« 五月の宇治川 | トップページ | 白洲正子と宇治田原町高尾 »

2012年6月 5日 (火)

二十四節気「芒種」2012

 6月6日は、二十四節気の一つ「芒種」です。江戸時代の「暦便覧」には、「 芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也」とあるそうです。稲のように芒(のぎ)のある穀物の種まきをする頃という意味です。田植えの時期が早まり、今では、田植えの時期に当たります。梅雨に入る頃でもあります。
 京都府南部では、ここのところ曇って蒸し暑い日が続いています。「芒種」の今日も、朝から曇っていて、今にも雨が降り出しそうです。もうすぐ梅雨入りと思われます。
 
 では、今の時期の城陽市木津川土手を紹介していきましょう。
 まず、木津川周辺の田んぼでは田植えの最盛期です。現代の主役は田植機です。忙しそうに動き回っています。
Boos1hu0_001_01Boos1hu1_220Boos1hu1_226   

  

  

   田植えの終わった田んぼに、土手の影がぼんやりと映し出されています。勢いよく水が補給されています。買い物袋を持った婦人が2人、畦道を通りました。
Boos2hu1_219Boos2hu1_224Boos2hu1_222  

  

  

   土手の斜面には花が咲き乱れ、去ってゆく五月を惜しんでいるように見えます。ノアザミ。ヒメジオン。アカツメクサ。
Boos3hu1_221Boos3hu2_009Boos3hu3_229  

  

  

   土手に咲く花で、今の時期を代表する花と言えば、茅花(チガヤ)です。一斉に風になびきながら、梅雨を知らせる姿に、もの悲しさや漂泊感を感じます。千葉県鴨川市で、農家の子として生まれ、「アララギ」派を支えた歌人の一人、古泉千樫の歌です。
   ~しらじらと 茅花(つばな)ほけ立つ 草野原 夕日あかるく 風わたるなり~
Boos4hu2_228Boo4shu2_227Boos4hu2_003  

  

  

                   滋賀県で、醤油業を営む日野商人の一人息子として生まれた郷土歌人、 岡橙里 の歌です。
  ~皐月こそ 野はをかしけれ 穂にいでし 茅花に麦の 秋もまじれり~
 今の時期は、麦の実る頃、「麦秋」でもあります。麦の植えてある畑を見つけましたが、鳥よけの網に覆われていて、写真にはちょっと無理でした。カラスムギの穂で我慢します。キキョウソウ。ハナウド。ハナウドにいる虫は、カミキリムシだと思いますが、種類は分かりません。私は昆虫の名前も全くダメです。
Boos5hu1_002_02Boos5hu1_004_01Boos5hu3_230   

  

  

  

           
    木津川土手の長谷川付近にヤマボウシの木が数本立っています。白く目立たない花をつけ、入梅が近いことを静かに知らせています。夫を介護していると思われる車椅子を押す女性がやって来て、「ヤマボウシが咲きましたね。・・・」とポツリと一言。車椅子の老人は、感慨深げに無言で見上げています。山中の谷筋に自生するというヤマボウシに、何か深い思い出でもあるのでしょうか? 穏やかそうな老夫婦。小津安二郎監督映画の一場面を見ているようでした。
Boos6hu4_006Boos6hu4_234Boos6hu4_233   

  

  

   梅雨を知らせる別の白い花、栗の花も咲いています。栴檀の木も花を付けています。梅の木には梅の実です。
Boos7hu5_237Boos7hu5_235Boos7hu5_236  

  

  

   花の産地城陽市では、花の主役はカキツバタからハナショウブへと移行です。咲き残ったカキツバタ。田んぼの畦道のハナショウブ。畑ではナスの花。女性に向かって、あなたはナスの花のようだと言えば、100%女性は怒ると思いますが、よく見れば、あなどれない美しさです。
Boos8hu_003Boos8hu_002Boos8hu1_001  

  

  

   木津川土手周辺の茶畑では、まだ茶摘みが続いています。仕事が終わり、摘み取られた茶葉が袋に集められています。夕陽は赤く、一日の終わりを飾っています。
 近くの河川敷グランドでは、少年野球の熱戦が続いていました。
 茶摘みのおばさんたちも引き上げていきました。では、「芒種」はこの辺で。
Boushu4_001Boushu4_002Boos9hu_001   

|

« 五月の宇治川 | トップページ | 白洲正子と宇治田原町高尾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/54884866

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「芒種」2012:

« 五月の宇治川 | トップページ | 白洲正子と宇治田原町高尾 »