« 二十四節気「小雪」2012 | トップページ | 定期診察の日(54)・骨髄線維症患者数推定 »

2012年11月29日 (木)

背割り堤の紅葉2012

 先日、25日、良い天気に誘われて、自転車で木津川土手伝いにのんびりと、背割り堤の紅葉見物に行ってきました。
 土手の上から、石清水八幡に通じるケーブルカーが見えました。しばらくで、背割り堤到着です。日曜日でしたが、桜の頃に比べれば、人出は閑散としています。自転車の人。犬を散歩させる人。
Sewarikoyo1_001Sewarikoyo1_001_01Sewarikoyo1_001_02   

  

  

   背割り堤は、東から西に向かって伸びています。北側の土手面は、草も少なく、延々と続く斜面を写すことができます。桜の木の紅葉が、トンネルのように続いています。
Sewarikoyo2_001Sewarikoyo2_002Sewarikoyo2_001_02   

  

  

   北側の土手面の欠点は、午後2時を過ぎると日陰になるという点です。夕日は、日陰なので撮れません。太陽の位置が桜の頃とは違いますのでご注意を。斜面に人の姿はほとんど無いのは、良いことか、悪いことか、好みによりますね。
Sewarikoyo3_001_01Sewarikoyo3_001_02Sewarikoyo3_001  

  

  

   土手の南側は、日当たりも良く、夕日も差してきます。
Sewarikoyo4_001Sewarikoyo4_001_01Sewarikoyo4_001_02  

  

  

   背割り堤の一番は、何と言っても夕日の頃です。今日も、いよいよ夕日の時間が近づいてきました。良い光の場所が見つかりました。ピントを合わせます。ととところが、リングが回転しないです。バッテリーが切れました!!! 
 バッテリーの充電を忘れていました。大失敗です。こんな場合、私は、脇目もふらず一目散に家に帰ることにしています。良い場面が目に入れば入るほど、悔しさが増すからです。フィルムで撮影していた頃も、よくフィルム切れで悔しい思いをしました。カメラの裏ブタを開けてしまうということもありました。ただ、一目散に帰るのみです。
 というわけで、今回は、夕日の写真は無しです。お別れに、比較的ましな3枚です。
       では。また。
Sewarikoyo5_001Sewarikoyo5_001_01Sewarikoyo5_002   

|

« 二十四節気「小雪」2012 | トップページ | 定期診察の日(54)・骨髄線維症患者数推定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/56216119

この記事へのトラックバック一覧です: 背割り堤の紅葉2012:

« 二十四節気「小雪」2012 | トップページ | 定期診察の日(54)・骨髄線維症患者数推定 »