズナ、ホトケノザが咲き始めています。荒見神社参道の大榎です。城陽市の名木です。さらに南へ進み土手に上がります。城陽市名木、木津川土手の大榎です。
Usui102Usui103Usui101_01  

  

  

   今日は、再び土手を下りて東へ進みます。R24を横切り、観音堂という地区に入ります。京都府南部で最も早く土筆が出てくる地区として、私が勝手に認定しています。カキツバタやカラーなどの花を栽培するため、温かい地下水がくみ上げられ、温室もあります。この温室の傍にたくさん出ているはずです。
 やはり土筆が出ていました。かなり前から出ていたのか、しおれたものもあります。
道ばたのサザンカの垣根に、早くも蜜蜂か来ています。啓蟄は次の節気ですが、虫たちの春は始まっているようです。
Usui201Usui202Usui201_01  

  

  

  

   空中をホバリングする蜜蜂を写すのに夢中になっていると、突然、メジロが来ました。カメラから50cmもない距離です。驚きました。望遠レンズを持たない私のために、近くまで寄ってくれたようです。
Usui301Usui301_01Usui302  

  

  

   観音堂といえばハス田もあります。今年の開花を目指して整備されているところもあれば、まだ放置されているところもあります。水の中では、夏にあんなにも盛んだったハスも、今は静かに水に溶けて自然に還っていきます。私にとっては、良い被写体に思えるのですが・・・・。
Usui401Usui402Usui403  

  

  

   枯れ草に囲まれてハスの花托が一本。このハス田、今年は大丈夫なのでしょうか。
 観音堂を出て、再び土手に上がります。梅も紅梅も咲きそろいました。ウグイスの声も聞こえます。
Usui501_01Usui402_01Usui401_01  

  

  

    富野の近鉄鉄橋付近です。春の陽ざしが眩しいです。「光の春」という感じです。
 次は、土手の上から見た水田です。遠くに愛宕山(?)も見えています。冬枯れの静かな田んぼという感じですが、実は大変賑やかです。ケリが帰ってきたのです。けたたましい鳴き声で飛び回っています。ケリの恋の季節のようです。ヒバリの声もします。鳥の春も始まったようです。
Usui502Usui501Usui601  

  

  

   土手の枯れ木にモズです。万葉集でメジロの歌を捜しましたが見つからず、モズの歌は二首見つかりました。この歌によると、モズは、これからの季節、見られなくなるらしいです。
   ~春されば もずの草ぐき見えずとも 我れは見やらむ 君があたりをば~   
    意味: 春になってもずが草の中に隠れてしまって見えなくなっても、私はあなたの家の方を見てますよ。 (作者不詳)
 お別れは、土手に沈む夕日と近鉄富野鉄橋の電車です。 では。また。
Usui503Usui601_02Usui601_01   

|

« 卒業生の結婚式 | トップページ | 定期診察の日(57)・尊厳死について① »

コメント

墓石さん こんにちは。(*^_^*)

寒い!と思っていても確実に春がやって来て
ますね。もう土筆が!?そしてホトケノザも
生えてますか。ウカウカしてられないですね。

寒いので今月は恵心院に行ったきりで、本当に
撮れてないのです。先月のUPがこれからで、
ノロマの私です。

今日は三条サクラヤさんへ行きまして、D300
がAFが効かなくて、修理が必要の様です。でも~
来月D7100が出て、画素数が2千万以上ですって。
D300は重いし、5年もなるので、お閑をやる
べきか思案中です。

デジタルもお金がかかりますね。

投稿: 輝子 | 2013年2月22日 (金) 16時00分

輝子さん、ご訪問ありがとうございます。

今月は、私も写真は撮れていません。体調が悪かったり、寒さに
負けたりでサッパリでした。早く桜が咲いてほしいです。

D7100ですか。欲しくなれば、もう止まりませんね。ほとんどの
写真好きの傾向です。私も新しいカメラを考えています。
今、D5100を使っていますが、裏蓋を開けないと画像がチェック
できないので不便です。モニターの角度が変えられるので、
ローアングルの撮影に便利と思ったのですが、実際は一度も
使っていないです。ピントが合わせにくいのです。
それで、ぼちぼち新機種をと思っています。

投稿: 墓石 | 2013年2月22日 (金) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/56812958

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「雨水」2013:

« 卒業生の結婚式 | トップページ | 定期診察の日(57)・尊厳死について① »