« 眼科の定期診察 | トップページ | 大根の寺 »

2011年12月22日 (木)

二十四節気「冬至」2011

 12月22日は、二十四節気の一つ「冬至」でした。暦便覧によれば、「日南の限りを行て日の短きの至りなれば也」とあります。一年で最も昼が短く、太陽高度も低くなる日です。これから一日ごとに日が伸び始めることから、古くには、この日を年の始点と考ていたようです。
 では早速、木津川土手周辺で写した最近の写真です。
 冬至の日には、柚湯に入る習慣がありますが、土手下の畑でたくさん栽培されていますね。一枚目の写真です。
 東京都浴場組合のホームページによると、・・・・わが国の古い習慣に、この冬至の日に湯をわかして、沐浴(髪を洗い、からだを洗うこと)したのが、ゆず湯のはじまりと言われています。古くから、この日に冬至かゆ、冬至かぼちゃ、冬至こんにゃくを食べ、またゆず湯に入る習慣があります。冬至の日にかぼちゃを食べると中気にならないと言われ、ゆず湯に入れば風邪を引かないと言われています。・・・・とありました。また、別のサイトでは、柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」という語呂合せから、柚子湯に入るようになった、という説が紹介されていました。
 今の時期、木津川土手から見える風景2枚です。
Atouji_001_01 Atoujin_002 Atoujia_001_01

  

  

   
    初冬の田園風景を飾るのは、冬の弱い日差しを受けて広がる野焼きの煙です。風が吹くと紫煙は地を這うように流れ、夕陽のときは暖かく辺りを覆います。野焼きは、春の季語のようですが、これには異議ありですね。
Btoujin_001_03Btoujin_001_01Btoujin_001_02

  

   

   
    今の時期に合うのは野鳥ですね。動きが速いので写真には難しいですが。 それから、枯れたハスです。壊れた流れ橋も、このまま年越しのようです。
Ctoujit_001_2 Ctoujit_001_01_2 Ctoujia_001_2

   
    
     

    
Ctoujing_001_2     

    
   
    以上で、木津川土手は終了です。続いて、城陽市の東側、鴻ノ巣山にご案内しましょう。今年は暖かかったので、紅葉はいまだに少し残っています。コナラやクヌギの紅葉が中心です。紅葉と言うより茶色葉ですが。
Dkounos_002_01 Dkounos_036 Dkounos_044

  

   

   
    落ち葉も良い雰囲気を出しています。華やかさはありませんが、初冬の物寂しげな雰囲気です。
Ekounos_048 Ekounos_049 Ekounos_003_01 Ekounos_003

  

   

   

   
   
     モミジの種子が旅立とうとしています。葉をほとんど落とした木もあります。
Fkounos_047 Fkounos_002 Fkounos_039

   

   

    
    冬の弱い日差しが当たると、ほんのりと暖かさも感じますね。
Gkounos_040 Gkounos_046 Gkounos_038

  

   

   
    今から、本格的な冬に向かいますが、よく見ると、木々は、もう春の準備をしているようです。冬芽が光をうけて輝いていますね。  では。また。
Hkounos_037 Hkounos_042 Hkounos_051

|

« 眼科の定期診察 | トップページ | 大根の寺 »

コメント

こんにちは(*^-^*)V
枯れ蓮田に青藻がすこし有って、風情がある光景ですね。はさ掛けに成っているのは、大豆でしょうか?
野焼きの煙で、雰囲気が有りますね。

木々達が冬の準備ですか?
冬芽の初毛が、光ってて素敵ですね。

投稿: 夢花(千の風) | 2011年12月23日 (金) 15時56分

夢花さん、こんにちは。
写真を見ていただきありがとうございます。

木々が、もう春の準備をしていると思うと、心が和みます。
冬を探しに撮影に出かけたのに、春を発見してしまうとは。

夢花さんの写友との奈良公園拝見しております。

投稿: 墓石 | 2011年12月24日 (土) 09時32分

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

昨日から刺される様な寒さですね。如何お暮しですか。
今年は我が家の柚子の実も沢山成って、少しづつ
親しい方にお裾分けしました。色んな謂れがあるもの
ですね。
久津川縁の田んぼでは野焼きが行われてますか。
夕日に染まった煙や鳥の群れも初冬の風情ですね。
流橋はまだ復興出来てませんね。早く工事して欲しい
でしょ。
まだ残り紅葉もあるのに凄い寒波。今年は初めから
最後まで異常でしょうか。
元気で年を超えたいものです。

投稿: T | 2011年12月25日 (日) 18時56分

Tさん、こんばんは。

寒くておまけに風も強く、自転車で走るのは大変です。
今日も出かけましたが、木津川の土手に到着する前に引き返しました。
去年は、田原の茶畑の霜を撮りに行きましたが、今年は行けていません。
気温の変化について行けない感じで、家の中でゴロゴロしています。
早くも寝正月が始まっているという感じです。

投稿: 墓石 | 2011年12月25日 (日) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/53543035

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「冬至」2011:

« 眼科の定期診察 | トップページ | 大根の寺 »