« 卒業生と居酒屋へ | トップページ | 定期診察の日(44) »

2012年2月21日 (火)

二十四節気「雨水」2012

  2月19日は、二十四節気の一つ「雨水」でした。江戸時代の暦便覧には、「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也」とあるそうです。空から降るものが雪から雨に替わり、雪や氷も融けて水になる頃です。
 この時期になると、天気の周期的変化が次第にみえててきます。まず、低気圧が通り過ぎ、次に高気圧がやって来ます。低気圧が日本海を通過するとき、日本列島は強い南風となります。これが春一番です。まもなく春一番が吹く頃です。
 南岸低気圧といって、低気圧が太平洋岸を進む時は、たまに太平洋岸に春の雪をもたらします。「イルカ」の名曲、「なごり雪」(作詩/作曲 伊勢正三)。
     汽車を待つ君の横で僕は時計を気にしてる
  季節外れの雪が降ってる
    東京で見る雪はこれが最後ねと
  淋しそうに君が呟く♪~
この歌にある雪は、南岸低気圧のもたらした「春の雪」ですね。たぶん・・・・。
 2月15日頃、南岸を低気圧が通過し雨がよく降りました。その後、大陸から高気圧が張り出し冬型となり、日本海側は大雪になりました。京都府南部も少し雪が積もりました。この雪は春の雪ではなく、冬型寒波による雪です。今年は、春が少し遅れているようです。

 2月19日「雨水」の日、冬型気圧配置となり、京都府南部は晴れたり曇ったりで、冷たい風が強いです。しかし、負けずに撮影に出ましょう。太陽が照ると気持ちがいいです。今日は、たんぼ道を西へ向かいますね。
 早速、春発見です。城陽特産、カキツバタの芽生えが始まっています。小川の水が光を反射して煌めいています。田んぼの畦にオランダミミナグサ(?)です。 Usui02_001Usui2_001_01Usui2_001_03  

  

   

  
    少し進むと、道ばたに黄色い花です。おそらくカブの花だと思います。以前ここにカブが捨てられていました。それが成長したのだと思います。春の七草のスズナは、今で言うカブの事だそうです。アブラナや白菜と親戚筋のようです。驚いたことに、ミツバチがきていました。こんなに寒いのに虫の活動は始まっているようです。
 古川の水路の水も光っています。
Usui2_002_01Usui2_001_02_2Usui2_002   

  

  

   
    古川沿いに進みます。木の枝にモズがとまっています。この木の枝によく見かけます。このあたりを縄張りにしているのでしょう。畑の脇の木に白い芽。ネコヤナギ(?)。
Usui3_001_01Usui4_001Usui4_002   

   

  

    
   かなり前から耕作放棄されている藪の中に、ヒヨドリジョウゴとヘクソカズラの実です。ヘクソカズラとはすごい名前ですが、実も臭いらしいです。
Usui1_001Usui1_002Usui1_001_01 

  

  

   
    
  
   Usui5_001 寺田桜堤あたりで木津川の土手に上がります。土手にスイセンが植えられていました。水仙は冬の季語ですが、ここで一首。   岡橙里(1916年没)
          冷たくも底びかりするわが春に さきのこりたる水仙の花
   

   

    
   次は、「雨水」に合わせて、雨の日の鴻ノ巣山です。14日の雨の日です。
Usuiame_003_01Usuiame_001_01Usuiame_002_01   

  

  

   
   雨の中の梅です。かなり咲いてきました。思わぬ雨が写りました。
Usuiame_001Usuiame_002Usuiame_003   

  

  

  
  20日は、春らしい温かい日となりました。木津川の富野荘あたりで、近鉄電車と夕陽を写してみました。    まもなく梅の季節ですね。では。また。
Usui5_001_01Usui5_002Usui5_003   

|

« 卒業生と居酒屋へ | トップページ | 定期診察の日(44) »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

春の気配が見られる頃となりました。でも2年前の画像を
見ると宇治稙の梅が2月10日に満開だったのに今年は?
寒かったので全て遅れてますね。

18日の田原の雪にカメラマンが来てられるかと思ったのですが、
誰もおられずびっくりしました。今年はまだ宇治に積雪が
ないですね!春雪が降るのかどうか?

見慣れた近鉄電車も夕日に照らされ、素晴らしい光景です。
3月中ごろから4月5月は1番好きな季節で待ちとうしいですね。

投稿: T | 2012年2月21日 (火) 19時21分

Tさん、こんばんは。

18日の雪の日、宇治田原に行かれたようですね。
ブログで拝見しました。雪の写真、期待できそう
ですね。
私は、心の準備をしていましたがそれでも朝起き
られず、断念しました。
相変わらず、日中、田んぼをウロウロするだけです。

投稿: 墓石 | 2012年2月21日 (火) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/54038942

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「雨水」2012:

« 卒業生と居酒屋へ | トップページ | 定期診察の日(44) »