« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

定期診察の日(54)・骨髄線維症患者数推定

  今日は定期診察でした。利用したJRの駅は、病院の近くのお寺へ紅葉見物向かう人で混雑していました。
 11時からの予約でしたが、診察が始まったのは、12時を過ぎていました。この医師が診察を終えるのは、1時をかなり越えることになります。昼食はどうしているのか、人ごとながら気になりますね。
  さて、診察の結果です。血小板数は70万/μlに増加しました。ヘモグロビン値は低めながらも横ばいです。医師の話によると、骨髄の繊維化の進行を抑えるためには、血小板は80万以下に抑えたいそうです。70万なら、高いながらも、まだ許せる範囲ということで、投薬量は現状維持のままです。次回に高い数値が出れば、投薬量を増やすそうです。中性脂肪、尿酸値、。カリウム、LDH、γGTPなども異常値のままです。最近、足の痺れが少々ひどくなってきていますが、面倒なので言わずに終わりました。
 
 【私のような骨髄線維症の患者の方は、全国にどれくらいおられるのでしょうか?】
 気にしても仕方がないですが、ちょっと気になりますね。ネットで検索してみました。研究グループの報告書が簡単に見つかりました。それによると、
  ★原発性骨髄線維症の方は、推計で480人だそうです。
 ウーン! 少ないですね。
  では、私のように二次性の骨髄線維症患者は何人くらいでしょうか? これは、直接ヒットする情報が無いので、関連情報を集めて、計算により割り出してみます。二次性の骨髄線維症を発症する病名、その推定患者数、線維症への発症率を調べて計算します。

    ★本態性血小板血症患者数=1000人~2500人  線維症発症率15%
       推定される線維症患者数=100人~200人
  ★白血病(慢性、急性、リンパ性)合計=約6000人  線維症発症率8%
             推定される線維症患者数=約500人
  ★骨髄異形成症候群患者数=3000人              線維症発症率31%
             推定される線維症患者数=約900人
    ★悪性リンパ腫患者数=10000人                 線維症発症率5%
             推定される線維症患者数=約500人

    ★二次性骨髄線維症患者数は、合計で 約2000人。

 上の病気以外では、膠原病からも発症するようですが、極めて低率のようです。結局、骨髄線維症患者は、大雑把に言えば、全国で2500人前後ということになります。私の場合、血小板血症からの移行組です。血小板血症の発症率が、10万人につき1~2人なので、さらにそこから線維症に移行する人は、100万人に1人~3人ということになります。すごい確率です。宝くじ級です。これには、何か笑ってしまいますね。いまさら宝くじを買う気は無いですけど・・・。
 「予後不良」という言葉も目立ちますね。生命予後は不良でも、精神予後は健全といきたいものですが、はてさて?・・・・。        では。また。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

背割り堤の紅葉2012

 先日、25日、良い天気に誘われて、自転車で木津川土手伝いにのんびりと、背割り堤の紅葉見物に行ってきました。
 土手の上から、石清水八幡に通じるケーブルカーが見えました。しばらくで、背割り堤到着です。日曜日でしたが、桜の頃に比べれば、人出は閑散としています。自転車の人。犬を散歩させる人。
Sewarikoyo1_001Sewarikoyo1_001_01Sewarikoyo1_001_02   

  

  

   背割り堤は、東から西に向かって伸びています。北側の土手面は、草も少なく、延々と続く斜面を写すことができます。桜の木の紅葉が、トンネルのように続いています。
Sewarikoyo2_001Sewarikoyo2_002Sewarikoyo2_001_02   

  

  

   北側の土手面の欠点は、午後2時を過ぎると日陰になるという点です。夕日は、日陰なので撮れません。太陽の位置が桜の頃とは違いますのでご注意を。斜面に人の姿はほとんど無いのは、良いことか、悪いことか、好みによりますね。
Sewarikoyo3_001_01Sewarikoyo3_001_02Sewarikoyo3_001  

  

  

   土手の南側は、日当たりも良く、夕日も差してきます。
Sewarikoyo4_001Sewarikoyo4_001_01Sewarikoyo4_001_02  

  

  

   背割り堤の一番は、何と言っても夕日の頃です。今日も、いよいよ夕日の時間が近づいてきました。良い光の場所が見つかりました。ピントを合わせます。ととところが、リングが回転しないです。バッテリーが切れました!!! 
 バッテリーの充電を忘れていました。大失敗です。こんな場合、私は、脇目もふらず一目散に家に帰ることにしています。良い場面が目に入れば入るほど、悔しさが増すからです。フィルムで撮影していた頃も、よくフィルム切れで悔しい思いをしました。カメラの裏ブタを開けてしまうということもありました。ただ、一目散に帰るのみです。
 というわけで、今回は、夕日の写真は無しです。お別れに、比較的ましな3枚です。
       では。また。
Sewarikoyo5_001Sewarikoyo5_001_01Sewarikoyo5_002   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

二十四節気「小雪」2012

 11月22日は、二十四節気の一つ「小雪」です。江戸時代の暦便覧では、「冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也」とあります。北海道など、北の方では雪も降ったようです。これから、ますます寒さが増していくことと思います。

 では早速、今の時期の身近な風景を紹介しましょう。
 近所の文化パルク城陽の紅葉です。一枚目、文化パルクに向かう歩道です。二枚目、窓ガラスに写った紅葉が油絵のようです。チョットした発見ですね。ケヤキ(?)の紅葉も終わりかけです。
Shousetu1_002Shousetu1_001Shousetu1_003   

  

  

   
   イチョウが黄色く紅葉を始めました。イチョウの下で子供連れの親子に声を掛けて写させてもらいました。女性に声を掛けるなど、ほんとに久しぶりです。木の枝にシジュウカラ(?)がきていました。三枚目、池への写り込みです。
Shousetu2_002Shousetu2_001_01Shousetu2_001  

  

  

  
   初冬にふさわしい光景を捜しましたが、なかなか見つかりません。赤煉瓦の塀がありましたが、ここはD女子大の寮なので、カメラを持ってうろつくなど厳禁ですね。すぐ退散です。三枚目、ハス田です。比叡山が見えています。
Shousetu3_002Shousetu3_001Shousetu3_003  

  

  

   次は、おなじみの木津川土手です。木津川土手は、第二名神ジャンクション工事が始まり、同時に土手の改修工事も行われており、撮影場所は寺田堤辺りに限られます。この辺り、紅葉もずいぶんと進みました。
Shousetu4_001Shousetu4_003Shousetu4_002  

  

  

   土手の草を焼く煙も今の時期のものです。
Shousetu5_001Shousetu5_002Shousetu5_001_01  

  

  

   次は、木津川の東側、城陽市の山側、鴻ノ巣山へ行ってみましょう。紅葉が進んでいるはずです。神社参道の落ち葉。山頂へ向かう道。
Shousetu6_001Shousetu6_002Shousetu6_001_01  

  

  

   被写体を求めてウロウロ。
Shousetu7_001_01Shousetu7_001Shousetu7_001_02  

  

  

   初冬の冷たくも暖かみを感じさせる光を捜しましたが、難しいです。目で見ると綺麗なのですが、写真になるとうまくいきませんね。
Shousetu8_001Shousetu8_002Shousetu8_003  

  

  

   お別れはスズメとムクドリです。私には、初冬らしい風景に思えるのですが、思い違いでしょうか?       では。また。
Shousetu9_001_01Shousetu9_002Shousetu9_001   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

総選挙の争点

 衆議院議員選挙が近づいてきました。14もの政党が乱立し、どの政党に投票したらよいか迷っている人も多いと思います。「自民党はもう御免だが、しかし、民主党には騙された。」と思っている人も少なからずいると思います。マスコミも各政党の政策を一覧表にして報道していますが、きわめて表面的で本質的なところが解りにくいですね。将来の国家像を考えることなく投票すれば、また騙されることになります。
 そこで、私は、どのような原則で投票先を選ぼうとしているか書いてみたいと思います。私の考える原則とは、【K、S、S、T、G 】です。

 【Kは憲法です】
 戦後の日本の政治は、表面だって争点になることはありませんでしたが、「護憲」と「改憲」の二つの潮流の間で戦われてきました。今回の選挙でも、そしてまた、将来日本が進むべき方向を決める上でも、隠された重要な争点なのです。北朝鮮・尖閣・竹島・北方領土問題などにより、日本人のナショナリズムは高揚しています。憲法を改正して軍隊を持とうという動きは強まっています。一昔前なら、「自主憲法制定」は、右翼の街宣車のスローガンでしたが、今は、マスコミでも当然のこととして主張されています。右旋回する日本の世論。今一度、立ち止まって考える必要があります。

 【Sは新自由主義です】
 日本の財界は、新自由主義政策を掲げています。消費税増税。TPP推進。規制緩和。道州制。法人税減税などです。低賃金労働、低福祉、道路・港湾整備などを進め、国民生活を犠牲に、グローバル競争に勝とうというわけです。規制緩和、民営化を進め、今まで公共部門だった部門からも利潤を得ようとしています。
 民主党は、小泉の新自由主義的構造改革の矛盾に反対して成立しましたが、その後の菅政権で、突然の法人税減税、消費税増税、TPP参加方針表明など方針転換しました。民主党の裏切りは、新自由主義へ転落したことにあります。
 大阪や東京の地下鉄などを民営化するなどを主張している党もあります。「行政改革」「公務員改革」という美しいスローガンで、規制緩和、民営化を進めようとしています。反「新自由主義」、これは選択の基本的重要ポイントです。 

   【次のSは消費税です】
 消費税は、広く薄く平等な税だと言われています。しかし、税金は、金持ちほどたくさん納める累進性が必要です。なぜなら、資本主義とは、資本を持つ者がますます利潤を得、貧乏な人は貧乏なまま取り残される仕組みです。社会保障とは、一方の極に集積した富を貧しい人の側に再配分する作業なのです。消費税を凍結、税の累進性強化、証券優遇税制の廃止。これは、当然の政策ですね。

 【TはTPPです】
 TPPは、日本の将来にとって大変重大な影響があるにもかかわらず、「自由貿易推進」「国を開く」などのスローガンのみで語られ、あまりにも軽く扱われています。農協だけが反対しているという歪曲もあります。TPPにより、日本の農業は根底から大打撃を受け、それに伴う地域経済の破壊は言うまでもありません。混合診療の解禁、医療への株式会社参入などが進み、国民健康保険制度は危機にさらされ、アメリカの保険会社に取って代わられるのは見えています。公共事業への外国企業の参入が進めば、経済政策としての公共事業はやれなくなります。国民生活の根底にかかわる問題です。「反TPP」、これもはずせないポイントです。

 【Gは原発です】
 「反原発」の流れは、もはや誰も止めることができなくなり、「原発推進」を明確に掲げる党はありません。原発を推進してきた自民党さえも、「検討」を言い始めています。したがって、脱原発の中身が問われることになります。維新の橋下氏は、大飯原発再稼働を部分的に容認したり、原発の輸出は必要と言っています。民主党は、30年原発廃止を言っていますが、大間原発の建設は許可、原発輸出も推進です。無くせるものなら、そのうち無くします、といった程度の脱原発ではどうしようもないです。原発を擁護している現在の財界に、明確な態度で臨めるかどうか、それが問題です。維新の会は、ついに企業献金禁止の旗も降ろしました。
 
  今回の選挙の争点は、【K、S、S、T、G】です。間違いないです。 では。また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

11.11反原発大集会参加

 11月11日(日)、退職教員仲間のT氏とS氏と共に、首都圏反原発連合主催による「反原発11.11百万人大占拠」に参加してきました。東京都側が突然、日比谷公園の使用方法見直し公園使用を不許可にしたため、日比谷公園での集会とデモ行進は中止となりましたが、この妨害にも負けず、この日、国会周辺は人の波で埋め尽くされました。私も、この大きな人の波の小さな一滴になることができました。
 
Hagepatu_001  10日夜、11時、京都駅。深夜バスの利用者の数の多さに驚き。深夜高速バスで一路東京へ。高速バス利用は、40年以上も前の学生時代以来のことです。3列席で割合ゆったり感がありました。朝焼けの美しい中、東京駅丸の内口に到着。
 

 先ずは都内の観光。浅草の浅草寺へ。駅を出るとスカイツリーがお出迎え。朝早くから賑わう大提灯です。
Hagepatu_002Hagepatu_003Hagepatu_004  

  

  

   次は、話題のスカイツリーへ。入場券を買うための整理券を受け取り、指定された時間に入場券売り場へ。(すべては大行列。)ようやく展望台へ。天気はしだいに悪化して曇天です。真下が見えるガラスの床。
Hagepatu_005Hagepatu_006Hagepatu_007  

  

  

   昼食場所を探して銀座方面へ。歩行者天国を徘徊。昼食の後、喫茶店でコーヒーを飲んでいる間に、日本原電前で抗議行動が始まりました。
Hagepatu_009Hagepatu_008Hagepatu_010  

  

  

   急いで、地下鉄で国会議事堂前駅へ移動。何万人もの人が押しかければ、駅付近から大混乱が起こるのではないかと、以前から疑問に思っていました。しかし、心配は無用でした。歩道が、赤いコーンと仕切り棒により、半分に分けられていて、一方が通路として確保されています。警察官が親切に、空いている通行方向を指示してくれています。この集会成功の影の功労者は警察官だといえます。昔、学生時代に集会やデモを経験した者にとっては、なんとも言えない違和感です。私は、沖縄返還集会の時に、機動隊に膝を蹴られました。
 雨が降り出しました。一枚目の写真は、当日の行動マップです。二枚目の写真は、桜田門の方から議事堂へ向かう人の波です。私たちは、地図のファミリーブロックと書かれている辺りで集会参加しました。ここも人が溢れています。
Hagepatu_014Hagepatu_011Hagepatu_012  

  

  

   さてこの後、老人の悪い習性で、三人ともトイレに行きたくなり、近くの憲政会館公園のトイレへ。人が多くなって、もはや元の場所には戻れません。この公園の中から集会参加です。元自民党の亀井?さん、民主党議員の?さん、新党?の?さんなどの挨拶もありました。運動の広がりという点では喜ぶべきことなのでしょう。

Hagepatu_013_2  

 この後、東京駅発の高速バスで帰路につきました。
 社会の中には反原発の巨大なエネルギーが渦巻いていて、歴史の流れは反原発の方向へ確実に流れているという実感を、体で感じ取ることができた貴重な体験となりました
   ~万感の思いを込めて ひとしずく 議事堂前に 冬時雨降る~ 
           では。また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

二十四節気「立冬」2012

 11月7日は、二十四節気の「立冬」でした。暦便覧によれば、「冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也」とあります。いよいよ暦の上では冬です。近畿地方では、10月29日に「木枯らし1号」が吹きました。低気圧が通過し雨が降り、その後北から冷たい高気圧が木枯らしをもたらします。さらに、この高気圧は移動性となって日本を覆い、良い天気をもたらします。この晴れを「小春日和」といいます。31日は、まさに「小春日和」となりました。7日の「立冬」の日も、朝から晴れて「小春日和」となりました。これからしばらく、周期的天気変化が続くようです。

 では早速、今の時期の木津川土手をご案内しましょう。
  最初は、寺田の桜堤です。桜の木もケヤキも紅葉が始まりました。土手の下から見ると、桜が列をなして紅葉しています。ケヤキよりも桜の紅葉が進んでいるようです。土手に上がると、スケボーの少年がお出迎えです。
Rittou2_001Rittou2_002Rittou2_003  

  

  

   夕日が差してくると、紅葉はますます輝きを増してきます。夕日の沈むのが見られるのが、この場所の良いところですが、駐車している車が多いのでアングルが限られます。
Rittou3_001_01Rittou3_001Rittou3_002  

  

  

   

    富野荘の桜堤へも行ってみましょう。ここの桜もよく紅葉しています。
Rittou1_001_01Rittou1_001Rittou1_001_03  

  

  

   車の駐車も無く広々と写せますが、竹藪に遮られて沈む夕日が見られないのが残念。日も暮れました。急いで帰りますね。
Rittou1_001_02Rittou1_002Rittou1_006  

  

  

   土手の上から見ると、田んぼの畦道が真っ赤に見えるところがあります。行ってみましょう。ここは、人がほとんど通らないのか、イヌタデが群生状態です。イヌタデに混じってヨメナ(?)です。ヨメナやノコンギクなどを総称して野菊というそうです。
 野菊といえば、伊藤左千夫の「野菊の墓」です。昔、読みました。封建的な縛りの中で押しつぶされていった、はかなくも悲しい初恋物語だったような記憶が・・・。この純愛は、一定の年齢以上の方には共感を呼ぶと思いますが、今の若者には理解されないような気がします・・・・。
 では、伊藤左千夫の歌を2首。
        秋草の いづれはあれど露霜に 痩せし野菊の 花をあはれむ
        いささかの 雲のきれめよ月もれて 道の穂蓼の 花を照らせり
Rittou4_0001_01Rittou4_001Rittou4_001_02  

  

  

   田んぼでは、人影のように見える稲藁や野焼きの煙が、初冬の雰囲気を盛り上げています。稲藁はどんどん片付けられて、間もなく本格的な冬がやって来ます。
Rittou5_002Rittou5_001_01Rittou5_001  

  

  

   夕日が当たると、藁の束は一段と人格性を帯びてくるように思えます。悲しんでいるのか、楽しんでいるのか・・・。そんなことを考えて、たんぼ道に立っている私は、人から見れば、ただの藁束に見えているのかも・・・。この時、カメラを持った若者に声を掛けられました。「良い夕日ですね。~~。」この若者は、夕日マニアだそうです。
Rittou7_001Rittou7_001_01Rittou7_002  

  

  

   街の中でも到る所紅葉です。通りがかった児童公園で、お年寄りが話しに夢中です。夕日に照らされた紅葉が、優しく二人の話を聞いているようです。
 文化パルク城陽の紅葉です。大雨の被害で現在休館中です。
Rittou9_001_01Rittou9_001Rittou9_002  

  

  

   では、お別れは、スズメウリの実。木津川土手の児童公園。夕日のススキです。
 季節は、足早に冬へと向かっていきます。    では。また。
Rittou8_001Rittou8_001_02Rittou8_001_01   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

定期診察の日(53)

 今日は、KS病院で定期診察を受けてきました。今日は、11時の予約で、予約通りの11時過ぎに診察が始まりました。
 検査の結果ですが、血小板数は、ほぼ横ばいで66万/μlでした。中性脂肪が高いのが気になるということでしたが、治療は無しです。尿酸値7.8前後の高い数値が続いていますが、これも、この病気特有の症状だそうで、治療を始めるほどではないそうです。高カリウム血症、高LDHなども、この病気に伴うものだそうです。γGTPの高値は薬の影響のようです。足の冷え症、痺れ、指の痺れなども我慢するしかないようですが、大きな変化がないのは何よりです。
 というわけで、投薬量は、今のままで様子をみるそうです。

 今日は、検査に出していた車が返ってきましたが、車輪の軸受けのベアリングが破損しかけているとの指摘がありました。部品が納入されるまで2週間かかるそうです。高速での長時間運転は、修理が済むまで厳禁ということです。車まで調子が悪いとは、困ったものです。  では。また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »