« 定期診察の日(51)・早ければ5年 | トップページ | 京都駅ビル散歩 »

2012年9月 8日 (土)

二十四節気「白露」2012

 9月7日は、二十四節気の一つ「白露」でした。江戸時代の暦便覧には、「陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也」とあります。「朝夕はめっきり涼しくなり、ススキの穂が風になびき始めました。」と書きたいところですが、毎日30℃を越え、残暑が厳しすぎます。ここのところ、午前中は晴れて、午後は積乱雲が発達して雷雨がやってくるという天気が続いています。日本海に秋雨前線が現れていますが、本格的な秋は、まだ先のようです。

 7日の「白露」の日も、積乱雲が発達し激しい雷雨になりました。写真は、木津川の土手から見たものです。積乱雲から雨が落ちていて、虹が見えています。
Hakuro1_001Hakuro1_003Hakuro1_002   

  

  

   虹と言えば、先日も散歩の時、虹が見えました。写真を写していると、知らないおばさんから、虹か綺麗ですねと、にこやかに声を掛けられました。虹は人を結びつける不思議な力を持っているようです。この後、土手の上で虹を撮りました。一枚目の写真です。見えにくいですが、小学生高学年くらいの少女が二人写っています。この少女からも、「虹が綺麗ですね。」と声を掛けられました。予期せぬ、おませな挨拶に、私は慌てて、「ハッ、ハイ。」と、ちぐはぐな返事をしてしまいました。この後、この少女は、「お母さんに知らせなくっちゃ!」と、自転車で必死に走り去りました。虹の感動をお母さんと共有したい。なんという素直な子供たちなのでしょう。たぶん、知らせを受けた母親もにこやかに迎え入れることと思います。ちなみに、私の場合は、「虹が綺麗なのは、今に始まったことでない!」と叱られました。母は忙しく働いていました。そんな時代だったのでしょうか? 私の性格が少しひねくれているのは、この辺に理由があるのかも知れません。
 大榎と虹。近鉄電車と虹。もうだいぶと消えかけていますね。
Hakuro2_001Hakuro2_002Hakuro2_003  

  

  

   最近、道端にたくさんのニラの花が咲き出しました。白く清楚な感じの花です。万葉集では、久々美良(ククミラ)の名で出てくる食用の植物です。土手では、桜の木が少しずつ葉を落とし始めました。エノコログサもよく見られます。アララギ派の歌人、岡 麓の歌です。
  ~ みちのべの 相撲取草 猫じゃらし われにしたしき 草のしげりや ~
Hakuro3_002_2Hakuro3_001_01Hakuro3_001  

  

  

   城陽市の特産のハスもいよいよ最後を迎えています。一枚目の写真、比叡山をハス君が案内してくれています。
Hakuro4_001_01Hakuro4_001Hakuro4_001_02_2  

  

  

  

     枯れかけたハスの葉です。網目状に枯れた葉は、蛾の幼虫にやられた葉です。ときどき見かけます。
Hakuro5_001Hakuro5_002Hakuro5_003  

  

  

   単なる土手の写真です。まだ、夏の雲と秋の雲が同居しています。
Hakuro6_003Hakuro6_002Hakuro6_001  

  

  

    9月2日、流れ橋に撮影に行きました。いつもの撮影場所が、大阪から来たという写真クラブの人で占領されていました。遠慮がちに撮りました。
Hakuro7_002Hakuro7_001Hakuro7_003  

  

  

   夕日が沈み、ほとんどの人が引き上げました。その後の写真です。せっかく来たんだから、もっと粘ればいいのにと思うのですが・・。
Hakuro8_001Hakuro8_002Hakuro8_003  

  

  

   別の日の流れ橋と土手の夕日です。
Hakuro9_001_01Hakuro9_002Hakuro9_001   

  

  

    お別れは、私の住む城陽市寺田のメインストリート(?)です。 では。また。
Hakuro91_001Hakuro91_002 

|

« 定期診察の日(51)・早ければ5年 | トップページ | 京都駅ビル散歩 »

コメント

大きな虹が出ましたね。いくつになってもその不思議な力に
惹き付けられることあると思います。
流れ橋の風景、今回も本当に素晴らしいです。
もし機会があればぜひ一度は
行ってみたい場所の一つになりました。
夕景は日没後に空が焼けてくるのがまたいいですよね。

投稿: ゲル | 2012年9月11日 (火) 23時52分

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

今日は少し涼しくて助かりますね。
虹、、七色の織り成す業は感動ものです。
随分前の教室で、木津川近くに住む方が、
木津川に出た虹写真を持って来られ感動した
のが思い出されます。素敵ですね!

流れ橋は何度見ても飽きないですね。夕景は
本当に好きです。
彼岸花までどうしようか?と考えるこの頃です。

投稿: 輝子 | 2012年9月12日 (水) 18時25分

ゲルさん、ご訪問ありがとうございます。
虹は、ほんとに人をつなぐ働きがあると思います。
この日も、4人ぐらいの人から声を掛けられました。
夕焼けの時は、薄暗くなるまで粘らないといけないです。
判っていても、帰る途中に後悔することがありますね。
機会がありましたら、流れ橋においでください。
案内させていただきます。

投稿: 墓石 | 2012年9月12日 (水) 20時58分

 輝子さん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
虹の写真は、広角レンズが必要ですね。普段は、広角レンズを
持ち歩かないので、この日も広角が無かったので、虹の
全体は撮ることができなかったです。

 彼岸花は、私も待ち遠しいです。先日、京都駅ビルに
散歩に行ってきました。街写真というのは、難しいです。
普段、撮ったことがないので、何をどうすればよいか、
サッパリ判らなかったです。

投稿: 墓石 | 2012年9月12日 (水) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/55611067

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「白露」2012:

« 定期診察の日(51)・早ければ5年 | トップページ | 京都駅ビル散歩 »