« 死とどう向き合うか(2) | トップページ | 宇治田原町高尾の柿 »

2012年10月23日 (火)

二十四節気「霜降」2012

 10月23日は、二十四節気の一つ「霜降」です。今日の京都府南部は、朝から激しい雨となりました。寒冷前線が通過していったようです。今夜辺りから、少し寒くなると思われますが、霜が降りるのは、まだまだ先のことのようです。
 いつものように、二十四節気当日の撮影に出たいのですが、天気が悪いので中止にします。今回は、ここ数日良い天気が続いていたので、その時の自転車散歩中に撮った写真をお届けします。木津川土手周辺のなんでもない晩秋風景です。
 空は澄み渡り雲が流れていきます。陽ざしはほんのり温いです。
Soukou1_001_01Soukou1_001Soukou1_002  

  

  

   稲刈りは最終盤です。稲刈りが終わった田んぼでは、藁の束が立てられていきます。
Soukou2_001Soukou2_002Soukou3_001_01  

  

  

   乾燥のために干された藁束も、なかなか晩秋の雰囲気を出しています。
Soukou3_001Soukou3_002Soukou3_001_02  

  

  

   脱穀された米は、籾摺りが行われます。籾の山です。
Soukou4_001Soukou4_001_01Soukou4_001_02  

  

  

   夕日の当たる籾の山。籾富士です。
Soukou5_001Soukou5_002Soukou5_003  

  

  

   籾はいたる所で燃やされます。うっすらとした煙が立ちこめ、晩秋の雰囲気を一層盛り立てています。
Soukou6_002Soukou6_001Soukou6_003  

  

  

   水主神社付近で撮った晩秋らしい一枚です。後の二枚は、この時の副産物です。
Soukou7_003Soukou7_001Soukou7_002  

  

  

   ネギ畑のスプリンクラー。トンボ。散歩の人。
Soukou8_001_02Soukou8_001_03Soukou8_001  

  

  

   夕日の土手。子供たちも引き上げていくようです。
Soukou9_001Soukou9_002_2Soukou9_003  

  

  

   お別れは、河川敷のオギです。  では。また。
Soukou91_001_02Soukou91_001_01Soukou91_001   

|

« 死とどう向き合うか(2) | トップページ | 宇治田原町高尾の柿 »

コメント

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

今日は雨で、暖かく霜は少し先でしょうか?
木津川縁の風景。いつもの風景でも違いますね!
季節、生活等々で面白い程違っていいですね。

農家の籾殻の山。懐かしいです。私も家を継いで
よく埃の中やってました。あんなシンドイ仕事を
よくやったものと思いますよ。素朴な匂いがする
でしょ。この籾殻の中へサツマイモを入れ火を
つけて、焼き芋にして食べると美味しい事!

神社の道を自転車で通る学生。川縁の人々
いいですね。ではまた。♪

投稿: 輝子 | 2012年10月28日 (日) 09時06分

 輝子さん、こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
 そうですか。籾の中に芋を入れて焼くと、焼き芋が
できますか。やってみたいですが、籾が無いです。
これは、農家の特権ですね。私の家は、寺田芋を
蒸かして食べています。

 今日は雨でしたが、宇治田原の高尾に柿の撮影に行って
きました。柿の葉も大分散ってきて、ボチボチ撮影
時期になってきました。次はよく晴れた日に、行く予定
にしています。

投稿: 墓石 | 2012年10月28日 (日) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/55953843

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「霜降」2012:

« 死とどう向き合うか(2) | トップページ | 宇治田原町高尾の柿 »