« 二十四節気「秋分」2011 | トップページ | 加茂町の彼岸花 »

2011年9月30日 (金)

定期診察の日(40)

  今日は、KS病院で定期診察を受けてきました。今日も長い待ち時間でした。

  さて、検査の結果ですが、血小板数は約50万/μlで、前回とほぼ同じでした。投薬量が半分に減ったため、減少傾向が止まりました。これぐらいの血小板数で釣り合いがとれるよう、今後も引き続き、同じ量の投薬量(マブリン散1%0.1g、2日に1回)を維持するということです。
  気になる骨髄の繊維化について質問してみました。それによると、骨髄の繊維化は、緩やかに進んでいると思われるが、現状では、血液像が大きく崩れていないので、危険的な状況ではないということでした。急速に進行すれば、血小板以外の血球も大きく変化して、今の状況どころではなくなるということです。繊維化の進行は個人差が大きく、急速に進行する人もいれば、緩やかな進行の人もいるそうです。進行が緩やかな人も、一定の割合で急性に転化することもあるそうです。その割合は、5%くらいと言われたたように思いましが、15%だったかも知れません。聞き逃しました。今後の病気の進行がどうなるかは、全く予測はできないそうなので、何%であっても同じことですね。そもそも、この病気に選ばれたのも、非常に低い確率の中で、みごと選ばれたのですから・・・。
 まあ、運を天に任せて生きるしかなさそうです。
  その他、脇腹の違和感や足の痺れなどの症状は、相変わらずです。
                     では。また。

|

« 二十四節気「秋分」2011 | トップページ | 加茂町の彼岸花 »

コメント

今晩は(*^-^*)V
まあまあの結果で良かったですね。
難儀な病気と粘り強くお付き合いしているのは、凄いと思います。
晴れる時も有り、曇る時も有り、色々ですよね。

私も辛い時には、写真を写していると忘れますよ。
ぼちぼちいこか!こんな心境ですね(笑う)

投稿: 夢花(千の風) | 2011年9月30日 (金) 20時19分

夢花さん、今晩は。
夢中になっていると、ほんとに時間が過ぎるのを忘れてしまいますね。
いつまでこんなことができるのか?
ほんとに、ぼちぼちいこか!ですね。
ありがとうございます。

投稿: 墓石 | 2011年9月30日 (金) 21時07分

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

検査結果がまずまずで良かったですね。
>この病気に選ばれたのも、非常に低い確率の中で、みごと選ばれたのですから・

今朝のTVで鳥越さんのニューオリンズ訪問をやって
ましたが、彼も癌との闘いですよね。
ニューオリンズの方達が召される時は苦しみから解放
される時。ハレルヤー!と言ってました。

高齢になると誰でもどうなるやら、、、残された時は
少ないのは解ってますでしょ。残された時を感謝
して生きて行こうと思ってますねん。自然の美しさを
見つめられるのもこれって感謝ですね!

投稿: T | 2011年10月 1日 (土) 09時21分

Tさん、こんにちは。
ありがとうございます。

「美しい自然を見つめ、残された時間を感謝しながら生きる。」
さすが、Tさんらしい言葉ですね。共感します。
私も、そうありたいと思います。
しかし、私は、不平不満の固まりのような人間なので、
その境地に達するまでには、時間がかかりそうですね。
   

投稿: 墓石 | 2011年10月 1日 (土) 12時00分

墓石さん ごめんなさいね。

今の貴方に感謝する気持ちになれないのに、
書いてしまって失言です。もっと人の気持ちが
解る様に成長したいものです。夫が心筋梗塞に
なった時、徳洲会の先生は言われた言葉が蘇り
ます。

教会にも闘ってる方が多いです。共に祈りだけは
していますね。

投稿: T | 2011年10月 1日 (土) 23時31分

Tさん、ありがとうございます。
私も、Tさんのような境地に、早く達することができるよう、心を洗いなおしたいと思います。
 これからも、Tさんのブログで学ばせていただきます。

投稿: 墓石 | 2011年10月 2日 (日) 10時26分

検査結果に大きな変化がないのですね。どうかこのまま少しでも良い方向にとおもいます。

僕も前日の29日に病院でした。血液検査で心筋の滅細胞の数値が以前から高いのですが変わらずで薬の増量です、やれやれ(笑) なんだかだと検査も多いですが、気分転換にカメラをもってのウォーキングをよそおってダム湖の周りを徘徊している日々です。

白露の朝。拝見しました。

タイトルどおりの朝露のきらめきが素敵です。蓮葉も稲穂もバッタも蜻蛉も蜘蛛の巣も、露があることで見事にフォトジェニックになりますね。パッパッと撮影を切り上げる癖のある私と違って、自然に対して落ち着いた観察眼で撮影されていますので勉強になります。

風流な写真を見せていただきました。感謝です!

投稿: 徒然草 | 2011年10月 2日 (日) 22時00分

徒然草さん、写真を見ていただきありがとうございます。
木津川の土手を徘徊する日々で、被写体も限られていますので、たまには遠出がしたいですが、なかなか気力がわきません。朝の早起きもできないです。
これも、病気の延長ですかね。
また、お邪魔します。

投稿: 墓石 | 2011年10月 2日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/52873061

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察の日(40):

« 二十四節気「秋分」2011 | トップページ | 加茂町の彼岸花 »