« 二十四節気「立冬」2012 | トップページ | 総選挙の争点 »

2012年11月13日 (火)

11.11反原発大集会参加

 11月11日(日)、退職教員仲間のT氏とS氏と共に、首都圏反原発連合主催による「反原発11.11百万人大占拠」に参加してきました。東京都側が突然、日比谷公園の使用方法見直し公園使用を不許可にしたため、日比谷公園での集会とデモ行進は中止となりましたが、この妨害にも負けず、この日、国会周辺は人の波で埋め尽くされました。私も、この大きな人の波の小さな一滴になることができました。
 
Hagepatu_001  10日夜、11時、京都駅。深夜バスの利用者の数の多さに驚き。深夜高速バスで一路東京へ。高速バス利用は、40年以上も前の学生時代以来のことです。3列席で割合ゆったり感がありました。朝焼けの美しい中、東京駅丸の内口に到着。
 

 先ずは都内の観光。浅草の浅草寺へ。駅を出るとスカイツリーがお出迎え。朝早くから賑わう大提灯です。
Hagepatu_002Hagepatu_003Hagepatu_004  

  

  

   次は、話題のスカイツリーへ。入場券を買うための整理券を受け取り、指定された時間に入場券売り場へ。(すべては大行列。)ようやく展望台へ。天気はしだいに悪化して曇天です。真下が見えるガラスの床。
Hagepatu_005Hagepatu_006Hagepatu_007  

  

  

   昼食場所を探して銀座方面へ。歩行者天国を徘徊。昼食の後、喫茶店でコーヒーを飲んでいる間に、日本原電前で抗議行動が始まりました。
Hagepatu_009Hagepatu_008Hagepatu_010  

  

  

   急いで、地下鉄で国会議事堂前駅へ移動。何万人もの人が押しかければ、駅付近から大混乱が起こるのではないかと、以前から疑問に思っていました。しかし、心配は無用でした。歩道が、赤いコーンと仕切り棒により、半分に分けられていて、一方が通路として確保されています。警察官が親切に、空いている通行方向を指示してくれています。この集会成功の影の功労者は警察官だといえます。昔、学生時代に集会やデモを経験した者にとっては、なんとも言えない違和感です。私は、沖縄返還集会の時に、機動隊に膝を蹴られました。
 雨が降り出しました。一枚目の写真は、当日の行動マップです。二枚目の写真は、桜田門の方から議事堂へ向かう人の波です。私たちは、地図のファミリーブロックと書かれている辺りで集会参加しました。ここも人が溢れています。
Hagepatu_014Hagepatu_011Hagepatu_012  

  

  

   さてこの後、老人の悪い習性で、三人ともトイレに行きたくなり、近くの憲政会館公園のトイレへ。人が多くなって、もはや元の場所には戻れません。この公園の中から集会参加です。元自民党の亀井?さん、民主党議員の?さん、新党?の?さんなどの挨拶もありました。運動の広がりという点では喜ぶべきことなのでしょう。

Hagepatu_013_2  

 この後、東京駅発の高速バスで帰路につきました。
 社会の中には反原発の巨大なエネルギーが渦巻いていて、歴史の流れは反原発の方向へ確実に流れているという実感を、体で感じ取ることができた貴重な体験となりました
   ~万感の思いを込めて ひとしずく 議事堂前に 冬時雨降る~ 
           では。また。

|

« 二十四節気「立冬」2012 | トップページ | 総選挙の争点 »

コメント

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

反原発で東京まで行かれましたか。私も大賛成!
以前は全学連とか若者の活躍が多かったですよね。
今は若者はどうですか?今の若者はどうして
デモをしないのか?と思ってます。
ジーさん、バーさんだけではないでしょうね。

大きな流になってますか。嬉しいです。

投稿: 輝子 | 2012年11月14日 (水) 09時12分

輝子さん、おはようございます。
ご訪問ありがとうございます。

集会では、若者も多かったです。女性が多いのも
目立ちました。子供の将来を純粋に心配している
のではないかと想像します。

夜行バスは、老人には少々きつかったです。帰った
日は一日中寝ていました。

投稿: 墓石 | 2012年11月14日 (水) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/56105694

この記事へのトラックバック一覧です: 11.11反原発大集会参加:

« 二十四節気「立冬」2012 | トップページ | 総選挙の争点 »