« 宇治田原高尾の残り柿 | トップページ | 宇治田原町の風景写真 »

2012年12月22日 (土)

二十四節気「冬至」2012

 12月21日は、二十四節気の一つ「冬至」でした。江戸時代の暦便覧には、「日南の限りを行て日の短きの至りなれば也」とあります。一年中で一番昼間が短くなる日です。この日を境に、日が一日一日長くなっていきます。太陽が再生されていくわけです。中国の古歴では、一年の始まりです。 以上代わり映えのしない前置きですが・・・・。

 さて、二十四節気ごとに写真を整理して、ブログに掲載するということを始めて、間もなく3年になろうとしています。撮影の範囲も身近な木津川の土手を中心にしてきました。撮影場所も限られており、写真もかなりマンネリ化してきたように思います。過去の写真を見ると、同じような場所で同じような写真を撮っていることが分かります。おまけに、最近、第ニ名神のジャンクション工事と土手の改修工事が始まり、撮影場所はますます狭まっています。そろそろ新しい企画を立てなくてはいけないと思っています。

 では、愚痴を言っていないで、「冬至」の頃の土手を見に行きましょう。
 一枚目、土手の上から見た水主神社付近の田んぼです。野焼きの煙がうっすらと漂っています。二枚目、木津川土手の大榎です。葉は完全に落ちています。三枚目、ジャンクション工事のクレーンです。人からコンクリートへ。自民党の圧勝を祝福するかのような光景です。それにしては、冬の夕日が物寂しげですが・・・。
Touji20121_002Touji20121_003Touji20121_001  

  

  

   私の住む城陽市は、イチジクの産地です。冬のイチジク畑を撮ってみました。恐竜の骨のように見えます。この写真を撮っている時、イチジク畑の人から声を掛けられました。「珍しい鳥でも居るンか?」私が、イチジクの木の形が面白いと説明すると、すっかり変人扱いされました。「冬の写真なら冬鳥だよ。」と言って、久御山町の鳥撮影ポイントを教えてくれました。この人の話によると、イチジクの木が、この見事な形になるのに、最低2年はかかると言っていました。また、以前から疑問に思っていたことですが、枝の先にイチジクの実が残されているわけも判明しました。イチジクは、枝の下の方から熟していき、気温が下がってきて、熟し切れなかった実が、上の方に取り残されるということです。
 上空を雀の群れが飛んでいました。私には、鳥は、雀で十分です。
Touji20122_002Touji20122_001Touji20122_003  

  

  

   19日は、冬型の気圧配置で風の強い寒い一日でした。今年は、昨年に比べ寒い12月になっています。木津川土手に立つと、手が痺れるように痛いです。長岡京方面でしょうか、雪時雨が見えます。二枚目、京都市の西の方でも雪時雨です。北の比叡山方向でも雪時雨が見えます。
Touji20123_001Touji20123_002Touji20123_003  

  

  

   
Touji20124_001Touji20124_001_01  
  雪時雨がだんだんこちらに迫ってきました。雪時雨に追われて急いで帰りました。19日の撮影は、これで終了です。
   

    「冬至」前日の20日は、少し温かくなりました。午前中は鴻ノ巣山を歩きましたが、これといった被写体は見つからずです。一枚目は、コケです。こんなに寒いのに、胞子嚢のようなものを造っています。ひそかに頑張っているようです。
Touji20125_001Touji20125_002Touji20125_003   

  

  

  

     20日の夕方は、木津川土手方面に出かけました。一枚目、古川を泳ぐカモです。二、三枚目、土手の上に雲の切れ間から光が差しています。特に珍しくはないですが・・。こいう光をキリスト教圏では、「天使の梯子」または「ヤコブの梯子」というそうです。旧約聖書で、ヤコブの見た夢に出てくるそうです。読んだことは無いですが・・・。人物を入れなければ、写真として成立しないと思い、寒い中を待ちました。滅多に人は通らないです。人が通る時は光がなかったり、もう完全に、風邪を引きそう・・・・。
Touji20126_001Touji20126_002Touji20126_003   

  

  

   普段は行かない河原へ出てみました。対岸の田辺町がすぐ近くに見えています。川の水は、冬枯れで渇水状態です。比叡山が、雪雲で隠されそうになっています。相当冷えてきました。急いで帰ります。 この日も、これで終了です。
Touji20127_002Touji20127_001Touji20127_003  

  

  

   先日よく晴れた日、今年は紅葉の頃にいけませんでしたが、宇治川のダム湖周辺を撮影に行きました。紅葉がほんの少し残っていました。Touji20128_002_2
Touji20128_001_3Touji20128_003   

  

  

   葉を落とし、完全に冬の山になるのももうすぐです。今年は、これで二十四節気は終わりです。来年は、「小寒」から始まります。では、良い年をお迎え下さい。
Touji20129_003Touji20129_002Touji20129_001   

|

« 宇治田原高尾の残り柿 | トップページ | 宇治田原町の風景写真 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

冷たい12月ですね。毎日バタバタしてる間に
年末!余計忙しくなったような。

木津川土手の風景も日一日と変り、季節の移ろいが
面白いですね。マンネリだなんてそんな事無いです。
そう変化の無さそうな土手もこんなに変化に富んでる
のか!と感心してます。

雪の時雨もよく予報されていて、写真やってると
天気予報が解りますね。特に墓石さんは凄いワ!

光芒を天使の梯子というのですか。綺麗です。
イチジクの木の面白い事。城陽のイチジクは
美味しいです。宇治川紅葉も素晴らしいですね。
私も今年は行けなかって、残念です。

投稿: 輝子 | 2012年12月25日 (火) 19時34分

輝子さん、こんばんわ。
ご訪問ありがとうございます。

今年もまもなく終わりですね。
年の終わりは、忙しくないのに、何となく忙しいです。
不思議です。

寒すぎて、撮影からは少し遠ざかっています。
朝早く霜や雪を撮影に行きたいのですが、
起きられません。困ったことです。

投稿: 墓石 | 2012年12月25日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/56368613

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「冬至」2012:

« 宇治田原高尾の残り柿 | トップページ | 宇治田原町の風景写真 »