« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

カジノ資本主義

スーザン・ストレンジ著「カジノ資本主義」(岩波現代文庫)を読みましたので、感想を書かせていただきます。
 著者、スーザン・ストレンジは、この本の中で、現代の資本主義を「カジノ資本主義」と、初めて命名しました。この本は、1988年、今から20数年も前に書かれたにもかかわらず、実に新鮮で、現代の資本主義の本質を言い当てています。この本の書き出だしの部分を抜き出してみましょう。実に明快な書き出しです。
   「・・・・・西側世界の金融システムは急速に巨大なカジノ以外の何物でもなくなりつつある。毎日ゲームが繰り広げられ、想像できないほど多額のお金がつぎ込まれている。・・・・・自由に出入りができるふつうのカジノと、金融中枢の世界的カジノとの間の大きな違いは、後者では我々のすべてが心ならずもその日のゲームに巻き込まれていることである。・・・・・」
 「私たち一般国民もこのカジノに巻き込まれている」とは、実に本質を突いた指摘です。東京為替市場では、一日に15兆円~20兆円の取引、つまり博打が行われています。ニューヨーク市場では、一日当たり200兆円の博打が行われています。博打とは、もうける人がいれば損をする人がいるというのが原理です。リーマンショックでは、インチキな商品が取引され、一部の人は、大もうけをしました。逆に、危機に陥った銀行に大量の公的資金(元は税金)が投入されました。また、値下がりをした株を買い支えるため年金基金などから大量の投資が行われました。まさに国民のお金がバクチ場に投げ捨てられたのです。最近では、円売りドル買い介入が行われました。円高を利用して儲けようとする投機資本のために、大量の税金がバクチ場に提供されたのです。
 現在もなお、人の幸福とは無縁の、5000兆円ともいわれる投機資金が利益を求め世界を動き回っています。天候異変で食糧の供給が低下すれば、日本のような食料自給率の低い国は、投機の格好の餌食になりそうです。

 著書は、この「カジノ資本主義」に対する処方箋を「第7章カジノを冷やすこと」で書いています。その方法とは、「アメリカがまず行動することである・・・」と。しかし残念ながら、その後のアメリカが進んだのは、「新自由主義」という道です。世界の金融システムは、新自由主義の台頭により、ますます「カジノ」化が進行し、ついに深刻な世界的な経済危機、リーマンショックを引き起こしました。バクチの後始末のために、大量の公的資金(税金)が、各国で投入されています。もし、スーザン・ストレンジが生きていれば何と言うでしょうか? この本の最後を締めくくる言葉を書き出します。
  「金融カジノの熱気を冷やし、コントロールするための前向きの実践的処置が取られないならば、・・・・・・生き残った金融ギャンブラーだけが祝杯をあ上げているであろう。残りの者には、・・・・悲惨な終わりがやってくる。」 
  経済の知識の無い私には、少々難しかったです。  では。また。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

大根の寺

 先日、「大根のなる木」があるという話を聞き出掛けてきました。隣町、八幡市の円福寺という寺です。この寺は、臨済宗妙心寺派の修行専門道場だそうです。
 「大根のなる木」確かにありました。
Daikon_001 Daikon_001_04 Daikon_001_01

   

   

   

     
    この大根、修行僧たちが市内や近隣の町を托鉢して集めるそうです。3000本あるそうです。下から見るとかなりの迫力ですね。
Daikon_001_02 Daikon_001_03 Daikon_002

  

   

    
     では、ここで大根についての蘊蓄を。最近、蘊蓄が多いですね。coldsweats01
 大根の歴史は大変古く、古代からすでに食用になっていたようです。生食、煮物、漬物、千切り干し大根など、幅広い用途があり、日本人の栄養源として大切な野菜です。
 枕草子にも「大根」が登場します。「えせものの所うるおり」(145または149段)の段です。
       「えせもののところ得るおりのこと 正月の大根(おほね)・・・」
         (つまらないものが幅を利かせるとき。正月のダイコン・・・)
 清少納言は、大根が嫌いだったようで、生意気にも大根をけなしているようです。
それから、「にげなきもの」の段(45段、42段、52段)では、「下衆の家に雪の降りたる。
また、月のさし入りたるもくちをし。」などと、貴族意識丸出しで暴言を言っています。貴族だから仕方ないですけどね。清少納言さん、悪口言ってスミマセン。私は高校の頃、古文の勉強が嫌いで、こういう横道の勉強ばかりしていました。へそ曲がりというか・・・。
 それから、「大根足」は、今は悪口ですが、『古事記』では女性の白い美しい腕のたとえだったそうですよ。
 「大根役者」は、江戸時代、大根は消化が良いのでめったに当たらないということから、下手な役者のたとえになったようです。  では。また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

二十四節気「冬至」2011

 12月22日は、二十四節気の一つ「冬至」でした。暦便覧によれば、「日南の限りを行て日の短きの至りなれば也」とあります。一年で最も昼が短く、太陽高度も低くなる日です。これから一日ごとに日が伸び始めることから、古くには、この日を年の始点と考ていたようです。
 では早速、木津川土手周辺で写した最近の写真です。
 冬至の日には、柚湯に入る習慣がありますが、土手下の畑でたくさん栽培されていますね。一枚目の写真です。
 東京都浴場組合のホームページによると、・・・・わが国の古い習慣に、この冬至の日に湯をわかして、沐浴(髪を洗い、からだを洗うこと)したのが、ゆず湯のはじまりと言われています。古くから、この日に冬至かゆ、冬至かぼちゃ、冬至こんにゃくを食べ、またゆず湯に入る習慣があります。冬至の日にかぼちゃを食べると中気にならないと言われ、ゆず湯に入れば風邪を引かないと言われています。・・・・とありました。また、別のサイトでは、柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」という語呂合せから、柚子湯に入るようになった、という説が紹介されていました。
 今の時期、木津川土手から見える風景2枚です。
Atouji_001_01 Atoujin_002 Atoujia_001_01

  

  

   
    初冬の田園風景を飾るのは、冬の弱い日差しを受けて広がる野焼きの煙です。風が吹くと紫煙は地を這うように流れ、夕陽のときは暖かく辺りを覆います。野焼きは、春の季語のようですが、これには異議ありですね。
Btoujin_001_03Btoujin_001_01Btoujin_001_02

  

   

   
    今の時期に合うのは野鳥ですね。動きが速いので写真には難しいですが。 それから、枯れたハスです。壊れた流れ橋も、このまま年越しのようです。
Ctoujit_001_2 Ctoujit_001_01_2 Ctoujia_001_2

   
    
     

    
Ctoujing_001_2     

    
   
    以上で、木津川土手は終了です。続いて、城陽市の東側、鴻ノ巣山にご案内しましょう。今年は暖かかったので、紅葉はいまだに少し残っています。コナラやクヌギの紅葉が中心です。紅葉と言うより茶色葉ですが。
Dkounos_002_01 Dkounos_036 Dkounos_044

  

   

   
    落ち葉も良い雰囲気を出しています。華やかさはありませんが、初冬の物寂しげな雰囲気です。
Ekounos_048 Ekounos_049 Ekounos_003_01 Ekounos_003

  

   

   

   
   
     モミジの種子が旅立とうとしています。葉をほとんど落とした木もあります。
Fkounos_047 Fkounos_002 Fkounos_039

   

   

    
    冬の弱い日差しが当たると、ほんのりと暖かさも感じますね。
Gkounos_040 Gkounos_046 Gkounos_038

  

   

   
    今から、本格的な冬に向かいますが、よく見ると、木々は、もう春の準備をしているようです。冬芽が光をうけて輝いていますね。  では。また。
Hkounos_037 Hkounos_042 Hkounos_051

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

眼科の定期診察

 今日は、KS病院で眼科の定期診察を受けてきました。糖尿病のため、眼底に出血が無いかどうかを調べます。また、抗ガン剤に白内障発症の副作用があるため、これも調べます。最近、パソコンや読書をすると、目がかすみ涙目になります。これも質問してみます。
 9時半の予約で、時間通りに診察が始まりました。
 診察の結果です。眼底の出血と白内障は、ともに異常なしでした。目のかすみの方は、「ドライアイ」ということで、目薬を薦められました。
 特に問題が無かったのは良かったです。しかし、帰り道は大変でした。瞳孔を開く目薬を両目に使用していたため、病院を出て駅まで歩くのに、眩しくて苦労しました。手で目を覆い、指の隙間から見ながら帰りました。  では。また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

クワイ栽培の人(4)

 クワイ栽培の人の最終回です。前回、クワイの収穫が始まったことをお伝えしましたが、クワイの収穫は順調に進み、今週の日曜日に全部終了したようです。収穫中、奥さんと息子さんの姿は見かけましたが、ご主人の姿はついに見ませんでした。昨年、手術をされたので、体の調子が悪いようです。
Kuwai_001_01 Kuwai_002

   

  
   
        

 Kuwai_001  収穫の終わったクワイ畑です。田んぼ全体がすべて掘り起こされているのが分かります。田んぼ全体を捜索しなければならないので、クワイの収穫は大変です。それでも取り残しが出ます。写真に写っている男性は、隣の畑の人です。取り残したクワイをチャッカリ拾っています。隣のよしみで許されているそうです。雨が降ると、土が流れてよく見つかると言っていました。

    では、クワイの話題の最終回を記念して、クワイの蘊蓄を一つ。
 クワイは、今でこそ縁起物として貴重な扱いを受けていますが、昔は、粗末な食物の一つだったと思います。観阿弥の作と言われている「卒塔婆小町」という謡曲に、クワイが登場します。
 高野山の僧が、卒塔婆に腰を掛けている老女を説教しようとします。しかし、老女は、「この世は元来無一物で、仏も衆生もかわりはない」と逆に僧を説き伏せます。僧に名を聞かれた老女はは、出羽の郡司 小野良實が娘 小町の成れの果てと答えます。・・・・・・・・。
 この時、小野小町のなれの果てである老女が持っていたのは、粟と豆の干飯、垢と脂に汚れた着物、そして白と黒のクワイだったのです。
 老いた小野小町の哀れな姿を飾る小道具の一つがクワイとは、やはり粗末な食べ物の一つだったと思います。
  卒塔婆小町については、いろんな機会から、ストーリーはよく知っているのですが、本物の能は見たこと無いです。相当難解らしいです。また、小野小町の生涯はよく分かっていないようです。隣町にも小野小町の墓と称するものがあります。 では。また。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

高血圧は薬で下げるな!

 浜六郎著「高血圧は薬で下げるな!」(角川書店・角川ONEテーマ21)を読みましたので、内容を紹介させていただきます。著者の浜六郎氏は、医薬品の適正な使い方の広報活動を行っているNPO法人、医薬ビジランスセンター代表です。
  私について言えば、「高血圧症の基準は140-90以上で、これより高くなると降圧剤が必要で、降圧剤は長期間服用しても副作用は比較的少なく、血圧は低く押さえた方が良い。」と理解していました。しかし、この著者によると、この常識的とも言える理解は否定されています。著者の主張を、いつものように独断と偏見で超・超要約してみます。
                        ******
 ①2000年以前では、高血圧症の基準は160-95以上であったが、2000年に、WHOと国際高血圧学会の示したガイドラインで、140-90以上、治療の引き下げ目標値が130-85未満に設定された。この目標値を達成するために降圧剤を必要とする人は、人口の半分にあたる5000万人と推定される。これでは、改定の基準そのものに疑問が生ずる。
 ②この改定の根拠となる科学的根拠は明確ではなく、降圧剤を使用したグループとしないグループを長期間にわたって追跡する大規模臨床試験は行われていない。疫学調査からも降圧剤を使用した方が、「自立度」が高くなるという結果はない。むしろ降圧剤を使用した人に癌発生率が高くなるという調査もある。
 ③長期間服用することのリスクがはっきりとしていない。日本で多く使われているカルシウム拮抗剤は、癌を誘発する危険が否定されないという疫学調査データもある。最近使われるようになったARIという薬は、突然死が多くなるという報告もあり、評価は定まっていない。
 ④降圧剤の市場は、すでに8000億円に達しており、もし2000年のガイドラインに基づけば、その規模は2兆円を越えるものとなる。薬の使用が、製薬会社の主導で進められている実態があり、安易な降圧剤の使用が広がっている。年齢に関係なく、機械的に目標値を当てはめることには、特に問題が多い。
 ⑤結論として。少し血圧が高いからといって、安易に降圧剤を使用することは問題である。160以下であれば、食事や運動などの生活改善をする努力が、まず一番大切である。
                        ******
 以上が、超・超要約した内容です。要約しすぎて、著者にはチョット失礼かも。著者の主張が正しいのかどうか、判断する知識は、私にはありません。
 しかし、薬には副作用が必ずあること。生活改善が大切であること。これだけは、間違いなさそうです。 では。また。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

二十四節気「大雪」2011

 12月7日は、二十四節気の一つ「大雪」でした。江戸時代に書かれた暦便覧には、「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」とあります。 雨から雪の季節に入るという節目の日です。これからは、しだいに冬型気圧配置の日が多くなり、北風の日が多くなります。
 冬型の気圧配置になった時、大陸から吹き出してくる季節風を「浦西風」というそうです。私の出身地の山陰地方では、単に「うらにし」と言っています。この風が吹く時は、天気は変わりやすく、「弁当忘れても、傘忘れるな」という諺があります。
 一方、太平洋側では、乾燥した冷たい風が吹きます。「からっ風」(群馬県)、「糸切り風」(愛知県)、「たま風」(北日本)、「雪風」(栃木県)、「雨返し」(秋田県)、「あなじ」(西日本)、などと呼ばれているようです。

 さて、今の時期の写真です。先日、4日の日曜日は良い天気で、まさに「冬日より」という感じの一日でした。この日の鴻ノ巣山にご案内しましょう。鴻ノ巣山とは、城陽市の東側にある丘陵で、私の家のすぐ近所で、歩いて10分ほどの距離です。今年は暖かかったため、まだたくさんの紅葉が残っているはずです。
 家を出て、東へまっすぐに進みます。水渡神社という歴史ある神社の参道を進みます。ここで最初の一枚です。参道の木に巻き付いた蔦が紅葉しています。神社到着です。水渡神社は、椎の巨木の林があることでも有名です。ここから山道に入ります。頂上まで20分もかかりません。
Taisetu1_011 Taisetu1_002_04 Taisetu1_005_01

   

   

   
    10分で中間点の休憩所です。老夫婦が階段の道を登っていくのが見えます。ずいぶん紅葉していますね。ちょっと時間を取って撮影です。
Taisetu2_001_05 Taisetu2_003_03 Taisetu2_008

  

  

   
    落ち葉に日が当たって美しいです。落ち葉の中に、紅葉した幼木です。そばを散歩する父と子が通ります。
Taisetu3_004_02 Taisetu3_007 Taisetu3_005_02

  

  

   
     12月だというのに蜘蛛の巣です。今年は暖かいんですね。さて、ここで万葉集です。万葉集に蜘蛛を詠った歌はあるでしょうか? 興味が湧き調べてみました。一首だけあるようです。山上憶良の「貧窮問答歌」、「風雑り雨降る夜の雨雑り雪降る夜は・・・・」です。山上憶良は歌の中で、どうしようもない、凄まじい貧乏暮らしを嘆いています。現代語訳です。  ~・・・・かまどには火が入ることはなく、蒸し器にはクモの巣が張って、もうご飯を炊くことも忘れてしまった。こんなにもどうしようもないものなのか、世の中というものは・・・。~  蜘蛛の巣は歌の題材には不向きなようです。蜘蛛の巣に絡まれたような、どうしようもない恋の歌があるかと期待しましたが・・・・。
 蜘蛛の巣に紅葉した落ち葉がたくさん引っかかっています。蜘蛛の糸に絡まれ、空中浮遊する落ち葉。ここで一句。作者不詳ということで。
             蜘蛛の巣に しばし留まる   散る紅葉
Taisetu4_001_07 Taisetu4_010 Taisetu4_001_04

  

  

   

   

    紅葉の写真2枚と、ヒヨドリジョウゴの実です。あっという間に、頂上に到着です。これで、鴻ノ巣山は終了です。身近な場所でも、紅葉はあるものですね。
Taisetu5_001_06 Taisetu5_009 Taisetu5_006_02

   

  

   
    この日は、午後から宇治川周辺へ行ってみました。まず、宇治川ラインと呼ばれる天ヶ瀬ダム周辺です。
Taisetu6_001_03 Taisetu6_002_06 Taisetu6_003_06

  

  

   
    ダムの下流にある興聖寺周辺にも足を延ばしてみました。
Taisetu6_004_03 Taisetu6_002_05 Taisetu6_002_03

  

  

   
    最後は、今の時期の木津川土手です。一枚目の写真、田んぼ一面に張られた蜘蛛の巣が、西日に輝いていました。不思議です。始めて見ました。 では。また。
Taisetu7_001_02Taisetu_002Taisetu_001Taisetu7_002_02 Taisetu7_001_08 Taisetu_003_02   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

定期診察の日(42)

  今日は、KS病院で定期診察を受けてきました。今回は、四週間ごとの定期診察が、主治医の都合で五週間後になりました。前回、上昇率20%という異常上昇だったので、ちょつと心配していました。一週間延びただけですが長く感じました。
  さて、検査の結果ですが、前回、血小板数は約60万/μl台に一気に上昇しましたが、今回は、それよりも 少し減少しました。当然、上昇率はマイナスです。
 主治医は、前回、上昇率が高すぎるので少し心配していたが、今回の結果で少し安心したと言われていました。今後の投薬量は、現状維持です。
 私の場合、血小板が多く、かつ糖尿病、かつ高血圧なので、極めて高リスク群の患者に属します。毎日、夕食後2時間後の血糖値を計っていますが、最近、200を越えることが多くなっています。次回は、しばらく計っていなかったHbA1cの検査も入れることになりました。:結果が悪ければ、糖尿病外来も受診することになります。困ったことですね。
 次回は、年末年始をはさむため、7週間後の診察です。  では。また。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »