« 二十四節気「芒種」2012 | トップページ | 定期診察の日(48) »

2012年6月11日 (月)

白洲正子と宇治田原町高尾

 梅雨入りが発表され、9日は朝から雨がよく降りました。自転車で散歩に行くわけにもいかず、車で被写体を求めて出かけました。宇治田原町の高尾(こうのお)なら霧が発生しているかも知れません。高尾(こうのお)は、田原川が切り取ったV字谷の上に位置しているため、川から水分が供給され、よく霧が発生します。
 高尾はやはり深い霧でした。
Shirasumk1_001Shirasumk1_002Shirasumk1_003  

  

  

   集落を見下ろす地点で車を止め、数枚シャッターを切りました。青々とした柿若葉の間から霧に包まれた高尾の集落が見えます。
Shirasumk2_002Shirasumk2_001Shirasumk2_003   

  

  

   車の中から、幻想的に流れていく霧を眺めているうち、白洲正子随筆集、「かくれ里」を思い出しました。「かくれ里」には、「田原道」という題で、この高尾のことが紹介されています。
 「田原道」によれば、織田信長に攻められた近江の佐々木一族が、この高尾に隠れ住んだそうです。また、蕪村も天明三年この地を訪れていて、次の句が紹介されています。
    鮎落ちて いよいよ高き 尾上かな  蕪村
 白洲さんは、五月、地元の西尾福三郎という人に案内されて、高尾をはじめ田原地域を巡られたそうです。その日も、今日のように、霧に閉ざされていたようです。

 ・・・・・蕪村が田原を訪れたのは、天明三年のことで、高尾は当時から、風変わりな名所の一つであったのだろう。私が行った時は、まるで視界がきかなかったが、お天気の日は大阪城まで見えるそうで、向かい側の峠を六国山というのも、六つの国が一時に見渡せるからだという。が、まったく何も見えないというのも、負惜しみではなく気持ちがいい。より高く、より神秘的に感じるからである。・・・・・・
   ・・・・頂上へ登ると、鎮守の社があり、このあたりを「御邸」といって、天平時代に志貴の皇子が住んだといわれている。皇子は、天智天皇の御子で、光仁天皇の父君にあたり、田原にいられた所から、後に田原天皇と追号された。
    石ばしる垂水の上のさわらびの
    萌えいづる春になりにけるかも
 この美しい歌が生まれたのも、高尾の地ではなかったであろうか。・・・・・

 白洲さんはこの後、鷲峰山の金胎寺へいかれたようです。思いつきで、私も追体験のために、金胎寺を目指すことにしました。ただし、どのルートで鷲峰山に入ったかは書かれていません。私は、奥山田の林道から金胎寺を目指しました。
 鷲峰山の林道は、ものすごい霧に包まれていました。林道の脇には、霧の中から卯の花が溢れるように咲いています。白洲さんも同じ光景を目にされたのでしょうか?
Shirasumk3_001Shirasumk3_002Shirasumk3_004Shirasumk3_003  

  

  

  

   白洲さんが訪れたのは五月なので、卯の花には早かったのかも知れません。
Shirasumk4_002Shirasumk4_003Shirasumk4_001  

  

  

   マムシ草。コアジサイも少々発見。
Shirasumk5_001Shirasumk5_002Shirasumk5_003   

  

  

  
  単なる思いつきで、「白洲正子」を追いかけようとしましたが、この林道で挫折です。霧の林道を延々と走るのは、結構心配になります。崖崩れとか・・。
 家に帰って、「かくれ里」の「田原道」の部分を読み返してみました。豊富な歴史的知識。溢れる教養。ウーン、さすがに日本文化の精通者、後を追うのは難しそうです。
 白洲正子著 「かくれ里」(新潮社)お薦めします。  では。また。

|

« 二十四節気「芒種」2012 | トップページ | 定期診察の日(48) »

コメント

墓石さん こんにちは。(*^_^*)

高尾高原にはそんな理由があったのですか!
あの集落はどうして不便な高い所に住んでられるのか、
と思ってました。今は車があるけど、行き来が大変
でしょ。子供達の登下校も。見晴は素晴らしいし、
自然も綺麗ですけどね。

鷲峰山へ霧の時に行かれましたか。やはり綺麗で
幻想的ですね。いつもこの時期素晴らしい写真を
撮ってられ感服します。霧が濃過ぎるのも不気味
でしょ。精力的に出かけられ凄い!

投稿: T | 2012年6月12日 (火) 16時14分

Tさん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。

山城地方は、歴史に彩られた場所ですので、いろいろ調べると
面白いです。高尾の子供は、以前は宇治小学校へ通学していたようですよ。
井戸のある所から山道を宵待橋のところへ降りてきて、宇治小へ通っていたらしいです。今は道は崩れて安全に通行できません。
一度、冒険しようと思いましたが、マムシに出会ったのであきらめました。

投稿: | 2012年6月12日 (火) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/54934179

この記事へのトラックバック一覧です: 白洲正子と宇治田原町高尾:

« 二十四節気「芒種」2012 | トップページ | 定期診察の日(48) »