« 定期診察の日(48) | トップページ | 千葉での結婚式 »

2012年6月21日 (木)

二十四節気「夏至」2012

 6月21日、今日は二十四節気の一つ「夏至」です。江戸時代の暦便覧によれば、「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也」とあるそうです。一年で一番昼が長い時期で、夏という季節の中間点ですが、暑さの中間点ではありません。日本の夏は、初夏、梅雨、盛夏、晩夏と変化していき、今の時期は梅雨にあたります。日本人は、季節変化への感覚が細やかです。では、梅雨の時期、木津川土手の風景をご案内しましょう。
 
 先日、季節はずれの台風が上陸して大雨になりました。「夏至」の日の今日も、朝から雨です。最初は、撮りたての雨の写真です。今は、城陽市の特産である蓮の芽生えの時期で、少しずつ茎を伸ばしてきています。雨の中で、蓮田の草取りをしています。なかなか大変な作業のようですね。
Geshi8_001_05Geshi8_002_05Geshi8_004_05  

  

  

   
  「五月(さつき)晴れ」と言えば、5月のよく晴れた日を思い浮かべる人も多いと思いますが、旧暦五月は新暦では6月にあたり、「五月晴れ」の本来の意味は、梅雨の合間の晴れ間を言うそうです。5月のよく晴れた日は、「さつき晴れ」ではなく、「ごがつ晴れ」というのが正しいようです。しかし、「五月晴れ」を「ごがつ晴れ」と読んだのでは、「漢字を知らない人」扱いにされそうです。
 近畿地方は、6月8日に梅雨入りしましたが、先日、本来の意味での「五月晴れ」の日がありました。その日の写真です。木津川の土手に立てば、田植えが終わった水田が広がり、遙か遠く比叡山を望むことが出来ます。空を白い雲が流れてゆきます。一句いきたいところですが、私にはその能力はありません。 (作者不詳)
           風渡り 青田のうへに 雲の影
      雲流れ  比叡も見ゆる  青田哉
     五月雨の晴れ間に出でて眺むれば  青田涼しく風わたるなり  (大愚良寛)
Geshi1_002_02Geshi1_003_02Geshi1_005_01  

  

  

   稲の生長は順調のようです。クラブ活動でランニング中の生徒が通ります。実に平和そうな光景です。若者が自転車で散歩していますが、ここは耕作されていない土地が目立ちます。減反という農業政策失敗の傷跡でしょう。 ここは少し遅い田植え中。
Geshi2_001_04Geshi2_003Geshi2_006_01  

  

  

   土手の斜面に月見草です。正しくは、オオマツヨイグサ(?)というそうです。本来の正式な月見草というのは、別の花だそうです。太宰治が、「富嶽百景」の中でオオマツヨイグサを、「富士には月見草が良く似合う」と書いた為、黄色いオオマツヨイグサが月見草として定着してしまったようです。また、マツヨイグサ(待宵草)をヨイマチグサ(宵待草)と言うのは、竹下夢二が、「宵待ち草の歌」として、わざと言い換えて使ったため、ひろまったそうです。ややこしいですね。
 ここで、与謝野晶子の歌です。三枚目の写真は、ヒメジオン(?)。
    月見草 花のしおれし 原行けば 日のなきがらを 踏む心地する
Geshi3_002_04Geshi3_003_04Geshi3_001_02  

  

  

   土手にたくさんのカワラナデシコ(?)です。少し時季はずれのような気もしますが、毎年この時季になると、木津川土手ではたくさん咲いています。では、ひさびさに万葉集です。万葉集では、なでしこを詠った歌は26首あるそうです。大伴家持が紀女郎に、心変わりのないことを確認しようとした歌です。
    なでしこは 咲きて散りぬと 人は言へど 我が標めし野の 花にあらめやも
   意味:なでしこは咲いて散ったと人は言うけれど、私が標(し)めをした(自分のものと目印をつけた)野の花のことではないでしょうね。
Geshi5_004_04Geshi5_006_02Geshi5_005_02  

  

  

  

   長谷川河口付近で、ホオジロ(?)が鳴いています。いつも同じ場所にとまっています。あとの2枚は、土手下の田んぼで撮りました。
Geshi6_009Geshi6_002_01Geshi6_001  

  

  

   ブラブラしているうちに、夕陽の時間が迫ってきました。前回の「芒種」で紹介したアカツメクサの咲いていた斜面は、枯れ草が広がり、傾きかけた太陽に赤く照らされています。茶畑も赤く光り始めました。栴檀の木の向こうに夕陽が沈みます。これで、五月晴れの日は終わりです。
Geshi7_005Geshi7_010Geshi7_011  

  

  

   ではお別れは、風の日、雨の日、晴れた日の蓮田の写真3枚です。いろいろ表情が変わります。飽きることはないですね。まもなく盛夏です。  では、また。
Geshi_002_03_2Geshi_003_05_2Geshi_003_03_2   

|

« 定期診察の日(48) | トップページ | 千葉での結婚式 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

もう早、蓮の葉が出て来たのですね。何と月日の経つ
のが早いのでしょう!しばらく晴れの日が続く様ですが
まさか梅雨明けではないでしょうね。梅雨の晴れ間と
いきたいです。真夏のあの暑さが長いのはとっても嫌
ですね。

今日は岩船寺へ行きまして、木津川が増水していて驚き
ました。そして墓石さんはどの辺を撮ってられるのかな?
と見てましたが、茶畑はありました。流れ橋はもっと下
でしょうね。親しい木津川方面の風景を楽しませて
頂きました。

投稿: T | 2012年6月22日 (金) 19時44分

Tさん、こんばんわ。

来週また雨になるらしいですよ。
私は、今年は、まだアジサイを撮していないです。
来週の雨の時に、岩船寺に行く予定をしていました。
もうアジサイが終わりなのではないかと、ちょっと
焦っています。
撮影から足が遠ざかっていますので、来週は少し
頑張ってみます。

投稿: | 2012年6月22日 (金) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/55016279

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「夏至」2012:

« 定期診察の日(48) | トップページ | 千葉での結婚式 »