« 定期診察の日(42) | トップページ | 高血圧は薬で下げるな! »

2011年12月 8日 (木)

二十四節気「大雪」2011

 12月7日は、二十四節気の一つ「大雪」でした。江戸時代に書かれた暦便覧には、「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」とあります。 雨から雪の季節に入るという節目の日です。これからは、しだいに冬型気圧配置の日が多くなり、北風の日が多くなります。
 冬型の気圧配置になった時、大陸から吹き出してくる季節風を「浦西風」というそうです。私の出身地の山陰地方では、単に「うらにし」と言っています。この風が吹く時は、天気は変わりやすく、「弁当忘れても、傘忘れるな」という諺があります。
 一方、太平洋側では、乾燥した冷たい風が吹きます。「からっ風」(群馬県)、「糸切り風」(愛知県)、「たま風」(北日本)、「雪風」(栃木県)、「雨返し」(秋田県)、「あなじ」(西日本)、などと呼ばれているようです。

 さて、今の時期の写真です。先日、4日の日曜日は良い天気で、まさに「冬日より」という感じの一日でした。この日の鴻ノ巣山にご案内しましょう。鴻ノ巣山とは、城陽市の東側にある丘陵で、私の家のすぐ近所で、歩いて10分ほどの距離です。今年は暖かかったため、まだたくさんの紅葉が残っているはずです。
 家を出て、東へまっすぐに進みます。水渡神社という歴史ある神社の参道を進みます。ここで最初の一枚です。参道の木に巻き付いた蔦が紅葉しています。神社到着です。水渡神社は、椎の巨木の林があることでも有名です。ここから山道に入ります。頂上まで20分もかかりません。
Taisetu1_011 Taisetu1_002_04 Taisetu1_005_01

   

   

   
    10分で中間点の休憩所です。老夫婦が階段の道を登っていくのが見えます。ずいぶん紅葉していますね。ちょっと時間を取って撮影です。
Taisetu2_001_05 Taisetu2_003_03 Taisetu2_008

  

  

   
    落ち葉に日が当たって美しいです。落ち葉の中に、紅葉した幼木です。そばを散歩する父と子が通ります。
Taisetu3_004_02 Taisetu3_007 Taisetu3_005_02

  

  

   
     12月だというのに蜘蛛の巣です。今年は暖かいんですね。さて、ここで万葉集です。万葉集に蜘蛛を詠った歌はあるでしょうか? 興味が湧き調べてみました。一首だけあるようです。山上憶良の「貧窮問答歌」、「風雑り雨降る夜の雨雑り雪降る夜は・・・・」です。山上憶良は歌の中で、どうしようもない、凄まじい貧乏暮らしを嘆いています。現代語訳です。  ~・・・・かまどには火が入ることはなく、蒸し器にはクモの巣が張って、もうご飯を炊くことも忘れてしまった。こんなにもどうしようもないものなのか、世の中というものは・・・。~  蜘蛛の巣は歌の題材には不向きなようです。蜘蛛の巣に絡まれたような、どうしようもない恋の歌があるかと期待しましたが・・・・。
 蜘蛛の巣に紅葉した落ち葉がたくさん引っかかっています。蜘蛛の糸に絡まれ、空中浮遊する落ち葉。ここで一句。作者不詳ということで。
             蜘蛛の巣に しばし留まる   散る紅葉
Taisetu4_001_07 Taisetu4_010 Taisetu4_001_04

  

  

   

   

    紅葉の写真2枚と、ヒヨドリジョウゴの実です。あっという間に、頂上に到着です。これで、鴻ノ巣山は終了です。身近な場所でも、紅葉はあるものですね。
Taisetu5_001_06 Taisetu5_009 Taisetu5_006_02

   

  

   
    この日は、午後から宇治川周辺へ行ってみました。まず、宇治川ラインと呼ばれる天ヶ瀬ダム周辺です。
Taisetu6_001_03 Taisetu6_002_06 Taisetu6_003_06

  

  

   
    ダムの下流にある興聖寺周辺にも足を延ばしてみました。
Taisetu6_004_03 Taisetu6_002_05 Taisetu6_002_03

  

  

   
    最後は、今の時期の木津川土手です。一枚目の写真、田んぼ一面に張られた蜘蛛の巣が、西日に輝いていました。不思議です。始めて見ました。 では。また。
Taisetu7_001_02Taisetu_002Taisetu_001Taisetu7_002_02 Taisetu7_001_08 Taisetu_003_02   

|

« 定期診察の日(42) | トップページ | 高血圧は薬で下げるな! »

コメント

こんにちは
 今年はあまり綺麗は紅葉を見ることが出来ませんでしたが、そちらではこの時期になって綺麗な紅葉を楽しめそうですね。maple
家族三人が手をつないで紅葉の中を歩く幸せに満ち溢れた姿、夕日に輝く草原に飛び立つ小鳥の群れを捉えた一瞬など等、とても素晴らしいお写真ばかりです。
 ありがとうございました

投稿: YAMAchan | 2011年12月 8日 (木) 14時38分

YAMAchanさん、こんにちは。
写真を見ていただきありがとうございます。

今年は、紅葉写真を撮りに出かける機会が少なかったです。
例年なら、一回は丹後半島にも行っていたのですが、だんだん
出不精になってきています。

投稿: 墓石 | 2011年12月 8日 (木) 16時24分

墓石さん こんにちは。(*^_^*)

4日に鴻巣山へ行かれたのですか。凄く綺麗な
紅葉がありますね。私も随分前にピクニックの
下見に訪れた事があるのです。案外広くてびっくり
しました。その時は春の新芽が出た時です。あまり
整理は出来てなくて、でも楽しめました。

4日の日曜の朝、私も宇治川を撮りに行きましたよ。(*^^)v靄とイメージしても出ませんね。(^_^;)
上の方へ行けばそれでも綺麗でした。

夕方、木津川土手に行かれたのでしょうか?
素晴らしい夕日に私も見せて頂き、心和みました。
今日も良い天気ですが、風邪薬を飲めば眠くて!
家の中です。(@^^)/~~~

投稿: T | 2011年12月 9日 (金) 11時37分

Tさん、こんにちは。

昨日と今日は、家で引きこもり生活をしています。一歩も外へ
出ていません。昨日は雨だったので、高尾に霧の写真に行こうかと
思いましたが、気力がありませんでした。

朝起きられないので、滅多に朝霧の撮影には行けません。
行くとたいてい朝靄出ていますけど、毎日出ている分けじゃないんですね。

寒くなってきました。出かけるのが辛くなってきました。
しばらく冬眠生活になりそうです。

投稿: 墓石 | 2011年12月 9日 (金) 12時43分

こんばんは(*^-^*)V
身近な場所に素晴らしい秋色が、有るんですね?
一枚目と二枚目の広角で写した作品は、素晴らしいですね!
確か鴻ノ巣山って、春は山ツツジが沢山咲くんですよね?
写しに行かなくちゃ。

投稿: 夢花 | 2011年12月11日 (日) 23時17分

夢花さん、こんにちは。
鴻巣山は、確かにツツジもあります。桜もあります。
しかし、本数が少なく、撮影のためだけでは、物足りなさを
感じると思います。軽い運動には最適です。
寒くなってきて、出かけにくくなりました。私の場合、今年は、
霜の朝に起きられる気力があるかどうか心配です。

投稿: 墓石 | 2011年12月12日 (月) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/53432864

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「大雪」2011:

« 定期診察の日(42) | トップページ | 高血圧は薬で下げるな! »