« 定期診察の日(43) | トップページ | 三丁目の夕陽’64 »

2012年1月22日 (日)

二十四節気「大寒」2012

 1月21日は、二十四節気の一つ「大寒」です。江戸時代の暦便覧によれば、「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」とあるそうです。一年で一番寒さの厳しい頃です。一年の最低気温もこの時期に記録されるそうです。
 「寒い」と言えば、童歌にも
  「大寒小寒 山から小僧が飛んできた ・・・寒いといって飛んできた」
とあります。私は長い間、「小僧が飛んできた」と憶えてきました。小僧は冷たい風と共に飛んできたのです。実に風を感じます。
 しかし、当然のことながら童歌なので、地方によって歌詞は違います。関東地方では、
    「大寒小寒 山から小僧が泣いてきた ・・・寒いといって泣いてきた」
と歌うそうです。全国的には、こっちの方がメジャーなようです。「泣いてきた」では、ちょっと表現が、感情に走りすぎて浅いような気がします。やっぱり私には、風を感じる「飛んできた」の方が優れているように思うのですが・・・・。ちなみに、三重県あたりでは、「大寒小寒 山にずっきんおいてきた とりにいこか もどろか ミカンの皮でもかぶろうか」と歌うそうです。いかにミカンどころとはいえ、ちょっと宣伝がましいような・・・・。「山にずっきんおいてきた」とは、山に雪のずきんを置いてきたのでしょうか、雪化粧した鈴鹿の山が見えてきます。オレンジ色と白い雪との対比もなかなか良い表現ですね。

 では、21日、「大寒」の日の写真です。京都府南部は朝から雨です。よく降りますが、思い切って、傘をさして出かけましょう。城陽市の東側、鴻ノ巣山へ向かいます。はたして、「大寒」にふさわしい被写体は見つかるでしょうか。
 今年は雪が降らないため、朽ちた葉が落ちずに、まだ残っています。水滴が着いて、雨らしい雰囲気ですが、大寒らしいかどうかは、ちょっと・・・・・。Taisetumj_001_3 Taisetumj_002_5 Taisetumj_003_2

  

  

  

  
     梅もロウバイも咲いています。もう春も近づいていますね。鴻ノ巣山は、これくらいにします。Taisetumj_001_01 Taisetumj_001_02_2 Taisetumj_002_01

  

  

   
     次は、宇治田原町高尾というところの残り柿です。久々の雨なので、霧の中の残り柿も撮影します。これで、雨の「大寒」の撮影は終了です。Taisetuamek_001 Taisetuamek_002 Taisetuamek_003

  

  

   
    今年はまだ積雪はありません。先日、12日に宇治田原では、ほんの少し積雪がありました。雪の茶畑と枯れススキです。Taisetudtawa_003 Taisetudtawa_001 Taisetudtawa_002

  

  

   

   
    最近の木津川土手周辺です。田んぼでは、春の準備が少しづつ始まっています。藁のクズを焼いています。肥料をまく人もいます。Taisetutanb_002 Taisetutanb_001 Taisetutanbo_002

  

  

   
    雀は群れをつくって飛び回っています。Taisetusu_002_01 Taisetusu_001_02 Taisetusu_002

  

  

   
    野鳥もよく見かけます。一枚目の写真、モズだと思うのですが・・・・。鳥の名前はよく分からないです。Taisetutor_001 Taisetutor_001_01 Taisetutori_001

  

  

  

        土手の風景です。最後の写真はタンポポです。畑の側に咲いていました。春が近づいています。次は立春です。  では。また。Taisetudot_001 Taisetudot_001_01 Taisetudot_002 Taisetuharu_001

|

« 定期診察の日(43) | トップページ | 三丁目の夕陽’64 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

検査結果が良く、良かったですね。私は眼の検査が
間もなく待ってます。

雨の冬景色も面白いです。雫が綺麗で温かさを感じ
ます。

雪は間もなく降るでしょうか。この4日間は行けないけど、
また田原へ行ってみたいものです。

自然に出会うと心和みますね。

投稿: T | 2012年1月22日 (日) 23時09分

Tさん、こんにちは。
写真を見ていただきありがとうございます。

Tさんの目の検査結果が良いといいですね。

冬は被写体に困ります。おまけに寒いです。
雪でも降ればまた違いますが・・・。

今週後半は、寒波がやってくるようです。

投稿: 墓石 | 2012年1月23日 (月) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/53796010

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「大寒」2012:

« 定期診察の日(43) | トップページ | 三丁目の夕陽’64 »