« 二十四節気「立春」2012 | トップページ | 卒業生と居酒屋へ »

2012年2月 8日 (水)

雪の丹後半島2012

 先日、冬の丹後半島の撮影に行ってきました。相変わらずの無計画な思いつき行動です。天気予報が大雪の情報を流していましたが、大したことはないと油断していました。丹波、福知山までは、雪は全くなかったです。国道176号線で与謝峠を越えました。それから先は、かなりの積雪でした。今回の雪は、里雪型で海岸部にたくさん降ったようです。
 海岸に出ると雪と波しぶきと強風で、撮影はかなり困難な状態です。風の止み間に、車から飛び出しての撮影です。最悪です。
 その日の夕方、大雪警報が出ました。一夜明けて次の日は、朝から猛吹雪です。それでも負けずに撮影に出ましたが、雪に隠された側溝で転倒。カメラのレンズを割ってしまいました。8万円のレンズでした。
 後は、ただひたすら帰るだけです。吹雪の中、ようやく若狭舞鶴道にたどり着きましたが、雪のため閉鎖。渋滞の続く一般道を延々と帰ります。帰り着くまでに8時間かかりました。おまけに、エンジンルームの底板が、雪のため破れて垂れ下がっていました。
 というわけで、さんざんな目に遭いました。撮れた写真もさんざんです。少し言い訳すると、積雪のため、狙っていた撮影ポイントに行けなかったこともあります。

 では、今回の写真です。半島の先の方から順番に紹介しますが、行ったり来たりしていますので、撮影順ではないです。撮影場所の位置は、墓石さんのホームページの「ジオパーク・京丹後版」で確認できます。
 まず、「経ヶ岬」と「丹後松島」です。
Tangoa_001Tangom_001Tangom_001_01   

  

  

   
  次は、筆石というところの「屏風岩」付近です。
Tangor_001_2Tangor_001_01Tangor_001_02   

  

  

   
  次は、「立岩」です。
Tangos_001Tangos_002Tangos_001_01   

  

  

   
  古墳公園から見た「立岩」です。風下になるため、一回のシャッターごとに、レンズについた飛沫を拭く必要があります。波の上がる寸前にカメラを構える必要があります。
Tangosty_003_2Tangosty_002Tangosty_001 

  

  

  
  次は、単なる鳥です。単なる波です。
Tangostyn_001Tangostyn_001_02Tangostyn_002   

  

  

   
  間人港を通って、町の西側に出ます。
Tangostyn_002_01Tangostynm_001_01Tangostyn_003   

  

  

   
  最後は、町の西の外れより、網野町方面を見る場所です。今回の撮影で、愛用の標準ズームを失いました。タイの洪水被害のため、同じレンズの納入時期は未定ということです。しばらく写真は休業します。    では。また。
Tangosun_001_03Tangosun_001_02Tangosun_001_01Tangostyn_002_02   

|

« 二十四節気「立春」2012 | トップページ | 卒業生と居酒屋へ »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

丹後が故郷で今までも見せてもらってますが、今回は
大変な目に会いましたね。猛吹雪は朽木、余呉、それに
この前に西の湖で会いましたが、日本海だもの半端じゃ
ないでしょうね。レンズと車が故障する位ですもの。

舞鶴よりまだ北部なんですか。山陰は2度しか行った経験
が無いので、もし私が行けばポイントも何も解らない
で往生すると思います。やはり土地感が大事ですね。

1度越前海岸で泊まった時、台風の凄い波だったので
怖かった!宿の方は冬の方が波がもっと大きいと言って
られました。どんな波か想像も出来ないですワ。

投稿: T | 2012年2月 8日 (水) 23時10分

Tさん、こんばんは。
写真を見ていただきありがとうございます。

土地勘があると言っても、地元に住んでいるわけではないので、
思うような場面になかなか出会えないです。
波の写真は、やはり太陽が必要ですね。波の高い荒れた日は、
太陽がでないし、思うようにはならないです。
今回は、ひどい目に遭いました。

投稿: 墓石 | 2012年2月 8日 (水) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/53933127

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の丹後半島2012:

« 二十四節気「立春」2012 | トップページ | 卒業生と居酒屋へ »