« タネが危ない | トップページ | 雪の丹後半島2012 »

2012年2月 5日 (日)

二十四節気「立春」2012

 2月4日は、二十四節気の一つ「立春」でした。江戸時代の暦便覧には、「春の気たつを以て也」とあるそうです。この日から立夏の前日までが春です。
 しかし、春とは名ばかりで、厳しい寒さが続いています。全国的に大雪のようです。私も、数日前、雪の丹後半島の撮影に行きましたが、猛吹雪に阻まれ、さんざんな目にあいました。
 「立春」の日、京都府南部は風が強いものの、よく晴れました。さっそく、春を探しに、「立春」の日の撮影に出かけましょう。午前中は、鴻ノ巣山です。一時間ほど歩きましたが、春探しは苦戦です。やっと数輪の梅の花を見つけました。
 午後は自転車で木津川土手です。畑の脇にタンポポを見つけました。明治時代に帰化したセイヨウタンポポのようです。この花、一年中咲いているような気がします。種子が風で旅立っていきました。Risshun1_001_05_2Risshun2_004_2 Risshun3_001

    

  

   

   
     
   春の七草の一つナズナを見つけました。
         よく見れば なずな花咲く 垣根かな    松尾芭蕉
 この花、撫でたいほどかわいい花ということから、撫菜(ナズナ)となったという説が有力のようです。貝原益軒は『大和本草』で、「『天は世を捨て暮らしている人の為にナズナを生じた』これは味が良いためである」と書いているそうです。タネの形が三味線のバチに似ていることから、別名、ペンペングサです。痩せた土地でも生えることから、「没落」の象徴でもあります。家にぺんぺん草が生えるとは、家が貧乏になることです。私は、こっちの方の印象が強いです。綺麗とも思わないし、食べたこともないし・・・。
 タンポポの近くに、ホトケノザです。春の七草のホトケノザとは、別物だそうです。
 ハス田の中に、蓮の枯れた葉と花托が浮いていました。ちょっと不気味です。これは、春ではなく冬ですね。Risshun4_003_02 Risshun5_002_02 Risshun6_003 

   

   

   
   
    木津川土手を近鉄木津川鉄橋まで来ました。この付近、枯れたススキの荒涼とした風景が広がっています。これは冬の景色ですね。Risshun8_002_04_2
Risshun7_001_06_2Risshun91_003_03_2   

   

   

    
    草むらを竹細工用の竹を採りに来た人が行きます。犬を散歩させる人が通ります。雀が舞い上がりました。 
Risshun93_002_03Risshun92_001_07Risshun993_001_03   

    

    

   
     田んぼでは、藁を焼く人が見えます。煙の向こうに、遠く比叡山が見えます。田んぼでは「寒起こし」も進んでいます。これは、早春の雰囲気ですね。
Risshun94_002_05Risshun95_001_08Risshun96_003_04   

  

  

   
     寺田桜堤付近で夕陽を迎えました。枯れ草の向こうに夕陽が沈みます。これは、どうも冬の感じです。以上が、春と冬が入り交じる「立春」の日の写真でした。春は名のみの風の寒さや~~~♪♪
Risshun97_001_04Risshun98_002_01Risshun99_003_01    

  

  

   
     お別れは、別の日に撮った、雀と土手の夕陽の写真です。では。また。
Risshun991_001_01Risshun992_001_02Risshun991_002   

|

« タネが危ない | トップページ | 雪の丹後半島2012 »

コメント

橋本さん!
ブログへ訪問して頂いて、有り難う御座います。お返事が遅くなり、ゴメンちゃい。
花撮影が苦手ですか?
そんな事無いでしょう?
早春の花達が、見事ですよ!
仏の座、タンポポ等など、素敵ですよ。
蓮の蓮華は、一寸怖いですね。

近場の何気ない風景、人物を配した風景等、素晴らしいですね。
最期のわんこと一緒に散歩している写真が、一番気に入りました。
先日、富士山の撮影に行き、富士の色々な姿を写して来ました。画像の整理が出来たらアップしたいと思っています。乞うご期待と為りますかどうか?
頑張って見ますね(笑う)

投稿: 夢花(千の風) | 2012年2月21日 (火) 00時25分

夢花さん、こんにちは。
写真を見ていただきありがとうございます。

次は、富士山の写真ですか。期待しています。
夢花さんらしい、素晴らしい風景写真家に
なりそうですね。

投稿: 墓石 | 2012年2月21日 (火) 11時58分

橋本さん!こんばんは(*^-^*)V
美山雪灯廊を、ブログにアップしましたよ。

富士山は、一寸待って下さいね。
近日中に、アップの予定です。
美しい富士山に、魅了されましたよ。
又写しに行きたいと思っています。
良かったら、ご一緒しませんか?

投稿: 夢花(千の風) | 2012年2月21日 (火) 22時58分

夢花さん、こんにちは。
富士山の写真、楽しみにしています。
次に行く機会があれば、お誘いください。

サイトの方、定期的に拝見しております。
美山の素晴らしい写真は、見せていただきました。

投稿: 墓石 | 2012年2月22日 (水) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/53907711

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「立春」2012:

« タネが危ない | トップページ | 雪の丹後半島2012 »