« 二十四節気「立冬」2011 | トップページ | 背割り堤紅葉2011 »

2011年11月10日 (木)

雨の日の霧と柿

 先日の土、日は、久しぶりの雨となりました。雨は、土曜の午後から降り始めました。雨と柿の写真を撮ろうと、雨の日を待っていましたので、ただちに宇治田原に出動です。
 急いで出発したのですが、どこへ行こうかと迷いますね。まずは、禅定寺の3枚です。ウーン、雨の雰囲気がもう一つ足りないですね。霧もないし・・・・。
Kirikaki_a03 Kirikaki_a01 Kirikaki_a02

  

  

   

     
    
    禅定寺はすぐあきらめて、霧の写真が撮れるのではないかと、かねてより予想していた場所へ行ってみました。予想通りの霧が発生していました。雰囲気はいいですね。しかし、山が両脇から迫っているので少し暗い感じですね。柿の木も目立たないです。
Kirikaki_b01_01 Kirikaki_b03_01 Kirikaki_b02_01

  

  

   

    

     ここも直ぐあきらめて、今度は高尾へ。宇治田原町高尾は、宇治丘陵が隆起したときに、田原川が削りだしたV字谷の上にあり、田原川から供給される水分により、霧がよく発生します。ここなら霧の写真は間違いなしです。
 この日は霧が深く、周囲の山が見えないくらいに霧が出ていました。霧が深すぎるのも困ったものですね。贅沢言うようですが・・・。
Kirikaki_c01_07 Kirikaki_c03_02 Kirikaki_c01_06

  

  

   
    霧は動きが速く、周囲の山が何も見えなくなったかと思えば、また、くっきりと見えてきたりします。気長に待つ必要があります。イライラしますが・・・。
Kirikaki_d01_04 Kirikaki_d01_05 Kirikaki_d02_02

  

  

   
    この日は、写真家のTa氏が撮影に来ておられました。Ta氏は、京都南部を拠点とする、代表的写真家の一人です。雑誌「風景写真」組写真部門のトップを走っておられます。
 土曜日の撮影は、日が暮れてきたのでここで終了です。
Kirikaki_e02_03 Kirikaki_e02_04 Kirikaki_e01_02

  

  

   
    日曜日は引きこもり生活を決めていましたが、昨日の写真が不出来だったため、夕方になって再び高尾へ出掛けました。決断が遅かったため、辺りは暗くなり始めていました。それが幸いしました。高尾の集落の入り口から見ると、霧が雲海のように見えていました。京都市内の町の灯りが見えていますね。
Kirikaki_f01_09 Kirikaki_f02_05

  

   

   
      
    
 さらに集落の上に出て柿と霧と町の灯です。ストロボは、内蔵ストロボ一発だけです。フィルムで撮影していた頃は、長時間露光をして、その間に何発もストロボを発光させたり、自動車のヘッドライトで照らしたりして、露光に苦労していました。それが、内蔵ストロボ一発で、これだけ写せるとは驚きです。デジタルは撮りやすいですね。
    では。また。
Kirikaki_f03_03 Kirikaki_f04

|

« 二十四節気「立冬」2011 | トップページ | 背割り堤紅葉2011 »

コメント

鷲峰山の朝、二十四節気「立冬」2011、雨の日の霧と柿、拝見しました。

息子の自転車競技の観戦で鹿児島でした。
久しぶりだとずいぶん写真撮影がすすんでいますね。

僕は季節の中でも秋の景色が好きなもので、、、
それぞれに秋の表情が豊かに表現されてしっとり鑑賞させてもらいました。

投稿: 徒然草 | 2011年11月11日 (金) 06時32分

徒然草さん、ご訪問ありがとうございます。

息子さんのサイクルサッカーの観戦に行かれていたようで・・・・。
BBSとブログで拝見しました。試合結果も。
日本代表とはすごいですね。
阿蘇の方へもまわられたとか。
また、お邪魔します。

投稿: 墓石 | 2011年11月11日 (金) 18時09分

高尾高原は実に霧が多いですね!田原川から霧が
湧き上がるのでしょうか?でもこんな雲海をここで
見た事がありません。墓石さんが行かれると雲海が
出るのかも(笑)良い雰囲気ですね!

内臓ストロボでこんなに輝くとは、、、何m位離れて
ますか?
Ta氏と会われたとか!風景写真誌で全国4位の成績
みたいですよ。努力の賜物ですね。

私は今日は大阪南へ行って来ました。たまに大都会へ
行くと疲れます。

投稿: T | 2011年11月11日 (金) 21時16分

Tさん、こんばんは。

柿までの距離は4~5mだと思います。高尾のいつもの場所です。
内蔵ストロボのみということに、自分自身も疑問を持っています。
写真をよく見ると、明らかに右方向からの光が入っていますね。
日曜の夕暮れだったので、スポーツセンターから帰る車がよく通っていました。
ひょっとして、車のヘッドライトが当たったのかも。
しかし、数枚すべてがちゃんと写っていましたし、偶然が重なりすぎるのも
おかしいですね。ほんとのところ自分でも良く分からないです。

Ta氏の写真理論は、よく理論化されているのでわかりやすいですね。
もっと教わりたいのですがチャンスが無いです。

投稿: 墓石 | 2011年11月11日 (金) 22時05分

高尾高原の春に霧の出た風景を写した事が有ります。
梅、水仙等に露が付いて良い感じの写真が撮れました。

柿と霧は、良く似合いますね。
その時の霧の竹林を、覚えています。

最近の内臓ストロボって、光量が多いのですね。

投稿: 夢花(千の風) | 2011年11月12日 (土) 23時32分

夢花さん、ご訪問ありがとうございます。
私の場合、撮影地は木津川土手か宇治田原しか行けていないです。
いつもマンネリ感を抱いています。
とはいうものの、なにか撮すものがあるので不思議です。
ストロボの光量、もう一度試してみます。
ISO感度を上げていたかも。

投稿: 墓石 | 2011年11月13日 (日) 11時52分

墓石さんこんにちは。朝晩ずいぶん冷え込むようになりまして秋がドンドン深くなってゆきますね。ブログコメント欄を掲示板のように使ってごめんなさいm(__)m

息子のサイクルサッカー観戦では一日中座りっぱなし。
ホテルは朝晩バイキングで……特に夕食時は千円で樽生ビールの飲み放題(笑)ネット写友の案内で阿蘇・久住めぐりしても殆ど助手席に座りっぱなし。

すっかり肥えてしまいまして……これが心臓にも肺にも負担がかかります。あまりしんどいので意地になってウォーキング(笑)4日間程で肥満した分の減量に成功。崩した体調も元に戻ってホッとしました。

本日、岡城址・原尻の滝、久住高原、阿蘇・久住高原 界隈 No.1、同 No.2をアップしました。予期しなかった雄大さに散漫な写真になってしまいました。全体的には表現の域に達していませんがネット友との記念になる思い出フォトにはなりました。お時間等ご都合のよろしいときにでものぞいてやってください。

投稿: 徒然草 | 2011年11月13日 (日) 14時32分

徒然草さん、こんばんは。
阿蘇と久住高原の写真、直ぐに拝見しました。
雄大さに圧倒されました。すごいですね。
旅行もずいぶん楽しまれたようですね。
幸せぶとりという感じですね。
     では、またお邪魔します。

投稿: 墓石 | 2011年11月13日 (日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/53210576

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日の霧と柿:

« 二十四節気「立冬」2011 | トップページ | 背割り堤紅葉2011 »